2014年05月の記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

月別アーカイブ:2014年05月

2014年05月の記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2014-05-20 車の改造
※2015年 新型の3-drive remote(3DR)購入して取り付けた記事は以下参照!クルーズコントローラーをPivot最新の 3-drive Remote(3DR)に交換クルコンつけたい!と思い立って候補にあがったものは以下のとおり。① 安価で高性能な定番Pivot社  3-driveシリーズ特長 おそらく後付けクルコン、スロコンではシェアNo1で鉄板の3-driveシリーズ。クルコンがついているものは、acとαの2車種。on/offスイッチ、ブレーキハーネス、ア...

記事を読む

2014-05-12 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
最近、ぐっと値段が下がって高性能化してきたドライブレコーダー。2月頃に台湾メーカーのドラレコを購入し、今回リア用として中国メーカーのドラレコを追加購入したので二つを比較してみる。■台湾製 CARSCAM WDR680 広角140度 WDR有り FullHDCARSCAM WDR680 高画質ドライブレコーダー/ FULL HD 1080P、F1.6 広角140度レンズ、WDR、Gセンサー、動体感知、日本語メニュー。新品価格¥12,300から(2014/5/12 00:47時点)2chの台湾製...

記事を読む

2014-05-11 その他
最近モバイルバッテリーをいろいろ買ったので比較してみる。実際に何Aで充電できるかも計測してみた。充電する機器はlenovo社のYogaTablet8、計測にはルートアールの簡易チェッカーを使った。ケーブルはANKER社の付属ケーブルで、手持ちのケーブルでは一番電力供給ができるものだ。ルートアール USB 簡易電圧・電流チェッカー ストレート型 (3.4V~8.0V,0A~3A) RT-USBVA2新品価格¥950から(2014/5/11 16:30時点)Yoga Tablet 8(MT...

記事を読む

2014-05-05 遠出
一日目GW前日の5月2日(金)から5月3日(土)の二日間で嫁と2台でツーリングに行ってきた。ルートはこんな感じ。午前6時頃 横浜の自宅を出発。東北道の矢板インターを降りた。で、すぐの国道でこんな看板が・・・。農作業で軽トラが大活躍するから軽トラ市があってもなんら不思議ではない。だけど、軽トラ市で国道を通行止めにしてしまうのか!これはちょっとびっくり?おもしろかった。イニシャルDの舞台にもなった栃木の県道56...

記事を読む

Pivot 3-drive α スロットル/クルーズコントローラーをつけてみた

※2015年 新型の3-drive remote(3DR)購入して取り付けた記事は以下参照!
クルーズコントローラーをPivot最新の 3-drive Remote(3DR)に交換





クルコンつけたい!と思い立って候補にあがったものは以下のとおり。

① 安価で高性能な定番Pivot社  3-driveシリーズ
特長 おそらく後付けクルコン、スロコンではシェアNo1で鉄板の3-driveシリーズ。
クルコンがついているものは、acとαの2車種。
on/offスイッチ、ブレーキハーネス、アクセルハーネスもろもろを含めて下位のacで1.8万、上位のαで2.7万円程度だ。
違いはオートクルーズ中に上下ボタンで速度調整ができることと、リジューム機能で前回の速度を記憶し、解除しても復旧させられること。
それ以外はあまり差がないようなので、使い方によってはacでも十分かなと思う。


※車種別にハーネスがあるので調べてから注文しよう。
※リモートスイッチは別売・・・。



※格安のACはこちら。ハーネスセット品のほうが個別に買うよりお得だけど、車種別なので確認して購入しよう。


公式サイト 車種別ハーネスリスト


② めっちゃ安価なサン自動車工業社 オートクルーズコントローラー
特長 とにかく安い。ハーネス込みで1.5万円前後の格安な製品。
スロコンはついてないので、クルコンのみでOKな人にはちょうどいい。


いろいろ考えた結果、今回は3-drive αに決定。
いつもなら配線は自分で適当に分岐させてやるのだけど、今回はアクセル、ブレーキは何かあったら心配なので珍しく全部セットで購入。
アクセルハーネス TH-7A
ブレーキハーネス BR-2
※フリードスパイク 2010年式 GB3
配線はこんな感じ。

wire_3da.jpg

ま、楽勝でしょう!1時間で終わるかなーと。
で、早速とりつけ開始。

まずはブレーキハーネスの取り付け。
ブレーキペダルの上に見えているので楽勝だ。
コネクターを抜いてかますだけでOK!
DSC_0118.jpg

次はちょっと抜くのが面倒と言われるアクセルハーネスの取り付け。
DSC_0117.jpg

アクセルペダルの上にあるんだけど、ガッチリ固定されているし、横むいていてツメが見えないのでちょっと苦戦。
六角のボルトを3本くらいとればアクセルペダルがとれてやりやすいらしいが、ボルトが硬くて外れない。
なので、アクセルハーネスのオス-メスを観察してはずし方を確認。
こんな感じになっているので、マイナスドライバーの先っぽ部分だけでコネクターの左側をちょっとくいっとやれば簡単にとれた。
DSC_0119.jpg

次はナビ裏の24pinコネクターから車速パルスをとりだす。
ここで問題発生!
なんと付属の分岐用ギボシを紛失してしまった。
調べるととっても大事な部分なので、エレクトロタップは使わないように!と注意されてありました。
が、とりあえずでつけましたw
あとでハンダ付けでもするかなーと。
写真はもういろんなものを割り込ませてごっちゃになっています。
たくさんエレクトロタップも使ってますが、ちゃんと圧着しているので10年以上バイクをいじってエレクトロタップでとらぶったことはないので多分大丈夫さーと。
ちなみに車速パルスは手前の下から2本目、緑の線で、リバースは奥の3ピンのやつの緑色。
リバースはつけてもつけなくてもいいんだけどせっかくなので接続。

DSC_0128-2.jpg

本体は適当にしまいこんで、コントローラーは右前に、スイッチはウインカーレバーの先端に両面テープで取り付けた。

DSC_0129.jpg

取り付けたら初期設定をマニュアルどおりに行う。
フリードスパイクのパルス数は初期設定のP-4でOKだ。

早速、高速やら市街地、郊外をぶらぶら走ってみた感想。

★クルーズコントロール★
■良い点
高速、空いている幹線道ではめっちゃ楽
スイッチでONに速度設定、ブレーキまたはスイッチでOFFにする簡単操作
ONにしているときに速度をあげてもまた速度を落とすと設定した速度で一定になる
リジューム機能はまだ使ってないが便利そう

■悪い点
スイッチはon/offしかできず、速度調整やリジューム機能はコントローラーでないといけない
そのコントローラーが小さいとは言えスイッチほど取り付けの自由がきかない
なんでスイッチにボタンを追加して速度調整やリジューム機能をつけないのか・・・
今の場所だと遠すぎて細かな調整はやってられない

★スロットルコントロール★
■良い点
自分はかなり細かなアクセルワークで乗り心地よく走りたいので、
エコモード1か2くらいでラフなアクセルワークで従来の乗り心地が再現できる
山道にはいったらスポーツモード2くらいにするとキビキビ走れる

■悪い点
悪い点ではないけどエコモード3以上は無理!加速が遅すぎる!
スポーツモードは5以上は過敏すぎ!
ってことでエコ2~SP3くらいまでが実用範囲


■総評
楽に走りたいならこれは本当に最高。
スロコンもちょっと味付けできて楽しい。
なんでもっと早く買わなかったかなーと思う代物。

■今後の課題
コントローラーの設置場所を考えないと。
スイッチの位置は最高に良いので、その付近まで適当なステーでもつけるかなー。



■新モデル Remote の記事はこちら
クルーズコントローラーをPivot最新の 3-drive Remote(3DR)に交換

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライブレコーダーを追加購入してみた

最近、ぐっと値段が下がって高性能化してきたドライブレコーダー。
2月頃に台湾メーカーのドラレコを購入し、今回リア用として中国メーカーのドラレコを追加購入したので二つを比較してみる。


■台湾製 CARSCAM WDR680 広角140度 WDR有り FullHD

CARSCAM WDR680 高画質ドライブレコーダー/ FULL HD 1080P、F1.6 広角140度レンズ、WDR、Gセンサー、動体感知、日本語メニュー。

新品価格
¥12,300から
(2014/5/12 00:47時点)


2chの台湾製ドラレコスレで大人気のDOD社LS330WのOEMと思われ、価格が2割くらい安い。
(正確な情報はない)
WDRのおかげで暗所の画質も非常に良く、1万円台前半では抜群の画質と画角だと思う。
設定も豊富で、取り付け方によって反転させたり、イグニッションoffの後の内蔵バッテリーを使った録画時間を指定することもできる。
毒電波はほぼ無し。
ステーは3種類で、吸盤、両面テープ、ミラーにかませるタイプがあって自由度が高い。

欠点といえば明らかに日本人が監修してねーだろ!っていう日本語表記と、GPSがないこと。
GPSがないため時間が同期されず、内蔵電池が非常に進むのが早くて半年で5分近くずれたと思う。
でもそれくらい。
ちなみに日本語がおかしいのは台湾、中国の機種、どれも同じらしい。
多分ソフトウェアはそのへん全部一緒なんだろう。


■中国製 スーパーノヴァ 広角120度 WDR有り FullHD
DSC_0115.jpg

300万画素 小型 ドライブレコーダー CMOS 2.7インチディスプレイ 高画質 動体検知 Gセンサー カメラモード 高照度 LED

新品価格
¥6,300から
(2014/5/12 00:46時点)


2chの一万円以下のドライブレコーダースレで一時期話題になったDOME社G1Wの完全コピー品らしい。
搭載されているNOVATEK社のチップセットがすごく優秀らしく、6000円前後の値段としてはずば抜けた画質
もちろんWDRも備えており暗所に強い。
毒電波はほぼ無し。

欠点は広角120度ややせまいこと、GPSがなく恐らく内蔵電池はずれまくること、設定が少なく上下反転ができなかったり、イグニッションoff後の録画時間は10秒程度で固定だったりすることだ。


では実際に2台取り付けて比較してみる。
撮影した動画をVLCで再生したものをjpgに保存しているので、元の動画はもう少し文字が見やすい。
絶対的な画質ではなく、この2台の比較であることを注意して欲しい。

CARSCAM WDR680 昼
台湾昼
スーパーノヴァ 昼
中華昼
CARSCAM WDR680 夜
台湾夜
スーパーノヴァ 夜
中華夜

WDR680のほうが若干暗いが露出の調整をしていないためだ。

若干ではあるが、WDR680のほうが文字を読み取りやすい。
昼の50km/hの看板の 5 は、WDR680なら間違いなく5と言えるが、スーパーノヴァでは6と言われたらそんな気もするし、夜の青看板の 4 もWDR680なら何とか読み取れる。
※大事なことなので2回言うがこれは解像度下げて圧縮したjpgなので、元動画はもっとはっきり見える。

またスーパーノヴァは若干赤みがかかった画質だ。
画角は数字どおり少しWDR680のほうが広いことがわかる。

WDR680のほうが画質は上だが、スーパーノヴァは半値で入手できることを考えると十分な画質と言えよう。
ナンバープレートが見えるかどうかが肝心なので、この差を大きいと見るか否かが評価の分かれるところだ。

とは言え、事故の時に壊れて録画できてなかったら意味がない。
一概には言えないがやっぱり台湾製のほうが安心できる。
もちろん日本製のほうがもっと安心できるのだが、日本はドラレコが売れないがために日本メーカーが力を入れてなく、魅力的な機種がないのだ。
台湾や中国は当然のことながら、ヨーロッパでもドラレコは必須といわれるほど交通事情が悪い。
ドラレコをあまり必要と感じない日本は安心安全な国とも言える。 このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年5月 モバイルバッテリーの比較

  •  投稿日:2014-05-11
  •  カテゴリ:その他
最近モバイルバッテリーをいろいろ買ったので比較してみる。

DSC_0078-2.jpg

実際に何Aで充電できるかも計測してみた。
充電する機器はlenovo社のYogaTablet8、計測にはルートアールの簡易チェッカーを使った。
ケーブルはANKER社の付属ケーブルで、手持ちのケーブルでは一番電力供給ができるものだ。

ルートアール USB 簡易電圧・電流チェッカー ストレート型 (3.4V~8.0V,0A~3A) RT-USBVA2

新品価格
¥950から
(2014/5/11 16:30時点)


Yoga Tablet 8(MT8125/1GB/16GB/8.0 IPS)

新品価格
¥21,299から
(2014/5/11 16:31時点)



■ANKER Astro2 9000mAh 2ポート合計3A 249g
最近amazonで売れ筋となっているANKER社の第2世代バッテリー。
ANKER社はgoogleの技術者が独立して起業した会社で、モバイルバッテリーの勢力図を一気に塗り替えようとしている。
特徴は、安価で大容量、軽量、高出力、デザインがいいと、さすが売れているだけはある。
本製品は物理ボタンがなく振動をあたえると出力を開始する、バッテリー残量が10段階という特徴を持っている。

 ●1.35A前後でおそらくケーブルかYogaTablet8の限界まで出力していると思われる。
  十分な性能だ。
DSC_0090.jpg

ANKER Astro2 第2世代 9000mAh 高性能 大容量 モバイルバッテリー 2USBポート同時充電 iPhone5S 5C 5 4S / iPad Mini / iPod / Galaxy / Xepria / Android / 各種スマホ / Wi-Fiルータ等対応(日本語説明書付き) Astro2 (2gen)

新品価格
¥3,125から
(2014/5/11 16:19時点)



■ANKER Astro slim2 4500mAh 2ポート各々1A 113g
こちらも同じくANKER社だが、おそらく第1世代のバッテリー。
世代の違いは電源効率が第2世代はかなり良いらしく80%に対し、第1世代は他社とほぼ同じ70%なこと。
本製品の特徴は同容量の製品と比較しても薄くて軽いことと、microUSBケーブルが本体巻きつけで最初からついていることだ。
普段使いにはこれが最適。

 ●1.35A前後でおそらくケーブルかYogaTablet8の限界まで出力していると思われる。
  十分な性能だ。
DSC_0088.jpg

ANKER Astro Slim2 モバイルバッテリー 4500mAh 薄型・ケーブル内蔵 5V/1A iPhone5S 5C 5 4S / iPad / iPod / Galaxy / Xepria / Android / 各種スマホ / Wi-Fiルータ等対応(日本語説明書付き) ブラック AK-79ANS4552-BA

新品価格
¥2,448から
(2014/5/11 16:16時点)




■cheero power pluse2 mini 6000mAh 1ポート2.1A 160g
ANKER社が伸びる前に売れ筋だった大阪発のcheero社。
カラーバリエーションが豊富なことと、アルミ筐体が美しいのが特徴。
ANKER社におされているとはいえ、品質、価格、性能どれをとってもトップレベルにある。
本製品はLEDライトが組み込まれており、若干光が無駄に拡散しているが、光量は十分にあって夜間の足元をてらしたり探しものをしたりととても便利だ。

 ●1.35A前後でおそらくケーブルかYogaTablet8の限界まで出力していると思われる。
  十分な性能だ。
DSC_0079.jpg

cheero Power Plus 2 mini 6000mAh (レッド)

新品価格
¥2,550から
(2014/5/11 16:20時点)




■Panasonic QE-PL202 5400mAh 2ポート 合計1.5A 150g
SANYOのエネループを引き継いだ製品。
無接点充電に対応し、なんといってもあのエネループの技術が詰め込まれているため、自然放電が少ないことが特徴だ。
2012年4月発売と、ANKER、cheeroより明らかに古い世代なので、比較した場合の性能が劣るのは仕方ない。

 ●0.91A程度にとどまった。合計1.5Aでも1ポートだけなら1.5Aまでいくのかと思っていたが、1ポートあたりでは1Aが最大なのかもしれない。
DSC_0081.jpg

Panasonic モバイルバッテリー 5,400mAh 無接点充電(Qi)対応 USBモバイル電源 ブラック QE-PL202-K

新品価格
¥2,916から
(2014/5/11 16:22時点)




■SANYO KBC-L2B 5000mAh 2ポート 合計1A 130g
名機と言える今はなきSANYOブランドのエネループ
普段はあまり使わないが、こいつはバッテリーに充電しながら機器への給電に正式対応していることが大きな特徴だ。
バイクのB+comStationで、バッテリーに充電しながらB+comStationに給電し、ツーリング中ずっと使えるようにするためにSANYO時代のエネループが必要になる。
もう一つ古い世代のものはバイクにつけっぱなしで、それが劣化したらこいつに置き換える予定で持っているものだ。

 ●意外に健闘してる!って思いきや、1.3Aと0.8Aを行き来して不安定な状態だった。まぁStation用だしいまさらこれを普段使いすることもないので気にしない。
DSC_0082.jpg

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

新品価格
¥3,223から
(2014/5/11 16:27時点)




■ラトック REX-WIFIUSB2 5200mAh 2ポート 1Aと2.1A 200g
モバイルバッテリーとはちょっと違うが、素晴らしい機能を持っているので一緒に紹介する。
IEEE 802.11 b/g/nに対応しており本来はUSB機器を共有したり、有線LANを無線にするなど、アクセスポイント的な使い方をするもの。

ネットに接続された有線LANをこいつに接続し、こいつとPCやAndroid端末をwifi接続すると、有線LAN経由でネットに接続できる。
最近出張が多く、時々ホテルにWiFiがなく有線LANだけだったりするのでそんなときに活躍する。
また、USBポートに外付けHDやUSBメモリを接続すると、wifi接続した機器で共有することもできる。
さらにAC電源内蔵なので、これ単体で家庭用電源から充電できるし、充電しながらアクセスポイントを使ったりUSB給電も可能。
もちろんUSBからバッテリーの充電も可能。
迷ったらこいつ一つ持っていれば十分だ。
IO-DATAにも同じようなものがあるが、AC電源を内蔵していないことと、2600mAhと容量が少ない(その分軽いが)こと、この2点でラトックにした。

 ●1.35A前後でおそらくケーブルかYogaTablet8の限界まで出力していると思われる。
  十分な性能だ。
DSC_0086.jpg

DSC_0094.jpg

ラトックシステム Wi-Fi USBリーダー(スマホ・タブレット充電機能付) ブラック REX-WIFIUSB2-BK

新品価格
¥7,430から
(2014/5/11 16:22時点)


I-O DATA スマートフォン・タブレット用SDカードリーダー WFS-SR01

新品価格
¥6,672から
(2014/5/11 16:26時点)




■総評
普段使いとしてはANKER Astro Slim2がずば抜けて良い
ちょっと筐体がプラスチックで安物っぽいが、容量の割りに軽くて薄くてUSBケーブルが収納されている点が素晴らしい。

ツーリング時は極力荷物をコンパクトにしたいので、REX-WIFIUSB2を必ず持っていく。
AC-USBアダプター兼、ホテルのアクセスポイント兼、動画のHDバックアップ兼、B+com等や携帯への充電用として使えるためだ。
二人で行く時はもう一つ、気分でモバイルバッテリーを持っていっている。

車(といっても大半が車中泊)の時は、昼間の走行中に充電し、車中泊中の夜間にたくさん使うので、ANKER Astro2と便利屋REX-WIFIUSB2の二つになる。

ちなみに持っていく機器は主に、
au通話用ガラケー、通信専用Androidスマホ(エキサイトsim)、YogaTablet8(wifiモデル)、iPhone4S(会社から強制的に持たされたもの)の4つだ。
そろそろガラケーと通信専用スマホをまとめたいなとは思っている。


■最後に

こういう機器が増えると自然とUSBポートが足りなくなる。
PCいつもだいたい立ち上がってるけど、常時立ち上がってるわけではないのでAC-USBアダプターが必要になる。
過去に何個か安物を買ったけど、高周波音が出たり、機器との相性で使えなかったり、出力が足りなかったり、ポートが絶対的に足りなかったりした。
そんな悩みを解決してくれたのが、やっぱりANKER社だった。
5ポート合計40Wという大出力のUSB急速充電器
自動で接続機器の最適な電流を送るPowerIQで効率が非常に良く、安定していて使いやすい。
ACケーブル(メガネ型)が少し長くて邪魔だが、適当な汎用品にかえてしまえばいいし、欠点らしいものはそれくらい。
DSC_0111.jpg

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 iPhone5C/5S/5/4S/4/iPod/iPad/Xperia/GALAXY/ウォークマン等対応

新品価格
¥2,500から
(2014/5/11 16:18時点)



このエントリーをはてなブックマークに追加

福島 会津~磐梯ツーリング

  •  投稿日:2014-05-05
  •  カテゴリ:遠出
一日目

GW前日の5月2日(金)から5月3日(土)の二日間で嫁と2台でツーリングに行ってきた。
ルートはこんな感じ。
磐梯ツーリングルート1

午前6時頃 横浜の自宅を出発。
東北道の矢板インターを降りた。
で、すぐの国道でこんな看板が・・・。
農作業で軽トラが大活躍するから軽トラ市があってもなんら不思議ではない。
だけど、軽トラ市で国道を通行止めにしてしまうのか!
これはちょっとびっくり?おもしろかった。



イニシャルDの舞台にもなった栃木の県道56号を北上し、塩原で国道400号に合流。
県道56号は細い部分も多かったがなかなか楽しめた。
でもやはりイニシャルDの舞台になっただけあって、ヘアピンの連続。
バイクだとやっぱり高速コーナーのほうが楽しいね。
磐梯ツーリング道1

磐梯ツーリング道2


12時頃に国道121号との合流点付近にある、上三依きすげの郷で蕎麦を食べる。
ここまでは昨日の夜に考えていたのだが、実はこのあとは全くノープラン。
というのも、金曜が休めるとわかったのは木曜の9時頃で、最近あまり休みがないため全くプランを考えてなかった。

温泉宿など、以前から東北全体で目星はつけていたが、さすがにGW直前の当日とあって予約はとれない。
仕方なく、普段は滅多にとまらない会津若松市内のホテル タカコーをチョイス。
宿泊所が決まったなら夕方に到着するようにルートを考えるのみ。
この付近は何度もきたところなので、さくっとルート決定。
国道400号をひたすら北上→矢の原湿原→玉梨とうふ茶屋でおからドーナツ→県道237号 沼沢湖を快走→会津若松


ソメイヨシノは少し散り始めていたが、まだまだ見ごろだ。


矢の原湿原は以前ふらっと来て以降、会津若松付近にくると必ず立ち寄る場所。
戊辰の役古戦場で、鶴ケ城の落城を知らない会津藩士たちが西軍と交戦した最後の戦場らしい。
会津藩朱雀寄合組隊・野村新平の墓もある。
過去行った時は新緑の季節だったので、また全然雰囲気が違っていてなかなかよかった。
嫁はお墓が怖くてさっさと移動しようと言うのでのんびりすることなく出発した。
時間があれば遊歩道を散策してみたい。



次の玉梨とうふ茶屋はツーリングマップルに記載されていて、6年ほど前から今回で4回目の訪問。
今回はおからドーナツを5つ購入しておやつにした。
昨年きたときは駐車場は舗装されていなかったが、舗装されていてバイクにはとってもありがたい駐車場になった。
水は店の前に出ている水と、駐車場横に出ている水は異なるようで、駐車場横のほうが良い湧き水らしい。
僕には差がわからなかったが、どちらもとても柔らかくておいしかった。
バイクで出発の準備をしている店の主人が、趣味?で作っている味噌を1kgくらいお土産にといただいてしまった。
樽を見せてもらったりと有意義な時間をすごせた。
また会津付近きたら顔出すよ。





県道237号はカルデラ湖の沼沢湖の南を走る。
国道400号から右折して県道237号に入った直後から、良い感じのコーナーが続いてぐんぐん登る。
車も非常に少なくオススメのポイント。
磐梯ツーリング道4


沼沢トンネルを抜けて数キロ進むと、只見川と路線と素晴らしい景色があった。
こういう景色が好きで止まってみると、鉄道の写真を撮影されている方がいて、話によると数分後に電車がくるとのこと。
ローカル線って1時間に1本あるかないかだし、なかなかお目にかかれないので待って撮影してみた。
フルオートで適当に撮影しているだけだけど、シチュエーションが良いせいかなんかそれっぽく撮れた気がする。
撮り鉄さん、教えてくれてありがとう。


国道252号で会津若松に向かう途中、満福寺という只見川からそそり立つ絶壁の上に寺があった。
まだ時間に余裕があったのでふらっと寄ってみた。
川からそそり立つ姿を写真におさめたかったが、良い場所がなく撮影できなかった。



ホテルタカコーには19時に到着。
選んだ理由は楽天トラベルで評価が高かったこと。
平日プラン セミダブルベッド 素泊まり 二人で6700円だった。
自転車、いろんな種類のマクラ、フットマッサージ機や加湿器、女性には何十種類の割りと高価なシャンプーから自由に選べるなど、全て無料で貸し出し可能。
建物自体は少し古いが非常に手入れが行き届いている。
繁華街に位置し食べることには困らないし、お城へも徒歩15分程度、自転車で10分もかからない距離だ。



チェックインのあと、無料の自転車を借りて鶴ヶ城の夜桜を見に行く。
ソメイヨシノは残念ながら散っていたが、八重桜は満開だった。

IMG_0415.jpg


夜は一風亭で会津若松名物の半ソースカツ丼+ラーメンセット950円を二つ注文。
割と大食いの二人だが、予想を超える量で白米を少し残してしまった。
ラーメンは喜多方っぽい感じの平麺。
ソースカツ丼はソースをかけるのではなくソースに漬け込んでいる。
それでもサクサク感があっておいしかった。



結局、夜桜と夕飯から戻って、疲れていたのでさくっと10時頃に寝た。


二日目
裏磐梯をぐるっと満喫して嫁の伯母が営む川俣温泉の民宿で一休みして帰ることにする。
磐梯ツーリングルート2

磐梯付近の詳細ルート
磐梯ツーリング2-2-3



ちょっと寝坊して出発は朝7時。
会津付近は何度もきているけど磐梯付近は国道を少し走ったことがあるのみ。
なのでがっつりと元有料道路をまわってみる。
早速、磐梯ナンバー1と言っても過言ではない、磐梯山ゴールドラインで北上する。
雪の回廊ってほどではないけど、まだまだ雪が残っている。
道もすばらしい。
そこそこのペースで走れて、とにかく快適。
残念ながら朝一で走ることに夢中で、会津の街を見下ろす見晴台にとまりわすれた。

磐梯山を望みながら快走!
磐梯ツーリング道5



桧原湖から望む磐梯山


県道2号の白布峠を越えて国道13号で福島へ、県道5号フルーツラインから磐梯吾妻スカイラインへ入る。
さすがにGWの昼なので車が多く、ノロノロ運転の車につかまっては大渋滞。
抜かすという気は全くないらしく、何度も何度も大渋滞にはまってしまった。
それでもこのツーリングで快走できなかったのはここくらいで、メジャーな場所は早朝に、昼間はマイナーな道を選んだ結果、全体を通すととても快適に走れた。
磐梯吾妻スカイラインは道よりも景色のほうが素晴らしかったのでまぁ結果オーライかな。





ここからはひたすら南下して、嫁の伯母のいる栃木県日光市川俣の民宿へ向かう。
昼食は軽くアイスやパンを食べる程度で、民宿で料理をたらふくいただく予定。
この日は風が強く猪苗代湖の荒波がすごかった。

磐梯ツーリング道6

桜もまだまだ見ごろ。




途中雨に少しふられたが、18時頃に川俣に到着し、おいしい食事をとんでもない量いただいてごろごろして9時すぎに出発し、途中仮眠をとって2時頃帰宅した。
ほとんど食べてしまった写真だが、各皿に山盛りの手打ち蕎麦やてんぷら、煮物、ワカサギのから揚げがあった。


総じて快適に走れたし、天気も良く、久しぶりに満足なツーリングができた。
今回のツーリングではヒーテックの電熱ウェア2014年バージョンが大活躍だった。
気温は最高で25度、最低で6度までさがったけど、走りながらスイッチオンでぽっかぽか。
ただ、温度設定は最低にしてもちょっと暑いくらいで、微弱の設定が欲しいところ。
電熱ウェアのレビューはまた別の記事でやります。 このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー