2014年08月の記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

月別アーカイブ:2014年08月

2014年08月の記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2014-08-26 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
前々から検討していたものが到着!まずは最近なんちゃってGproとして人気の高いSJ4000だ。先日のSJ2000と同じメーカーだが、明らかに性能が向上しているし、Goproのコピーがゆえにマウントが同じで取り付けが非常にしやすい。【SJ4000】■開封写真とる前に箱捨ててしまった!とりあえずこれがSJ4000の付属品だろうというもの。下のほうのゴムがびよーんってなってる、チェストマウントとヘルメットマウントは別売だ。あと別売なのは...

記事を読む

2014-08-25 遠出
5年くらい前からオフ車がほしくて悩んでいたところ、何を思ったかいきなり あ、買おうかな と見積もりとったら購入していた。整備は基本全部自分でやるので、goobikeでいくつか見積もりをとって安いところにしました。自宅から1時間程度の店で割と近かったのもラッキー。15時頃に嫁とDio110でタンデムで出発。昼ごはんを食べてなかったので途中で食べて17時頃に到着した。うーん、なかなかかっこいいな!最近のカワサキはデザイ...

記事を読む

2014-08-17 バイク用品レビュー
今まで使っていたものはクロスヨーロッパの防炎カバー。青空駐車2年でボロボロ破れはじめたので退役することに。大型車のリアボックス対応防炎カバーを出しているメーカーってクロスヨーロッパくらいしか無く、値段もそこそこ安くて用途にぴったりだった。バイクも増えたしリアボックス非対応だけど、防炎で安価な 「平山産業F-1 サイズLL」を2つと、また同じクロスヨーロッパを2つを購入して使い始めてみた。■今あるバイクカバ...

記事を読む

2014-08-10 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
中華アクションカメラ SDVF9 (SJ2000と同じ)  →違ってました。これとSJ2000は全く別製品と思われます。が到着したので早速レビュー今回は簡単なレビューのみ。自在な取付けが可能!超小型ムービーカメラ 500万画素♪FULL HD1080P対応!最大60fps対応!バイク・自転車用ドライブレコーダースポーツカメラ FS-SDVF9新品価格¥6,300から(2014/11/13 21:35時点)到着したのでさっそく開封。安いわりに付属品がそこそこある。バイク自...

記事を読む

No Image

2014-08-09 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
アクションカム兼バイク用ドラレコとして購入検討中。→全部買ったのでレビュー記事参照 SJ4000とNECKER V1 簡易レビュー SJ2000 簡易レビュー①Goproそっくり中華アクションカム SJ40001万ちょっとでGopro3に匹敵する画質と、マウントがGopro互換(ただのパクリw)のこれぞ中華!という製品。世界中でかなり売れているらしい。Goproより優れている点は価格だけでなく、ドラレコモード(ループ録画&イグニッションオンで録画...

記事を読む

ウェアラブルカメラ(バイクのドラレコ兼任予定)SJ4000と、NECKER V1  開封+簡単レビュー

前々から検討していたものが到着!

まずは最近なんちゃってGproとして人気の高いSJ4000だ。
先日のSJ2000と同じメーカーだが、明らかに性能が向上しているし、Goproのコピーがゆえにマウントが同じで取り付けが非常にしやすい。

【SJ4000】
■開封
写真とる前に箱捨ててしまった!
とりあえずこれがSJ4000の付属品だろうというもの。
下のほうのゴムがびよーんってなってる、チェストマウントとヘルメットマウントは別売だ。
あと別売なのはカーマウント用のシガー電源プラグと吸盤マウントセット、予備のバッテリーを購入している。

マウントは見ての通り、Gopro互換だ。
そしてマウントだけでも非常に安い。
追加購入していろんなバイクにベースを貼り付けておくのもいいな。と考え中。

ハウジングはボタンの位置がGoproと異なるため違う。
DSC_0390.jpg

■特長
①本体にディスプレイがある
すごく小さいけど設置するときに非常に便利だ。
Goproはオプションなのと比べるととてもお得感がある。
設定もこの画面でできるのが素晴らしい。
DSC_0391.jpg

②ドラレコモードがある
給電されたら起動して録画開始。MicroSDがいっぱいになったら古いファイルから削除して上書きループ録画。
1ファイルあたり、3分、5分、10分を選べる。
ファイルの隙間はなく、1秒程度重なる。
もちろん、これらはオフにして普通のカメラとしても使える。

③ハウジング加工すれば簡単にバイク用ドラレコになる
横に穴空けて、USBコネクター側に両面テープなりシリコンボンドなりで接続時に隙間ができないようにすればOK
万が一ケーブルが抜けてしまっても大丈夫なように、ハウジングの底に水抜き穴をあけておくと安心かなーと思う。
水没するわけじゃないしね。
IMG_0804.jpg

④軽い
本体は50g程度しかない。
ハウジング入れても100g程度と思う。(測りが無い!)
最新のGopro3+が本体74g、ハウジング62gで130g程度になってしまう。
この数十グラムの違いはヘルメットにつけると案外大きい。
メットマウントを考えている人にはいいかもしれない。

⑤画質がいい
WDR搭載で夜間でも明るい。(ただしノイズは少し多め)
昼間の画質も素晴らしい。

⑥超広角
170°広角レンズらしいが、スペック通りと思われるくらいの画角だ。
スペック詐称はないと思う。

総じてGopro3+に迫るスペックだ。
実際にどうかは後ほど比較する。(といってもGoproないけど)

■注意
設定の日本語はとっても怪しいw
起動音や操作音、設定画面などはいずれも以前紹介した、台湾製ドラレコ CARSCAM WDR680や中国製 スーパーノヴァと全く同じ。
この辺はお金かけずに同じものを使っているのだろう。
ユーザーインターフェースはちょっと使いにくいが、これを改良して値段があがるくらいならこのままでもいいね。
国内に正規代理店がなく、並行輸入ものを検討している人にはこれくらいのことは自分で調べて解決するから問題ないね。って感じだ。
DSC_0392.jpg


■注意
Goproのパクリにもかかわらず、さらにSJ4000の偽物が出回っている。
箱とハウジングから偽物かどうかわかるから、購入前によく確認しよう。
偽物情報1
偽物情報2




【Necker v1】

※新型のNeckeV1 Plusの記事はこちらを参照
バイク用ドラレコの本命! NeckerV1 Plus が届いたので開封レビュー



台湾のアクションカメラだが、バイクドラレコ用として非常に洗練されている。
本体防水、防水給電ケーブルが付属し、ドラレコモードがある。この時点でバイク用としては何もしなくても必要条件を満たしている。
メーカーサイトでもデモとしてバイクに取り付けた動画あるくらいだから、バイク用というのは意識しているのだろう。
メーカーサイト
ただ、輸入販売している業者がいない上に、台湾からの個人輸入はバッテリー内蔵ということが引っかかってNG
仕方が無いので、10%程度の手数料を払って代行屋を利用しなければならない。
32GBのMicroSDカードがついて手数料、送料込み2.5万円だった。

利用した代行屋
購入したショップ

【開封】
箱は高級感がある。
マウントはGoproやSJ4000とそこそこ互換性があり、組み合わせることができる。
マウントの種類は少ないが、なんとか取り付けれる分くらいはあるかな。
足りないならSJ4000のマウントキットを購入すれば良い。
IMG_0825.jpg

【特長】
①何もしなくても防水!!
バイクで一番困るのは防水だ。
NECKER V1は本体防水は当然だが、なんといっても防水給電ケーブルが標準で付属していることが大きい。
構造は簡単で、給電ケーブル部分は独立していてキャップ部分を締めこむとゴムが密着して防水になる。
扱いは簡単だが、キャップをまわさないといけないので、頻繁にMicroSDを取り出したりするのは面倒に感じる。
追加で購入したかったのだが、台湾の通販サイトをいくらめぐってもV1対応の防水給電ケーブルだけの販売はしていない。
下位製品のV0の防水給電ケーブルは使えないので、どうしようもないのかなぁ。
中国語のできる人がいたらメーカーに補修部品等で購入できないか確認できるのだけども。
IMG_0831.jpg

②ドラレコモードがある
ファイル分割設定と、電源連動自動録画開始/ループ録画設定は別になる。
ファイル分割は、configから1分 3分 5分と設定できる。
おそらくいずれかに設定はしないといけない。
1フレームごとで確認したが、ファイルの隙間はほぼ0で重なる部分も空く部分も全くない。
最長でも5分なので細かく分割されてしまうが、重複がほぼ0なので動画編集するときは楽でいい。

電源連動自動録画開始/ループ録画設定は背面のスイッチで切り替えする。
起動に少々時間がかかって、通電してから10秒後くらいに録画開始される。
また、電源が落ちてから一定時間、録画することも可能でこれはconfigで0秒~60秒で設定できる。

③画質がいい
SJ4000同様にWDR対応なので夜も明るく夜の画質はすばらしい。
詳細は後ほど。

④そこそこ広角
スペック上、160度とまぁまぁ良い。
スペック通り、実際の画角もSJ4000より狭いが十分だ。

⑤wifi対応
英語のマニュアルを読みながら試したら案外簡単にできた。
覚書として書いておく。

1 本体起動
  メインボタン長押し 3回振動すると起動開始 青点灯、赤点滅
  10秒程度で青点灯 赤消灯 で起動完了

2 キャップ外してwifiスイッチを1秒押す 2回振動し5秒ほどで赤点灯したら起動完了

3 スマホでwifiを探す(Necker v1と出てくる パスは1234567890)

4 専用アプリで接続する(AppStore、GooglePlayで Action cam HD をインストール)

windowsから接続も試したが、wifiはつながるけど専用アプリがないと恐らく何もできない。

■専用アプリでできること
MicroSDに記録されているconfigと同じ設定ができる。
現在カメラに映されている画像を見れる
動画/静止画の撮影開始、終了
録画された動画/静止画の再生、コピー、削除、ダウンロード

■注意
本体に画面がないのでLEDで確認する必要有り。
覚えるまでどうなっているのかわかりにくいので覚書。

前後に1つずつのLEDがあって、
前が青、後ろが赤と緑

1 本体起動
  メインボタン2秒押し 3回振動すると起動開始 青点灯、赤点滅
  10秒程度で青点灯 赤消灯 で起動完了

2 起動状態
  青点灯 赤消灯

3 給電状態
  青は状態によりけり  緑点灯(赤点灯時は赤になる)
  ※以降、給電していたら赤消灯時は緑が点灯する。

2 撮影開始
  メインボタン1秒押し 1回振動すると録画開始
  青点滅、赤消灯

3 撮影終了
  メインボタン1秒押し 1回振動すると録画停止
  青点灯 赤消灯

4 wifi起動
  背面のwifiボタンを1秒押し 2回振動すると起動開始 5秒ほどで起動完了。
  青点灯 赤点灯

5 シャットダウン
  メインボタン3秒押し 3回振動するとシャットダウン

ボタン一つの押す時間で操作が違うので迷いそうだ。
特に、撮影開始、終了はボタンを離すタイミングが遅いとシャットダウンになるので要注意。


■configの変更方法
専用アプリがあればそれでやるのが手っ取り早いけど、MicroSDのconfigを書き換えて再起動するのでもOKだ。
configはただのテキストなのでメモ帳などで開いて、上のほうの項目で数値を決定し、UPDATE:Yとしてconfigを保存。
再起動したら設定が反映される。

--------------- より下は設定の内容だ。
configをそのまま転載する。


Type: Necker V1

Version: V001.007

UPDATE: N 【これをYにして保存し、再起動すれば反映される】

FORMAT
RES: 0 【ここから下の数値を必要に応じて変更する】
AE: 0
EV: 5
AWB: 0
SHRP: 3
CTST: 67
DEF: 0
SPLIT: 300
STAMP: 3
FLK: 0
APO: 180
RCAPOC: 60
MICG: 35
DT: 2014/08/26 23:29:39 
【ここから下はconfigの詳細情報】
------------------------------------------
RES (Resolution) : 0 ~ 2
(0)1080p30 (1)720p60 (2)720p30
AE (AE meter) : 0 ~ 2
(0)Center (1)Average (2)Spot
EV (EV bias) : 0 ~ 12
(0)-2EV (3)-1EV (6)0EV (9)+1EV (12)+2EV
AWB (AWB mode) : 0 ~ 7
(0)Auto (1)Incandescent (2)4000K_Fluorescent (3)5000K_DaylightD50
(4)6500K_DaylightD65 (5)7500K_Cloudy (6)9000K_Shade (7)10000K_XenonHID
SHRP (Sharpness) : 1 ~ 5
(1)Soft (3)Standard (5)Hard
CTST (Contrast) : 32 ~ 88
(32)Soft (64)Standard (88)Hard
DEF (Digital Effect) : 0 ~ 5
(0)Off (1)Art (2)Sepia (3)Negative (4)Black White (5)Vivid
SPLIT (Split File Szie) : 60/180/300
(60)1 Min (180)3 Mins (300)5 Mins
STAMP (Date/Time Stamp) : 0 ~ 3
(0)Off(Video stamp will disable in wifi mode) (1)Date (2)Time (3)Date&Time
FLK (Flicker) : 0 ~ 2
(0)Auto (1)60Hz (2)50Hz
APO (Auto Power Off) : 0 ~ 300
(0)Off (180)3Min. (300)5Min.
RCAPOC (Remove charger auto power off counter(It is only for car mode) : 0 ~ 60
(0)Off (15)15sec. (60)60sec.
MICG (Microphone AGC Max) : 0 ~ 59 db

DT (Date Time) : YYYY/MM/DD hh:mm:ss
YYYY: 2011 ~ 2037
MM: 01 ~ 12
DD: 01 ~ 31
このエントリーをはてなブックマークに追加

KLX125 を購入した

  •  投稿日:2014-08-25
  •  カテゴリ:遠出
5年くらい前からオフ車がほしくて悩んでいたところ、何を思ったかいきなり あ、買おうかな と見積もりとったら購入していた。

整備は基本全部自分でやるので、goobikeでいくつか見積もりをとって安いところにしました。
自宅から1時間程度の店で割と近かったのもラッキー。

15時頃に嫁とDio110でタンデムで出発。
昼ごはんを食べてなかったので途中で食べて17時頃に到着した。

うーん、なかなかかっこいいな
最近のカワサキはデザインがわかりやすいかっこうのつけかただ。
なんていうか、いろんなところが釣りあがってとんがっている。
メインのVFR800-2型なんてまんまそんなデザインで、ガンダムとかF16とかそんなイメージがするんだけど、ホンダは見事にVFR800-2型だけで終わってしまった。
そんなちょっと昔流行ったような、中二病的な路線をここ数年突っ走っているのがカワサキだと思う。
DSC_0951.jpg

カメラマウント中。
別の記事で詳細を書くが、この写真は通称ブラマウントといわれるチェスとマウントしたSJ4000の動画をキャプチャーしたもの。
取り付けているのは、台湾のNECKER V1をSJ4000の吸盤マウントで取り付けているところ。
ただ、カウルはしなりやすいし、ステッカーがあるので吸盤では厳しいだろうなと思い、ストラップもひっかけている。
test1.jpg

準備が整って出発!

test3.jpg

お店の人から、800kmまでは5000回転以下でならしてね。とのこと。
旧なアクセルもひかえてふんわり走行、ギアをまんべんなく使うよう心がける。
1速5000回転はあっという間で25km/h程度?、5速5000回転で58km/hってところ。
0からの加速は5000回転縛りで厳しいけど、普通に走る分には問題ない。
思ったより下がなめらかで、一度走り出せば4速~5速でずぼらな運転ができる。
6000回転以上が使えるようになったら結構楽チンかもなーと思う。

ガソリンスタンドで給油してると、やっぱりNECKER V1は外れていた。
つけておいてよかった命綱。
test4.jpg

【注文中のもの】
■シートバッグをつけやすくするためにキャリア
いろんなメーカーから出ているけど、抜群の耐荷重8kgとシートとフラットになって荷物が載せやすいデイトナに決定。
純正とか他メーカーは耐荷重3kgらしい。
昔、ホーネット250に乗っていた頃に、大丈夫でしょ!とかって耐荷重3kgのキャリアに30Lのボックスつけて荷物満載で走ってたら、キャリアが折れて落ちそうになってあせったことがあるw
奇跡的に全部が折れる前に気づいから良かったけど、一歩間違うと大事故につながるから耐荷重はほんと気をつけないといけない。

購入して取り付けたので取り付け記事はこちらをクリック!



■シートバッグ
34L~55LのGIVIのボックスが3つあって、VFRとDioは常時、XJはロングの時だけ使っているから、適当につければいいやー。って思ってたけど、友達から林道いくならコケてボックスのツメが折れたら面倒だよ。
と言われてボックスじゃなくてシートバッグをメインにすることにした。

多分KLXでの最長ツーリングはせいぜい一泊二日だと思う。
それ以上ならやっぱりVFRで九州とか東北へ行くだろうし。
というわけで、日帰りから一泊二日で必要な容量であることでシートバッグを選ぶ。
日帰りならカッパとタオル、湯沸しジェットボイルFlashと水とカップラーメンを持っていきたい。
これなら20Lでなんとかなるだろう。
一泊二日とかでいくなら、XJにつけているサイドバッグをつければ十分だろう。

ということで、最低20LあればOK、できれば30Lってことで選んでみる。
アマゾンとか楽天を見てると、STARKSシリーズが安い。
ただし裁縫もそれなりらしいw
まぁほつれたら縫えばいいじゃん!
つけっぱなしにするつもりなので、できれば防水ってことでSTARKS 防水シートバッグ ST-RB03にした。



■ゲルザブ的なシート → 3つとも購入したので比較レビュー記事!
2014年式はシートが平らになってお尻が痛くなりにくいんだけど、それでもツーリング時にはゲルザブ的なものが欲しい。
ゲルザブは既に持っているから、今回はゲルザブより安くてバックレストっぽい機能もついているデイトナのツーリングサポートゲルにしてみた。
厚みはおそらくゲルザブと同じくらい。
KLX125はバックレストが欲しいほどの加速力がないから、これをそんなに厚みの必要ないVFRにつけて、ゲルザブを嫁のXJにつけて、KLXは厚みが欲しいから百鬼とかにするかな?
まぁそこらへんはデイトナのが届いてから考えよう。







■ナビの取り付け
とりあえずハンドルマウントできて、4つ爪のなら大丈夫だろうと思う。
VFRやXJではMCN45siを使っているが、Dio110では5インチ中華ナビを使っており、そのマウントは一般的な4つ爪でとめるタイプだ。
電源は適当にACCから分岐してエーモンのシガーソケット+USB2個口+USB延長ケーブルにしておく。
ナビとスマホの充電に使ったりする予定。
本当はMCNがいいんだけど、クレードルとケーブルセットで1.4万もする。
高いから躊躇してるんだよね。
KLXもとりあえず中華ナビにしておいて、もしロング行く事が多ければ、MCNのクレードルの購入を考えよう。


■ハンドガード
ハンドガードには、1点留め、2点留め、2点留め芯入りの3タイプがある。
1点留めとはスイッチボックスあたりでクランプさせるもので、軽量、安価、取り付けが容易、防風、飛び石や木の枝避けの効果があるが、転倒時には役に立たない。

2点留めとはスイッチボックスあたりとバーエンドの2点をクランプするもので、軽量、安価、防風、飛び石や木の枝避けにプラスして、多少の転倒からレバーや手を守ってくれる。

2点留め芯入りはアルミなどの芯が入っているので、派手に転倒した時に効果を発揮するが、重くなってハンドリングに影響が出る。

2点留めにしようかと思ってたけど、どうやらKLXのバーエンドは閉じられていて、交換するか穴空けるかしないといけないらしい。
うーん、交換するとポジションかわるし、社外のアルミハンドルは振動が多かったりするからハンドル選びって延々と続いてドツボにはまる可能性があるんだよなぁ。
ということで、面倒になったので1点留めにすることにした。
とりあえずだし、いつも通りノーブランド品を検討中。


■可倒式クラッチ、ブレーキレバー

VFR、XJでも使っているタイプのもの。
あらゆるノーブランド~三流ブランド品が出回っているがどれも同じw
KLX125の純正クラッチレバーは46092-1206 純正ブレーキレバーは46092-1140
互換性のあるモデルは、KLX250 08-10、ninja250r 08-11 このへんらしい。

【レバーセット】ビレットブレーキレバー&クラッチレバー 黒/赤 可変 Ninja250R Ninja250 DトラッカーX KLX250 250TR Dト...
by カエレバ



■ハイギヤード スプロケ

5000回転(58km/h)では振動も少なく快適なのだが、幹線道を走ろうとすると6000回転(70km/h)で振動がすごくて疲れる。
オフ車だから当然だけどもギアがクロスしすぎてオンを走るときには面倒。
ということで、幹線道もそれなりに快適に走ることを考え、スプロケの交換を検討中。

純正は
ドライブ 14T
ドリブン 47T

ハイギヤードにする選択肢は少なくキタコしかない。
ドライブ 15T
ドリブン 44T

ドリブンをかえるとチェーンもかえないといけないから、とりあえずドライブだけ変えて様子見。
おそらくドリブンもかえるだろうけど。
おおむね、どちらも7%くらい高速寄りになるはず。
たぶん1つかえたら 5000回転62km/h 2つかえたら5000回転66km/hくらいかな?
下は少しなくなるが、アタックするつもりはないし、フラットダートなら平気でしょ。トルクが必要なら一つ下のギアで引っ張ればいいじゃん!(1速の下のほうは無くなってしまうけども)
という程度で考えている。


キタコ(KITACO) ドライブスプロケット[15T/428 フロント] Dトラッカー125 KLX125 530-4025015
by カエレバ


キタコ(KITACO) ドリブンスプロケット[44T/428 リア] Dトラッカー125 KLX125 535-4025044
by カエレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加

防炎バイクカバー 平山産業F-1 クロスヨーロッパのレビュー

今まで使っていたものはクロスヨーロッパの防炎カバー。
青空駐車2年でボロボロ破れはじめたので退役することに。
大型車のリアボックス対応防炎カバーを出しているメーカーってクロスヨーロッパくらいしか無く、値段もそこそこ安くて用途にぴったりだった。
バイクも増えたしリアボックス非対応だけど、防炎で安価な 「平山産業F-1 サイズLL」を2つと、また同じクロスヨーロッパを2つを購入して使い始めてみた。

■今あるバイクカバー
クロスヨーロッパ 品番BTC3158(リアボックス対応 大型用)
平山産業F-1 防炎バイクカバーLL(リアボックス非対応 大型用)

VFR800とXJ6はリアボックスとサイドバッグ、Dio110はリアボックス、KLXはシートバッグをつけている。
ただし、VFR800のリアボックス上には秘密のアンテナがついているのでボックスを覆うことは出来ない。
中途半端に小さいサイズは値段が高かったので、全部大型が入るサイズだ。


■VFR800 + 平山産業 F-1 サイズLL
サイドバッグがあるからというのもあるが、結構パッツンパッツンだった。
クロスヨーロッパの場合は同じようにカバーしても余裕があることから、サイズが若干小さいようだ。
DSC_0678.jpg

■XJ6 + クロスヨーロッパ 品番BTC3158
割と余裕がある感じだ。
XJ6は大型といっても小さい部類、というかCB400SBとほぼ同サイズ。
時々油断すると強風でカバーが外れかかっていたりするが、前後のゴムコードをしっかり引っ張れば台風にも耐えられる。
DSC_0679.jpg

■Dio110 + クロスヨーロッパ 品番BTC3158
そりゃもうブカブカであるw
ただ、Dio110には結構高いスクリーンをつけているので、高さ的にはちょうどいい。
XJ6と同じく前後のゴムコードでしっかり引っ張れば問題ない。
DSC_0682.jpg

■KLX125 + 平山産業 F-1 サイズLL
当然ブカブカだw
ただし、これもオフ車なので高さはちょうどいい。
飛びそうだから風が強い時は車体下をぐるっとまわすコードでとめなければならない。
DSC_0681.jpg

■材質の比較
わかりにくいけど、平山産業のほうが厚手で丈夫そうだ。
縫い目にシールはされてないので縫い目から雨は浸ってくるが、生地そのものは非常に防水性があって高評価。
クロスヨーロッパが2年もったので平山産業は4年くらいもちそうな雰囲気がある。
DSC_0684.jpg

■使い勝手
これはクロスヨーロッパに軍配があがる。
なんといっても前後のゴムコードが抜群に使いやすい
おもいっきりゴムコードを引っ張ってとめるだけで足元がぐいっと縮んでくれる。
2年間、おもいっきり引っ張ってラフに扱ってきたが、ゴムコードが切れることはなかったし、台風で飛ぶこともなかった。
車体下をくぐらせるヒモって面倒だからとても良かった。

値段とおそらく耐久性では平山産業F-1、使い勝手ではクロスヨーロッパ、なかなか難しいところ。
とりあえずどちらもまだ購入して使い始めたところなので、しばらく使って耐久性をみてみようと思う。

DSC_0688.jpg


クロスヨーロッパ 品番BTC3158


平山産業 F-1 サイズLL
このエントリーをはてなブックマークに追加

中華アクションカメラ SDVF9 レビュー

中華アクションカメラ SDVF9 (SJ2000と同じ)  →違ってました。これとSJ2000は全く別製品と思われます。
が到着したので早速レビュー
今回は簡単なレビューのみ。

DSC_0362.jpg

自在な取付けが可能!超小型ムービーカメラ 500万画素♪FULL HD1080P対応!最大60fps対応!バイク・自転車用ドライブレコーダースポーツカメラ FS-SDVF9

新品価格
¥6,300から
(2014/11/13 21:35時点)




到着したのでさっそく開封。
安いわりに付属品がそこそこある。
バイク自転車用ハンドルマウント、ダッシュボードマウント、ヘルメットマウントの3つが付属。
へメットマウントの紐はただのマジックテープで伸縮性はないし滑るので、実質両面テープでのみつけることになると思う。
滑らない場所であればマジックテープを併用することで落下防止にはなる。


■背面写真
DSC_0363.jpg

本製品は物理スイッチで動画と静止画、HD60fpsとFullHD30fpsの切り替えが可能だ。
これはなかなか便利だが、ネジ式のキャップをはずさないといけない。
また、給電はmicroUSBでもMiniBでもなく、おそらく平型ミニ8Pという珍しいやつ。
microUSBにしてくれれば汎用性が高くてよかったけど、まぁ手に入らない形状でもないからいいかな。
microUSBが主流になる前、MiniBが主流のころにニコンやパナなどの一部のデジカメで採用されていた形状だ。

サンワサプライ KU-SLAMB805 極細ミニUSBケーブル (ミニ8ピン平型タイプ) 0.5m

新品価格
¥600から
(2014/8/10 12:25時点)




■ファームについて
購入時はループ録画と1ファイル3分で分割される、ドラレコモードのファームが入っていたが、通電で自動録画開始機能はない。
バイクで利用するぶんには後ろの蓋をあけっぱなしにしておくことはできないので、この機能がなくなっても問題はないが、車でも使うことを考えていたのでちょっと残念。
そして致命的なのが、ファイルの分割については隙間が1.5秒程度あることだ。
MicroSDカードはcalss10 HCⅠ対応なので速度は問題ないはず。
これは実際海外の利用者の間でも問題となって、ドラレコモードを廃してループ録画無し、細かなファイル分割無し(30分程度?)録画できるファームが出た。

ということで、以下のファームを適用することでループ録画をしなくなり、1ファイル数十分(30分くらい?)になる。
もちろん録画しっぱなしにすればファイルは自動的にどんどん作られていく。
まぁ普通のモードだ。

問題のドラレコモードファームはここ
saku_205511M500_FW.bin

非ドラレコモードファームはここ


■アップデート方法
ファームをダウンロードして、MicroSDの最上層に保存。
saku_205511を消してM500_FW.binにリネームして再起動する。
1分ほど青と赤のLEDが点灯(青は高速点滅)して勝手にシャットダウンされる。
MicroSDを取り出してPCなどからM500_FW.binを削除して本体に戻し起動すればOKだ。
M500_FW.binを削除せずに起動すると何度もファームを書き換えてシャットダウンされるから注意w
ファームの書き換えはどっちのバージョンも何回でもできるから、試しに両方やってみてもいいだろう。

■操作方法
DSC_0365.jpg

本体にプラ製のインチネジの取り付けようマウントをつけている状態。
本体上の前後にスイッチがあり、前が電源、後ろが撮影開始停止ボタンだ。

前ボタン長押しで電源オン バイブレーションが短く3回振動
後ろボタン短く押して録画開始 バイブレーションが短く3回振動(録画開始まで3秒くらいかかる)
後ろボタン長押しで録画停止 バイブレーションが長く1回振動
前ボタン長押しで電源オフ バイブレーションが長く1回振動

録画中に後ろボタンを短く押すとバイブレーションが短く3回振動して、ファイルを作り直して録画を開始する。


静止画モードにすると後ろボタン短く押して撮影1回 で終わり。
定期的に撮影し続けることはできない。
この機能が欲しかったんだけど仕方ないね。
SJ4000ではできるらしいからそっちでやろうかな。


■設定変更
録画モードの変更などは背面スイッチでできるが、時間設定や画質設定は起動時にMicroSDに保存されたtxtファイルを読み込ますことで変更できる。
とりあえずMicroSDを突っ込んで起動すると自動的にSportDV.txtができる。
テキストファイルを開いて各設定の値を好きなように変更、UPDATA を Y にして上書き保存して再起動すれば反映される。

configは以下の通り。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
SPORTS DV

UPDATE:N → Yにするとconfigをアップデートする
FORMAT
-------ここから-------
EV:6
CTST:100
SAT:100
AWB:0
SHARPNESS:100
AudioVol:1
QUALITY:0
LIGHTFREQ:0
AE:0
RTCDisplay:0
year:2014
month:8
date:10
hour:15
minute:21
second:0
-------ここまでが設定変更ステータス--------
-------ここから下は各設定の説明-------

Exposure(EV) 露出
0 ~ 12, def:6

Contrast(CTST) コントラスト
1 ~ 200, def:100

Saturation(SAT) 彩度
1 ~ 200, def:100

White Balance(AWB) ホワイトバランス
0 ~ 3, def:0, 0(auto), 1(Daylight), 2(Cloudy), 3(Fluorescent)

Sharpness シャープネス
1 ~ 200, def:100

AudioVol 録音音量
0 ~ 2, def:1, 0:Max 1:Mid 2:Min

QUALITY 画質クオリティー
0 ~ 2, def:0, 0:High 1:Middle 2:Low

LIGHTFREQ フリッカー
0 ~ 1, def:0, 0:60Hz 1:50Hz

AUTO EXPOSURE(AE) 自動露出
0 ~ 2, def:0, 0:Average 1:Center 2:Spot

RTCDisplay 撮影画像内に日時jを残すか
0 ~ 1, def:1, 0:Off 1:On

year 年
2012 - 2038, def:2013

month 月
01 - 12, def:1

date 日
01 - 31, def:1

hour 時
00 - 23, def:0

minute 分
01 - 59, def:0

second 秒
01 - 59, def:0


■設定変更してみた
画質はシャープネスきつすぎ。
走行中の動画なら気にならないかもしれないが、満開の花とか小さいものが大量にあると目がチカチカしそうだ。
おそらく低い解像度を無理やりシャープネスをあげてはっきり見せようとしているのだろう。
そこで設定でシャープネスをさげてみた。
設定は1~200でデフォルトが100なんだが、99も50も1もほぼ差がなく一気に1に近くまで落ちる。
うーん70くらいがちょうどいいように思うんだけど、100か1かしか選べないような状態ではなぁ。
まぁ100にしとくか。という感じだ。
クリックしたらちょっと大きな画像が見れるよ。
SJ200シャープ99

とりあえずMicroSDXC 64GBとリーダーを注文したが、はたしてSDXC 64GBは動くのだろうか。

東芝 microSDXC 64GB Class10 30MB/s UHS-I 防水 耐X線 日本製 TOSHIBA 海外向けパッケージ品

新品価格
¥3,310から
(2014/8/22 01:02時点)



Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー (SD/SDHC UHS-I/SDXC UHS-I/microSDXC UHS-I 対応) ブラック 2年保証 TS-RDF5K

新品価格
¥1,000から
(2014/8/25 21:39時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイク用ドラレコの検討

アクションカム兼バイク用ドラレコとして購入検討中。
→全部買ったのでレビュー記事参照
 SJ4000とNECKER V1 簡易レビュー
 SJ2000 簡易レビュー

①Goproそっくり中華アクションカム SJ4000
1万ちょっとでGopro3に匹敵する画質と、マウントがGopro互換(ただのパクリw)のこれぞ中華!という製品。
世界中でかなり売れているらしい。
Goproより優れている点は価格だけでなく、ドラレコモード(ループ録画&イグニッションオンで録画開始)があること。
ハウジングを加工すれば、簡単に給電+防水ができそう。

高画質 1080P防水 多機能スポーツカメラ マリンスポーツやウインタースポーツにも最適 バイクや自転車 カートや車に取り付け可能なスポーツカメラ HD動画対応 コンパクトカメラ  DFS-SJ4000BK(ブラック)

新品価格
¥9,350から
(2014/11/8 14:10時点)



②SJ4000の別モデル SJ2000(FS-SDVF9)
暗所はおそらくSJ4000よりかなり劣るけど、明るい場所では十分な画質で値段が安く、本体そのものが防水になっている。
SJ4000同様にドラレコモードがあるらしいが、給電すると防水性はなくなる。
軽いっぽいのでメットに取り付けるにはいいかなあ。
まぁこれはバイク用ドラレコにはできそうにないけど。

1200万画素 スポーツカメラ 広角170度レンズ FULL HD 1080P対応 H.264 バイク・自転車用ドライブレコーダー

新品価格
¥7,500から
(2014/8/8 23:53時点)



NECKER V1
台湾はこういった機器の製造メーカーが非常に多く、車用ドラレコも台湾メーカーはすごく強い。
さらに台湾ではバイクは日常の足として重宝されているから、バイク用ドラレコも多数ある。
その中で検討しているのがNECKER V1だけど、国内では輸入している代理店がない。
値段は6000台湾$ 1台湾$=3.3円くらいで、台湾のショッピングサイト PChomeや博客來 で売られているが、
残念ながらバッテリー内蔵製品は海外発送してくれないので、10%程度の手数料を払って代行サービスを利用するしかない。
送料入れてざっくり2.5万円くらいになる。
台湾個人輸入代行サービス

特長は、防水性をもちながら給電が可能であることと、夜間にも強いこと。
この製品はもともとドラレコとして開発されているので、ループ録画や自動録画開始はついている。
さらにwifiに対応しているので、スマホでカメラ画像を転送することもできる。
つけっぱなしにするならやっぱり専用品が一番かな。

④コンツアーローム2(Contour ROAM2)
2年程前にGopro2と張り合った製品。前バージョンのROAMにROAM2のファームを入れて、FullHD録画やホワイトバランスの自動調整機能をROAM2同等にして現在利用中。
すごく頑丈、シンプルで使いやすい、本体が防水でいいのだがドラレコモードがないのと、給電すると防水性がなくなる事、重さがわりとあってメットにつけると疲れる事が難点。

Contour ROAM2 Waterproof Video Camera 並行輸入品

新品価格
¥21,980から
(2014/8/8 23:55時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー