2015年01月の記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

月別アーカイブ:2015年01月

2015年01月の記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2015-01-28 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
予定より長い1ヵ月半の出張が終わって帰ってきて2週間、持病の気管支炎が出ているのに緊急だということで、また2週間出張に行かされた・・・。出張が終わった日、気管支炎がさらに悪化して体の抵抗力が下がったところにインフルエンザが入り込んで発症。まったく、踏んだりけったりである。さて、話しはかわってSJ4000、SJ5000シリーズのwifi接続アプリが要求する権限が怪しい。と2chで話題になっていた。そういえばインストールし...

記事を読む

2015-01-11 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
1ヶ月近く前に注文していたGoPro HERO4 BlackEdistionアドベンチャーが届いた。本当はSilverを注文していたのだが、在庫切れで時間がかかるのでBlackなら在庫あるよ。と販売店からメールが来る。今はSilverのほうが入手しやすく、Blackはどこも品切れなので、これはラッキーだ!と思って変更した。とりあえずいつものチェックだけをする。体調不良で寝込んでいる時間が長く、バイク動画をとるのはいつになるのだろう・・・・。GoPr...

記事を読む

2015-01-07 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
11月中旬にGeekbuyingで注文していたSJ5000PlusとSJ5000wifiがようやく届いた。とりあえず速報的なレビューを。何故かカメラが逆向いているw付属品はいつも通り。電源が入らないので何でかな?と思ってみてると、入っているバッテリーにシールが貼られていた。早速起動。左がSJ5000wifiで2インチ、右がSJ5000Plusで1.5インチなのだが、2インチである必要は特に無いかなぁ。SJ5000wifiはSJ4000とほぼ同じ画面で、SJ5000Plusはちょ...

記事を読む

2015-01-04 バイク用品レビュー
5年くらい前に購入したラフロのRR5232というコンパクトなカッパのシールが剥げはじめていたので、昨日のラフロ福袋(1万円で2万円分買える!)でRR7807(1.6万円)を購入してきた。ラフロ公式サイト レインスーツRR7807はラフロで一番高いやつで、何が違うかっていうと表地と防水素材と裏地が圧着されて一枚になっていること。普通、表地と防水素材が圧着されて、最後にメッシュがあるか、もしくは何もなし、というものが多い。メ...

記事を読む

2015-01-03 バイク用品レビュー
ラフロ川崎店にいる友人へ新年の挨拶をしに行ってきた。初売りセールってなってるけど特に何も見てなくて、まぁ挨拶とバイク用クルコン?があれば買いたいなーくらいの気分だったんだけど、開店10分くらいで到着すると、ラフロ用品2万円分を1万円で購入できるっていう福袋?があったので、何も考えず購入。これ、ようは税込み10800円でラフロの用品を定価21600円分を購入できるってもの。あくまで定価の2万円分なので、どうせ購入...

記事を読む

2015-01-01 遠出
あけましておめでとうございます。今年も一年、よろしくお願いします。早速だけど、嫁と嫁友達との3人で榛名山へ初日の出を見に行ってきた。※走行写真はSJ4000wifiで撮影しています。 SJ4000wifiレビュー記事※その他の写真はCanon PowerShot S120。素人でもフルオートでそれっぽく撮れる優れもの。Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK) キヤノン 2013-09-12売り上げランキン...

記事を読む

SJ4000wifiのファームアップデート wifiアプリの危険性が無くなる+タイムラプス動画機能追加!

予定より長い1ヵ月半の出張が終わって帰ってきて2週間、持病の気管支炎が出ているのに緊急だということで、また2週間出張に行かされた・・・。
出張が終わった日、気管支炎がさらに悪化して体の抵抗力が下がったところにインフルエンザが入り込んで発症。
まったく、踏んだりけったりである。

さて、話しはかわってSJ4000、SJ5000シリーズのwifi接続アプリが要求する権限が怪しい。と2chで話題になっていた。
そういえばインストールした時、全然見てなかったなぁ。気をつけないといけないところである。

SJ4000wifiとSJ5000wifiは【SJCAM HD】というアプリを使うが、明らかに通信に必要ない権限(端末IDと通話情報 )を要求している。
※SJ5000PlusはLinkinEyesというアプリだが、こちらも怪しい権限を要求してくる。そしてまだ修正されてない。
それが2週間ほど前からアプリがアップデートされて、危険な権限は要求しなくなったが、本体のファームも上げなければならない。

というわけで、早速ファームアップして【新SJCAM HD】を使ってみた。

■SJ4000wifiのファームアップデート
まず、SJCAMの正規代理店 SJCAM..comから最新ファームをダウンロードする。
ファームダウンロードページ

どうやら、今現在SJ4000wifiの入っているファームによって、入れられるファームが違うらしい。
20141101以降のファームが入っているものは→ SJCAM_SJ4000_WIFI_FW_20150116.zip が使える。
20141030以前のファームが入っているものは→ どこにもファームがないけど・・・?

僕のは20141101以降なので、SJCAM_SJ4000_WIFI_FW_20150116 をダウンロードする。
ダウンロードしたらFW96655A.binというファイルができるので、SDカードの第一階層にFW96655A.binを保存して起動するだけだ。
起動する時、しばらくLEDが点灯/点滅をして30秒程度で起動してくる。
メニュー最後のVersionが更新されていればOKだ。

※間違ったバージョン入れて起動できなくなっても、同じ要領で正しいファームをMicroSDに入れて起動すればOK だと思う。少なくとも僕は今までそうだった。
※一度アップしたファームファイルは自動では消えない(事が多い)ので、そのまま起動するとまたファームを上書きする。
 アップしたらファームを削除しておこう。

今回のバージョンはG20140116V01だが、これは多分2015の間違いだろうw
ざっと見た感じは【SJCAM HD】の最新版に対応したことと、タイムラプスを自動的に動画にしてくれる機能が追加されている。
まだ試していないが、タイムラプスで撮影したものを自動的に動画に変換してくれる機能が追加されており、これはなかなか価値があると思う。
まぁPCで簡単に静止画を動画にできるけど、動画にするなら最初からやってしまってもいいじゃん。っというところか。
解像度とか出力形式とか、どうなるかは後日追記する。

DSC_0059.jpg


■【SJCAM HD】のインストール
次に新しい【SJCAM HD】をインストールする。
GooglePlayで SJCAM で検索すれば出てくる。
2DSC_0045.jpg

【SJCAM HD】をインストールしようとすると必要な権限が表記されるが、アラホント、ちゃんと不要な権限を要求しなくなってる。
これで安心してインストール可能だ。

2DSC_0046.jpg


■使ってみる

以前のバージョンとは接続方法違っており、アプリでwifi接続を選択できていたのが、androidでwifi接続してからアプリで操作するという方法になっている。
Androidの設定画面に一度入らないといけないのでちょっと面倒になった。

以前のバージョンの記事はこちら。
SJCAM SJ4000wifi と SJ4000wifi無し の比較レビュー

まずSJ4000wifiの横の上にあるボタンを押すとwifiが起動する。

2DSC_0049.jpg

2DSC_0050.jpg


スマホのwifi接続設定からSJ4000wifiに接続する。
2DSC_0054.jpg


【SJCAM HD】を起動して、CONNECTをタップする。
2DSC_0055.jpg

接続できると、カメラ画像が転送されてくる。
各種設定も可能だ。
2DSC_0057.jpg


縦横どちらも対応していて使いやすい。
反応などは以前のものと同じだ。


■総評
ちょっとwifiの接続設定が面倒になったけど、不要な権限を要求しなくなって安心!
ってだけかな?
画質の違いなんかは実際に撮影して違いを感じたら後日レポートする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

GoPro HERO4 BlackEdistionのレビュー!SJ5000Plus、HDR-AZ1、GoPro無印と簡単比較

1ヶ月近く前に注文していたGoPro HERO4 BlackEdistionアドベンチャーが届いた。
本当はSilverを注文していたのだが、在庫切れで時間がかかるのでBlackなら在庫あるよ。と販売店からメールが来る。
今はSilverのほうが入手しやすく、Blackはどこも品切れなので、これはラッキーだ!と思って変更した。


とりあえずいつものチェックだけをする。
体調不良で寝込んでいる時間が長く、バイク動画をとるのはいつになるのだろう・・・・。


GoProの箱はいつものやつだ。

P1010731-2.jpg



■付属品
一般的な使い方に適したアドベンチャーなので、車載するにも最低限のものは入っている。
両面テープの平面/曲面マウントに、アームとベースを組み合わせて取り付けられる。
GoProシリーズはだいたいこんな感じで、最低限のものは揃っているのでとりあえずこれだけでも利用開始はできるけど、ちょっと凝ったことをしようと思うとオプションを購入しないといけない。
P1010732.jpg


■本体サイズ
SJ5000Plusより一回り小さくいがちょっとだけ重い。
画面をうつすディスプレイはついてなく、正面のディスプレイで設定は可能。
このへんは無印と同じだ。
やりやすいとは言えないけど、必要最低限の表示はしてくれるので特に困りはしない。
動画、静止画、静止画連写など、基本全ての設定が可能になっている。

■画質比較
さてやっぱりここからが気になるところ。
いつもの駐車場と室内の画質比較だ。
いずれもフルHD 30fpsで撮影して静止画で切り出している。

BlackEditionはFOV=wide スーパービュー=off
HDR-AZ1は手振れ補正=off
基本はデフォルト設定で、フルHDで基本的な条件をあわせた状態にある。


GoPro HERO4 BlackEdistion
Black1a.jpg


HDR-AZ1
AZ1a.jpg


SJ5000Plus
SJ5000P1a.jpg


GoPro HERO無印
HERO1a.jpg


画質はHERO4 Blackがずば抜けて良い。
圧縮している画像なのでわかりにくいが、立体感が素晴らしい。
アスファルトのでこぼことか影とかはっきり確認できる。
色合いもかなり自然で、今回比較対象に入れてないがSJ5000wifiとほぼ同じだ。
画角はSJ5000Plus、GoPro HERO無印とほぼ同じでHDR-AZ1より狭い。
ただし、HDR-AZ1はGoProでいうところのスーパービューモードのような状態で、左右の湾曲がかなりあって撮影方法によっては強く違和感を感じる。
光の強い部分、太陽まわりの処理はまずまずでやや白飛びが多く、HDR-AZ1のほうが白飛びをおさえられている。
SJ5000Plusは先日の比較でもそうだったが、白飛びは少ないもののハレーションが多いのが気になるところだ。

GoPro HERO4 BlackEdistion
Black2a.jpg


HDR-AZ1
AZ2a.jpg


SJ5000Plus
SJ5000P2a.jpg


GoPro HERO無印
HERO2a.jpg


室内でもほぼ同じ傾向で、BlackEditionの壁を見るとわずかなデコボコがよく表現されている。


■FullHD 60fpsの動画

多分、youtubeの仕様でChrome以外は30fpsになると思う。
右下の設定でFullHD 60fpsを選んでほしい。

画質はやはりGoProHERO4 Blackが頭一つ抜けて良い。
HDR-AZ1は色合いまずまずだが、ややいろ乗りが悪くボヤけた印象。
SJ5000Plusはくっきり感がHERO4 Blackに匹敵するが色合いが黄色っぽい。

GoProはネイキッドマウントをもってないので、ハウジングケースに入れての撮影だ。
他二つが裸なのに対して、一枚プラスチックを隔てている分、GoProは若干ぼやけ気味になっているが、それで他を圧倒する結果となった。

マイクのテストもしようと思ったんだけど、防水ハウジングに入れたままでこもっているので次回に持ち越し。




曲名:いつまでも
作詞:費許鮑爾 作曲:費許鮑爾 編曲:費許鮑爾
歌:Mandy
台湾のFreeHugの動画で使われていた曲なんだけど、詳細なことがわからず。
ネットだけで活動してそうな感じ?
知っている人いたら教えてください。

■ここまでの総評
他を圧倒する画質で、価格に見合っていると思う。
あとは夜間撮影でどうなるかだ。
フルHD120fpsと4kは他にはない部分なので比較は出来ないがちょっと撮影して遊んでみようかと思う。


HDR-AZ1VRがリモコン付き、HDR-AZ1がリモコン無しの型番なので注意。 このエントリーをはてなブックマークに追加

SJ5000Plus、SJ5000wifiが到着したので、SJ4000と比較!

11月中旬にGeekbuyingで注文していたSJ5000PlusとSJ5000wifiがようやく届いた。

とりあえず速報的なレビューを。

何故かカメラが逆向いているw

P1010708.jpg


付属品はいつも通り。

P1010709.jpg


電源が入らないので何でかな?と思ってみてると、入っているバッテリーにシールが貼られていた。

P1010713.jpg


早速起動。
左がSJ5000wifiで2インチ、右がSJ5000Plusで1.5インチなのだが、2インチである必要は特に無いかなぁ。
SJ5000wifiはSJ4000とほぼ同じ画面で、SJ5000Plusはちょっと違うけど、操作性や項目はほぼ同じなので迷うことは無い。
本体重量はSJ4000より少し重くなっている。

P1010717.jpg


とまぁ、機能的な部分はまた後日詳細を書くとして、みんなが気になっているであろう画質についてだ。
いつも通り、室内と昼の駐車場を撮影してみた。
フルHD 30fpsで撮影したものを切り出している。

■昼の駐車場

SJ5000Plus
sj5000p-1a.jpg


SJ5000wifi
sj5000wifi-1a.jpg


SJ4000wifi
sj4000wifi-1a.jpg


SJ4000
sj4000-1a.jpg

SJ4000wifiは今回は特に青っぽく撮影できてしまった。
普段はここまでひどくはないんだけど。。。

色合いはSJ5000wifiが一番良い。
SJ5000PlusはGoProに近いグレーっぽい感じになった。
次の記事で比較したけどGoProっぽいわけではなく、黄色い感じの画質だった。
画角はSJ4000より少し広くなっており、SJ5000wifi>SJ5000Plus>>SJ4000シリーズといったところか。

■室内

SJ5000Plus
sj5000p-2.jpg

SJ5000wifi
sj5000wifi-2.jpg

SJ4000wifi
sj4000wifi-2.jpg

SJ4000
sj4000-2.jpg

ここでも色合いはSJ5000wifiが一番良い。
SJ4000もなかなかの再現度、SJ5000Plusはまずまずといったところ。

■夜の路地

SJ5000Plus
sj5000p-3a.jpg


SJ500wifi
sj5000wifi-3a.jpg


SJ4000wifi
sj4000wifi-3a.jpg


SJ4000
sj4000-3a.jpg


やはりSJ5000wifiの画質が一番いい。
ノイズも少なく暗い場所もよく撮影できている。
SJ5000Plusはやや明るめというか白っぽいというか、くっきり感が少ない。
また街灯のハレーション?がえらく出ている。
SJ4000wifiは相変わらず少し青いが夜間撮影は優秀。
SJ4000も悪くは無いがノイズが一番多い。


■ここまでの総評
画質は昼も夜もSJ5000wifiが素晴らしい。
SJ5000PlusはGoPro寄りの色合いになっており、SJ5000wifiにはやや劣るように思う。
youtubeにあがっている動画とほぼ同じ傾向で、SJ5000wifiに軍配があがった。


■さわって気づいたこと
後日また書くが、気づいたことを羅列する。

SJ5000Plus
・期待の60fpsは擬似ではなく本物!
・SDXC 64GBは今のところ認識しない。フォーマットかえてテストしてみよう。
・給電しながら撮影は可能だが、ドラレコモードではない場合、給電が途切れると強制的にシャットダウンされる仕様(SJ4000wifiからの仕様)

SJ5000wifi
・SDXC 64GBは今のところ認識しない。フォーマットかえてテストしてみよう。
・給電しながら撮影は可能だが、ドラレコモードではない場合、給電が途切れると強制的にシャットダウンされる仕様(SJ4000wifiからの仕様)


このエントリーをはてなブックマークに追加

» 記事の続きを読む

ラフ&ロード レインスーツRR7807の購入レビュー

5年くらい前に購入したラフロのRR5232というコンパクトなカッパのシールが剥げはじめていたので、昨日のラフロ福袋(1万円で2万円分買える!)でRR7807(1.6万円)を購入してきた。

ラフロ公式サイト レインスーツ


P1010678.jpg

RR7807はラフロで一番高いやつで、何が違うかっていうと表地と防水素材と裏地が圧着されて一枚になっていること。
普通、表地と防水素材が圧着されて、最後にメッシュがあるか、もしくは何もなし、というものが多い。
メッシュがある理由は、縫い目のシームテープと服がこすれて剥がれにくくするためと、汗をかいた場合の肌触りをよくするためで、一般的なカッパの構造だ。
ただメッシュがあるとしまう時にコンパクトにならないという欠点がある。

そこで、コンパクトにするためにメッシュを廃したものがRR5232だったが、案の定3年目にシームテープがはがれはじめて、5年で限界を迎えた。
修復はできなくもないんだけど、とっても面倒そうだし撥水効果もとっくに切れているし、5年も持てばまぁいいか。ということで買い換えることにする。
P1010699.jpg

さて、何を買おうか・・・と悩んで、コンパクトなことはとても気に入っていたけど、同じものではつまらないから構造の異なる、表地、防水素材、裏地全てを圧着しているRR7807を購入してみた。

■サイズ感
身長172cm普通体型でMサイズを購入。
写真を撮影したときはモコモコの服を着ており秋装備レベルになっている。
RR5232よりちょっとゆったりした感じがするが、RR5232はプロテクターをつけたジャケットの上に着るには少し小さかったので、ちょうど良い感じだ。
丈はやや長めになっているので、前傾のきついバイクでもOKだろう。

脱いだり着たりした時、メッシュが無いのでとてもスムーズ!というのが第一印象だ。
メッシュ有りだとメッシュが裏返ったり引っかかったりすることが多く、しかも濡れているので余計に引っかかりやすくてカッパが嫌な原因の一つでもあった。
それが緩和されているのはちょっとうれしい。

P1010680.jpg


■材質
防水素材はデュアルテックスという透湿性のある素材だがデュアルテックス自体は下位製品にも使われているので、特別に高機能なものではなさそうだ。
裏地まで圧着しているという点でゴアと同じような構造になっている。
透湿性の指標がかかれてないが、まぁ一般的なレベルにはあるのかな?

上下とも同じ素材で、普通のカッパより少し厚手。
表地は普通のナイロンで、裏地はゴアっぽいさらっとした肌触りでなかなか良い。
もう少し表地がナイロンっぽくなくできたらいいんだけど、撥水効果を長持ちさせるためには仕方ないのかな?

P1010691.jpg


■機能
襟元のマジックテープの長さは十分で、首が細くても太くてもOK
僕は首が細いのでマジックテープが短いと全然しまらず、首がスースーすることが多くて嫌なんだなぁ。
襟まわりは起毛になっていて肌触りがいい。
背中はベンチレーションがついていて、閉じることは出来ず常に開きっぱなし。
基本は蒸れ防止で換気しているからいいんだけど、一応防寒着としても使うシーンはあると思うのでジッパーで閉じられるようになっていると良いと思う。
フロントにはジッパーが内側にもついていて、ラフロのインナーを取り付けて一体型にすることもできる。(まぁ別に一体型にならなくてもいいけど)

P1010690.jpg

P1010692.jpg


しぼりは必要な部分に必要なぶんだけついている。
腕、腰、ふとももの3箇所がマジックテープで、腰周りはゴムコードを引っ張ってしぼれば高速でもばたつきが抑えられて快適そう。
特に腰まわりがゴムコードというのは嬉しい。
以前、ホームセンターの安いものを使っていた時は腰周りが紐で、どんなにきつく縛っても高速を走るとずり上がって背中が寒いし濡れるしで困ったことがあった。
ゴムコードならがっつり引っ張っておけばずり上がることがなくて安心だ。

腕はゴムのシャーリングではなく、マジックテープのみで締めるようになっている。
好みの問題ではあるけど、ゴムのシャーリング+マジックテープが良かったなぁ。

P1010684.jpg

P1010686.jpg


■収納
付属の袋に入れると、そこそこコンパクトにおさまる。
左は普通のメッシュ有りタイプ、真ん中が今日買ったRR7807、右が最小サイズのRR5232、比較のスマホはソニーSO-03D 4.3インチ。
最小サイズのRR5232を100とすると、本製品が130、普通のメッシュ有りが150くらいかな。

P1010705.jpg


■長所
そこそこコンパクト
耐久性がある(まだわからないけど)
肌触りがいい
脱ぎ着がしやすい
ばたつきを抑える機能が十分


■短所

手首がゴムのシャーリングではない(好みによるけど)
やや素材が硬い


■総括
ゴアテックスのレインスーツは最低でも3万円くらいはすることを考えると、ゴアほどの透湿性はいらないけど脱ぎ着しやすい、肌触りがいいもの欲しい、という人にはちょうどいいと思う。

それと今回比べて改めてわかったのは、RR5232が圧倒的にコンパクトなこと。
今はサイドバッグや大型のリアボックスをつけているので、荷物の量はあまり気にしないのだけども、積載性が少ない場合はRR5232がおすすめだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラフ&ロード 初売りセールでバイク用クルーズコントロール?グランドツアー アクセレーターロックシステム・エボを購入

ラフロ川崎店にいる友人へ新年の挨拶をしに行ってきた。
初売りセールってなってるけど特に何も見てなくて、まぁ挨拶とバイク用クルコン?があれば買いたいなーくらいの気分だったんだけど、開店10分くらいで到着すると、ラフロ用品2万円分を1万円で購入できるっていう福袋?があったので、何も考えず購入。

これ、ようは税込み10800円でラフロの用品を定価21600円分を購入できるってもの。
あくまで定価の2万円分なので、どうせ購入するなら割引率の低いものをこの際購入すればお得ということになる。
各店舗20個らしく、残っていれば明日もまだ買えるかも?

DSC_0787.jpg

ゲットしたはいいものの、特にこれといって今欲しいものがなくて、とりあえず買わずに帰ってきてしまった。
明日も用事があって近くに行くので、今から何を買うか考えよう。。。
僕はウェアやプロテクター、バッグ類など、用品はほとんどラフロ製品で揃えている。
今度、大量にあるラフロ製品のレビューでもしようかな。


友人に挨拶して、目的のバイク用クルコン?を購入してみた。

グランドツアー アクセレーターロックシステム・エボ というえらく仰々しい名前だが、単純にスロットルを固定するだけのもので、車の電子スロットを操作するようなものではなく速度をコントロールしてくれるわけではない。
手のひらでスロットルをおさえるラフロのスロットルロッカーだけでも十分楽なんだけど、やっぱり高速を走っている時にちょっと右手を離してストレッチをしたい。と思う時はあって、そういうときに便利だなと思い購入してみた。
グリップの太さにあわせて2種類あるが、日本車なら細いほう(22.2φ)で良い。
グリップ外径30mm~34mmに対応しており、普通のグリップが30mm、定番のkijimaグリップヒーターが34mmくらいだ。

グランドツアー公式サイト

DSC_0790.jpg


今日はDio110で行っていたので、とりあえずDio(kijimaグリップヒーター)に取り付け。
付属のシリコンラバーをグリップに巻いて、レバーを開いてグリップに挟み込むだけでOK
※VFRに取り付ける予定なのでシリコンラバーはつけてない。
シリコンラバーはグリップの磨耗を防ぐためなので、ちょっとの使用であればつけなくても問題は無いと思う。
ハンドカバーに少し接触するけどテストで使うくらいは大丈夫だった。

DSC_0788.jpg


使い方は、アクセルを回して維持したい開度の時に、人差し指でレバーを押して、ブレーキにあてるだけの簡単操作。
後は手の力を抜いてフリーにしておいてもスロットルは固定される。
結構摩擦が強いようで、何もしなければ勝手に戻ることは無かった。

DSC_0792-2.jpg


戻すときはそのままアクセルを戻せばOKだが、当然だけどちょっと力を入れないと戻らない。
戻すという操作を意図してやらないといけないので、今までに無い操作で慣れが必要だ。


DSC_0796.jpg

試しに走行してみたところ、なんとも不思議な感じがするw
車のクルコンもそうだけど、慣れるまでは勝手に進むというのが気持ち悪く感じるかもしれない。
DioはAT車なので、信号スタートから一定の開度で設定をして放っておくだけで良く、幹線道ならそこそこに使えそう。
マニュアル車の場合はギアチェンジに時間がかかることを考えると、高速とか夜の幹線道とか北海道くらいでしか使えるシーンはないだろう。
レバー自体は思ったより邪魔にはならず、使わないときも特に指にかかるといったことはなかったので、ツーリング中は付けっぱなしで良さそうだ。


ものはただのプラスチックなので500円程度で買えそうな感じだが、3000円という値段はアイディア料といったところか。
まぁ<目からうろこ的な画期的なものなのでこの価格も致し方なしか。
しばらく長距離の予定はないがとても楽しみだ。


記事の途中で少し書いた、スロットルロッカーもおすすめ。
高速で握りっぱなしだと案外握力を使うもので手が疲れてしまう。
スロットルロッカーがあれば手のひらで押えるだけで良く、今はもうこれがないといけない!っていうくらい必需品になっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

榛名山で極寒の初日の出、榛名神社で初詣!

  •  投稿日:2015-01-01
  •  カテゴリ:遠出
あけましておめでとうございます。
今年も一年、よろしくお願いします。

早速だけど、嫁と嫁友達との3人で榛名山へ初日の出を見に行ってきた。
※走行写真はSJ4000wifiで撮影しています。
 SJ4000wifiレビュー記事
※その他の写真はCanon PowerShot S120。素人でもフルオートでそれっぽく撮れる優れもの。

Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK)
by カエレバ



午前3時に横浜の自宅を車で出発し、第三京浜→環八→練馬インター→関越→駒寄PAのスマートICで降りて、県道15号→県道33号でのぼる。

午前3時30分頃の環八は当然だけどとても空いていて20分くらいで練馬インターについた。
いつもこれくらいならいいのに。

2015_0101_034436_093.jpg


駒寄でおりて県道33号でぐんぐんのぼると、伊香保温泉を過ぎたあたりから雪が見え始め、頂上付近はほぼ凍結していた。
さすがにもう夏タイヤでは危険なレベルだが、スタッドレスをはいているのでスイスイと走れる。
スタッドレスは3年目のヨコハマタイヤ IG50で、8部山くらい。
IG50は経年劣化が少ないと評判で、よく洗って乾燥しないようにして室内で保管していたのでまだまだグリップ力を発揮しているので、あと2年はいけそうだ。

2015_0101_055049_469.jpg


途中2回軽く休憩して、午前6時にロープウェー駐車場に到着。
駒寄PAから一般道に下りて、安全運転で1時間程度だった。
駐車場は広くてかなり余裕がある。

IMG_1275.jpg


チケットを購入するのに10分くらい、乗るのに10分くらい待たないといけない。
日の出時間が6時55分くらいなので、6時10分くらいから並べば十分だろう。

IMG_1279.jpg


ロープウェーで登ると、既に100人くらい?の人が撮影ポイントをおさえていたけど2列目は確保できたのでよかった。
今回はロープウェー乗り場すぐの展望所からみたけど、歩いて5分くらい登った場所にある榛名富士山頂で見ることもできる。

夜明け前の夜景。
IMG_1284.jpg


マイナス8度くらいの極寒の中、待つこと20分。
雲が少しかかっていたけど綺麗に見えた。

IMG_1337.jpg


中央の奥に雪に覆われた富士山が見えて二度美味しい気分だ。

IMG_1342.jpg


なんとも美しい雪化粧の山々を見渡せる。

IMG_1343.jpg


日の出を見たあと、山頂の祠?をお参りして戻ると帰りのロープウェー乗車待ちがひどいことに・・・。
30分くらい待ってようやく乗ることが出来たんだけど、帰りのロープウェー待ちを考えれば山頂付近で初日の出を見てすぐにロープウェーに乗った方が良かったと思う。

IMG_1348.jpg


駐車場へ戻り、次の目的地の榛名神社へ向かう。
県道33号は全体的に凍ってはいるものの砂がまかれていて走りやすかった。

2015_0101_080104_036.jpg

ロープウェーからゆっくり運転で15分。
8時頃に榛名神社の駐車場に到着する。
33号近辺にも参拝者向け無料駐車場が複数あってまだ半分も埋まっていなかった。
一本道の坂の手前においてしまったが、スタッドレスをはいているなら坂の上の駐車場まで行ってもいいと思う。
帰りの9時でもまだ余裕があったので10時くらいまでなら余裕がありそうだ。
榛名神社は参拝者に対して駐車場が圧倒的に不足しているため、連休の昼間などは駐車場待ちの大渋滞になる。
ロープウェーで初日の出をみて、その足で参拝するとスムーズで良いだろう。

IMG_1350.jpg


榛名神社はとても雰囲気のある場所で、切り立った岩と川、雪化粧がまた良い雰囲気をかもし出している。
入り口から徒歩15分くらいで本殿に到着。
途中、長い階段もあるので歩きやすい靴でくるといいよ。

IMG_1353.jpg

IMG_1362.jpg

本殿で参拝したあとおみくじをひく。
途中にある御神水につけて見てね。っていうやつで、戻る途中の御神水につけると文字が浮かび上がると、なんと!すごく久しぶりに大吉を引いた。
昨年は大変なことばかりだったので、今年は良い事があるかもしれない。

IMG_1369.jpg


9時頃に車に戻り、県道33号を下る。
少し凍結があるものの、砂がまかれておりぎりぎりなんとか夏タイヤでも走れそうな感じだったけど、チェーンかスタッドレスのどちらかは無いと危険だと思う。

2015_0101_091616_260.jpg


次の目的地、榛名神社から40分くらいの場所にある世界遺産に登録された富岡製糸場へ到着。
正月なので生糸の生産実演はなかったが、資料は全て見ることができた。
僕は幕末~昭和初期の戦前戦中の歴史が好きで、いろいろな資料館や史跡を巡っている。
富岡製糸場ももちろん昔から知っていたし、いろんな資料を見たりネットで調べたりしていたけど、世界遺産に登録されるまでは素通りだった。
ミーハーと言われても仕方ないね・・・w

IMG_1385.jpg


模範工場となるべく奮闘した記録と、フランス式の繰糸器や職人の手によるレンガ造りの繰糸所、女工達が寝泊りした寄宿舎など、当時を思わせるものが綺麗な状態で保存されている。
ただ、見れる場所はとても少なく、歴史に思いをはせられる人でなければ退屈かもしれない。

IMG_1381.jpg

IMG_1383.jpg


この後、適当にご飯食べたり休憩したりして関越に乗って16時に帰宅。
嫁の実家へ挨拶に行って帰ってきたところだ。
榛名山からの見晴らしは素晴らしかったし、初日の出も拝めて今年は良い一年になりそうな気がする。 このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー