2015年04月の記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

月別アーカイブ:2015年04月

2015年04月の記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2015-04-29 B+com
先日の記事の直後にメディアサーバーが出荷されたらしく、昨日ラフロに入荷していたけどツーリングに出ていたので今日、いつものラフロ川崎店3Fでゲット!SYGN HOUSE(サインハウス) B+COM(ビーコム) MS-01 Media Server ブルートゥースメディアサーバー 00077558posted with カエレバ SYGN HOUSE(サインハウス) 2015-04-10 Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す早速メディアサーバーを開封!本体、同梱品確認同梱...

記事を読む

2015-04-26 遠出
ラーツーしてぇ・・・・本当は昨日(土曜)、南関東では有名な埼玉の大名栗林道へ行くつもりだったが、金曜夜に仕事が全然終わらなかったので土曜は朝から夜まで仕事。今日はフリーなんだけど明日からまた忙しいのに、休日に疲れては仕事が終わらない=次の休みが無くなるという最悪なループから脱出しようということで、かるーく走ることにした。XTZも納車されて2週間たつのに、まだ5kmくらいしか走ってなくて、調子の良し悪しす...

記事を読む

2015-04-14 バイクの改造
ある日曜の朝。ピンポーン宅配でーす。はいはーい。えっと、ここにサインすればいいんですね。じゃ、これ置いていきます。っていう夢を見て目が覚めたんだ。そしたら本当に庭にバイクが一台増えているではないか・・・そう、超レアな重慶ヤマハのXTZ125が!というわけで、以前から欲しくて欲しくてたまらなかったXTZ125がやってきた。いったい何台買うんだ・・・って言われまくっているが今回で最後。昨年は長期出張と深夜残業と徹...

記事を読む

2015-04-07 海外通販
中華ウェアラブルカメラの海外通販は、SJCAMならFoxoffer、その他もろもろならGeekbyuingが安心安全安価で十分満足していたけど、どうやらXiaomi Yi の防水ハウジングはBanggoodが最安値のよう。今までトラブルが多いとうわさのBanggoodには手を出さなかったが、まぁ安いもんだし試しにBanggoodで買い物をしてみたので記録する。で、SSとって進めていると防水ハウジングはまだ在庫がなく注文ができなかったので、別製品で進めてみ...

記事を読む

2015-04-05 遠出
実家の愛媛に帰宅していたので、15年ぶりくらいに実家から徒歩10分の頓田川(とんだがわ)へ夜桜を見に行ってきた。関東には桜の名所として有名な場所がたくさんあるが、ぶっちゃけ頓田川のほうがすごいと思う。でも、頓田川は今治内ではさすがに有名だけど、今治以外ではほとんど知られてない。うーん、全国でも有数のレベルなんだけど、知名度は抜群に低いんだよね。見よ!この桜並木を!ここ何がすごいって、川沿いに約2km、200...

記事を読む

サインハウス メディアサーバー MS-01 レビュー 動画有り

  •  投稿日:2015-04-29
  •  カテゴリ:B+com
IMG_20150419_114700.jpg

先日の記事の直後にメディアサーバーが出荷されたらしく、昨日ラフロに入荷していたけどツーリングに出ていたので今日、いつものラフロ川崎店3Fでゲット!



早速メディアサーバーを開封!

本体、同梱品確認


同梱されているケーブルは以下の通り。

・4極ミニプラグケーブル
・microUSB-ステレオミニプラグケーブル
・microUSB充電ケーブル
・ファームアップデート用microUSBケーブル

その他
・予備の防水キャップ
マジックテープ

P1070364.jpg


4極ミニプラグケーブルがあればナビ案内やオーディオの入力は可能。
もし二つ接続してミックスさせたい場合は、アマゾンなんかで安価に売られている、オス-オスの3.5mmステレオミニプラグを一つ用意すればいい。

キャップ類は取り外してしまうと間違いなくどっかいってしまう。
というか防水云々はどうなってんのこれ?と思ってマニュアルを見ると、以下のように記載があった。

~~~~~~~~引用~~~~~~~~
本製品は水中使用は保証しておりません!
本製品は防水構造となっており高い防水保護性能を有していますが、
3.5mmポート及び、microUSBポート内部に侵入した水分を長時間放置すると、
端子が劣化し、接触不良の原因となる可能性があります。
そのため、使用していないポートは付属の保護キャップを装着してご使用ください。
~~~~~~~ここまで~~~~~~~

ってことは、ケーブル接続していれば防水OKってことね。
ポートのまわりをよく見ると、ゴムのパッキンになっていて、強めにケーブルを差し込んでゴムと接することで防水性を確保しているようだ。
なので、ケーブルを接続するときはちゃんと確認しよう。


アンテナは出したりしまったりできる。
P1070374.jpg



ボタン操作


本体ボタンは音量上げ、音量下げ、選択、Callの4つ。

P1070359.jpg

●電源オン、オフ
音量下げ+Callボタン3秒長押し

●リセット
電源オフ状態で、音量上げ+Callボタン5秒長押し

●ペアリング
SB4XはモードBに変更する。(電源オン状態でメインボタンを押して上にして3秒くらいで電源が落ちて、再起動時にモードBと言えばOK)
選択ボタンで①②③のいずれかを選んで、Callボタンを5秒長押し。
B+comの通話ボタンを長押ししてペアリングモードにする。
メディアサーバーのCallボタンを押す。

●一斉呼び出し
Callボタンを1回押す

●一斉終話
Callボタンを2回押す

操作はいたって簡単。
手元にあるSB4Xでペアリングをしたが、非常にスムーズにできるし安定している。


有線接続機器


P1070354-2.jpg

・左 マイク対応の4極プラグ。
 4極対応のスマホなんかをつなぐとステレオ入力とアナログ出力に対応するので、スマホの通話とかもできるらしい。

・真ん中 3極ステレオミニプラグ
 普通に音楽とかナビ音声を入力するためのポート。

・右 microUSB
 充電、音声出力、アップデートの3用途。
 3.5mmステレオミニプラグ出力用のケーブルは付属しているが、GoPro用のものはオプションでまだ出ていない。


設置場所


Stationもメディアサーバーも、接続はインカムからせず本体からCallしたほうが安定するよ。
って記載があるが、かれこれ3年くらいStationはリアボックスに入れてモバイルバッテリーからまる一日給電しっぱなしにし、接続は全てインカムから行っているが問題は無い。
防水性も確保されているし外に出してもいいんだけど、簡単に盗まれるようなものだしボックスでの運用をするつもり。


その他


給電しながらの使用は不可。
microUSBから給電すると電源が落ちた。
ただし内蔵バッテリーだけで9時間となっているし、充電時間もモバイルバッテリーから2時間で満タンになるのでまぁいいか。

メディアサーバーに接続してさらにチェーンはできるのか?


構成1
メディアサーバー構成
3台をメディアサーバーに接続する。
次に、Evo②からSB4X①へ接続する。
SB4X①とEvo②はノイズが大幅に増えるが通話は可能。
音楽は聴けないことはないが、ナビの音声案内だけのほうが良さそう。
チェーン接続をしていないSB4X②とEvo①は特に音質の低下やノイズが増えるといったこはない。
メディアサーバーを別の部屋においてドアを閉めても結果は変わらなかったので、距離はそこそこいけそう。



構成2
メディアサーバー構成2
2台をメディアサーバーに接続する。
次に、Evo①とEvo②をSB4Xへ接続する。
結果は構成1と同じ程度で、全機でノイズが大幅に増えるがEvo①とEvo②間の通話は可能。
ラグを感じることはなかった。
音楽は聴けないことはないが、ナビの音声案内だけのほうが良さそう。


■結果


できなくはないけどかなり厳しい。
実際その後、ツーリングで試したけど、5分で切れるので現実的ではなかった。
もう少し接続できる人数が多いといいんだけど、残念。



走行レビュー


vlcsnap-2015-04-29-20h39m39s66.jpg


構成


メディアサーバーとSB4Xを2台、SB213evoを1台の計3台をリンク。
スマホで音楽をならしてメディアサーバーの音声入力へ。
メディアサーバーの音声出力をモバイルアンプで増幅し、SJ4000を改造して増設したマイク入力端子へ。
※SJ4000はアンプを内蔵してない状態のため別途モバイルアンプが必要だが、ソニーやGoPro等のもともとマイク入力端子を備えているものは、一般的にアンプを内蔵しているため不要。

カメラマウントはタンクマウントだがちょっと適当なのでブレが多い。
もう少し工夫したい。

メディアサーバーテスト構成


ナビとの接続でノイズ発生


本当はナビ(ユピテルMCN45si)の音声出力をメディアサーバーに入力したかったが、どうやら車体から電源をとっていることが原因でノイズがのりまくってだめだったため、今回はスマホで音楽を流した。

後日確認したところ、ユピテルのMCNシリーズとの有線接続はコネクターを絶妙な位置でとめないとまともに音が入力されず、スカスカな音になることが判明。
この問題はStationの時もそうで、他の機器と接続するとどちらも全く問題がないので、相性問題と思われる。
対策として、100円ショップで短い延長ケーブルとかコネクターを2つ購入して、その2本のケーブルを絶妙な位置で接着剤で固定してしまえばOK!


動画は以下参照。
FullHDでアップしているので設定で変更すれば高画質になるよ。



最後のほう、2分19秒あたりからエンコードの失敗でFPSが落ちてカクカクしています。



通話音質


SB4X同士またはevo同士の1対1に比べると劣るが、3台チェーンをしたSB4Xとほぼ同じくらいの音質で、Stationより明らかに音質が良い。
そこそこクリアなため、音質が原因で聞き返すようなことは無くなった。


通話距離


自分が真ん中で前後に他メンバーがいるようにすれば、市街地だと概ね前と後ろにそれぞれ100m、田園風景だと200m、はなれても実用範囲で通話可能。
山間部では2コーナー分のブラインド状態になってもそれなりに通話できる。
間に木、山、車、トラック等が入っても結構通話できるので障害物には強くEvo 2台接続以上、SB4X 2台接続以下という感じ。
ただし、市街地ではノイズがそこそこのってしまいEvo 2台接続以下という印象。


安定性


一度も切れることはなく非常に安定している。


通話品質の総評


トータルでは SB4X 2台接続 > Evo 2台接続 ≧ メディアサーバー ≧ SB4X 3台接続 >> Station 4台接続 > Station 5台接続 > SB4X 4台接続 > Station 6台接続

※同じ条件で試しているわけではなく、あくまで実感であることを留意いただきたい。


音声入力の音質


今回はナビを接続させると車体から電源をとっているためノイズがのってしまったため、スマホで音楽を流している。
本当ならナビの案内音声を聞きたいのだけども、今後の課題となる。

2015/5/2 追記
ステレオ延長ケーブルの問題だったので解決済み!

スマホから音声入力だが、所詮インカムのプロファイルを通した状態なので、劇的な音質向上とは言えないが、Stationと比べて以下の点が改善したので◎をつけたい。

・音量がほぼ一定となった(Stationはノイズフィルターの影響か音量が大きくなったり小さくなったり不安定だった)
・低音がそこそこ響くようになった
・高音のシャリシャリノイズが大幅に軽減された


音声出力の音質


今回はカメラにアンプが内蔵されてないためモバイルアンプを使った。
丸一日どころか多分5日くらい連続稼動もできるらしいので、一回充電しておけばロングツーリングでも十分そう。

当然だけどインカムで聞いた音質がほぼそのまま録音できる。
ただインカムの場合はスピーカーの性能の限界があって、音楽の低音はここまでは聞こえていない。
それと今回はモバイルアンプの音量を少しあげすぎて、大きな声を出した時に音が割れているので、音量を下げればもう少し聞き取りやすい音で録音できると思う。


総合評価


通話品質は市街地でやや弱さがあるものの概ね期待通り。
音声入力は音質面ではまずまずだが音量がほぼ一定となったことが大きく、「音楽を全員で聴く」がぎりぎりOKなレベルとなった。
音声出力は期待通り。
接続人数が3人までと限られるものの、録音と音楽共有が可能になった点はとても満足。

3人まででOK!という人にはおすすめだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

XTZで林道ラーメンツーリング!神奈川県秦野市 戸川林道2回目!

  •  投稿日:2015-04-26
  •  カテゴリ:遠出
IMG_0352.jpg

ラーツーしてぇ・・・・



本当は昨日(土曜)、南関東では有名な埼玉の大名栗林道へ行くつもりだったが、金曜夜に仕事が全然終わらなかったので土曜は朝から夜まで仕事。
今日はフリーなんだけど明日からまた忙しいのに、休日に疲れては仕事が終わらない=次の休みが無くなるという最悪なループから脱出しようということで、かるーく走ることにした。

XTZも納車されて2週間たつのに、まだ5kmくらいしか走ってなくて、調子の良し悪しすらわかってない。
かわいそうだ・・・・
行き先はKLX125を購入して初めて行った林道と同じ戸川林道。
そのときの記事は 神奈川県 丹沢-道志 KLX125で林道ツーリング をクリック。

ルートはこんな感じだけど、戸川林道付近をいくつか散策している。

戸川林道2015



朝はゆっくり10時に出発。
GW直前だけど日曜の下りだからさほど混んではなく、そこそこのペースで国道246号を走る。

ちなみに写真はXiaomi Yi をチェストマウントして動画撮影したものを切り出している。
Xiaomi Yi のレビュー記事はこちらを参照。
小米(Xiaomi)シャオミ Yi アクションカメラレビュー 昼編

マウントは3点式を使用。
一般的な4点式より少しブレやすいが、着脱が楽なのでメインに使っている。
GoPro HD Hero2 / Hero3 /Hero3+ 3点式 チェスト・ハーネス・マウント
by カエレバ



途中、座間2りんかんに寄ってみると、KOSO&KN規格のかっこいいグリップヒーターが安くなっていたので購入。
先日VFRのスポーツグリップヒーターをキジマのにかえたんだけど、スロットルパイプの根元を削らずえいっと適当に接着したら、5mmくらいはみ出してバーエンドがはまらなくなってしまったのだ。
アクセル側って外すの難しそうだし、グリップパターンがイマイチ気に入らないので、壊れるのを覚悟で外して、もし壊れたらKOSOに入れ替えてしまおう。という魂胆。
後日、時間ができたらチャレンジしてみようと思う。
vlcsnap-2015-04-26-20h05m52s234.jpg


とことこ進むこと1時間30分。
戸川公園脇を抜けて林道へ突入。
戸川林道は約5kmで2輪駆動の車でもスクーターでも走れるくらいのお手軽ピストン林道。
奥にはキャンプのできる場所にもなっていて、人はそれほど多くないのでのんびりできる場所だ。

vlcsnap-2015-04-26-20h07m58s237.jpg


10分ほど走ったところ、竜神の泉でラーメン用の水を水筒に入れる。
直接飲んでみたいけど要沸騰らしい。

vlcsnap-2015-04-26-20h11m25s8.jpg


鼻歌交じりで進む。
そういえば前にKLXできた時はハンドルをとられることが多かったけど、フロント21インチの威力は大きくほとんどハンドルをとられることはない。
タイヤはオン寄りなので砂利をつかみそこねる事があるが、フロント21インチはやっぱり安定感があっていいね。
ここはまだ走りやすいけどもう少しがれた場所に行くと違いをもっと感じられるかもしれない。

vlcsnap-2015-04-26-20h17m48s227.jpg


3日前に雨がふったせいか水溜りもあった。
せっかくのオフ車だ。豪快にびしゃーーーーっと。
やった後に洗うの面倒だな・・・・まぁ放置すっかw
ってことでとりあえず今日は洗ってなくあて泥だらけだw

vlcsnap-2015-04-26-21h19m56s156.jpg


20分くらいで終点に到着。
さっそくジェットボイルを使って湯を沸かそうとしたが、割り箸を忘れたことに今更気づく。
すぐ近くに作治小屋という山小屋があるので、何かおかずを購入して割り箸をいただこうかと思って聞くと、売り物は飲み物しかないけど、今昼食作ってるから持って行ってラーメンと一緒にお食べ。
と、炊き込みお握りと野菜炒めをいただいてしまった。

IMG_0366.jpg

IMG_0350.jpg


作治小屋からキャンプ場を見るとこんな感じ。
奥にはトイレもある。
車の大半はハイカーでキャンプしている人はほとんどいない。
戸川公園のキャンプ場はすごく混雑しているのに対し、GWでこれだけ空いているんだから、やるなら絶対こっちのほうが良いと思う。

IMG_0369.jpg



いただくだけでは心苦しいのでコーラを購入してキャンプ場に戻る途中、なんか音がする!って思ってみるとヘビ発見~!
威嚇してたのかシッポを高速でふるわせてカシャシャシャ・・・って鳴らしてた。こえぇっすwww
そういや、中学生のころ通学路脇の水路によくヘビがいて同級生が捕まえてたけど、どうもヘビは苦手で素手で掴んだことはないんだよなぁ。
まぁそれが普通だよね・・・。
うんw

IMG_0373.jpg


さっそくジェットボイルでさくっとお湯を沸かしてカップラーメンを作る。

IMG_0352.jpg


野菜炒めをカップラーメンに入れて完成~。
汁が少ないのはジェットボイルをあらったりしてたら水が少なくなったからw
何の用意もしてなかったけどちょっと贅沢な昼ごはんになって満足!
本当にありがとうございました。
今度来る時は何か持ってきます!

IMG_0361.jpg


ご飯を食べたら午後2時になっていたので、付近の林道を散策して帰ることにする。

戸川林道付近


戸川林道の途中に表丹沢林道というヤビツ峠付近に抜ける道があるが、ゲートがしまっているし他の人のブログを見ると全面舗装路でこれといって見所はなさそう。

vlcsnap-2015-04-26-21h31m02s175.jpg


次に戸川林道と並走する林道(茶色)に入ってみるが、ここも表丹沢林道につながっていてゲート(黄色)があって行き止まり。
すんげえ急坂で面白いけどそれだけなのが残念。
ゲート脇からいくらでも入れる感じだったので、ちょっと様子をのぞくとこんな感じ。
かなり標高の高いところまで行き、眺望は悪くないが舗装路だしそんなに楽しいわけでもなさそうだ。

IMG_0384.jpg


この後はおとなしく17時頃に帰宅。
今回はじめてXTZでまともに走ったけど、KLX125と比べると明確に異なる点が多く、長所と短所がはっきりとしている。
どっちもコストをかなりおさえているので潔く捨てている部分があるのはわかるが、足して2で割ったようなバイクがあるといいんだけどなぁと思った。

でも僕はXTZのほうが好みなのは間違いない。
この2台で迷っている人も多いと思うので後日比較レビューを書きたい。

さて、明日からの仕事をがんばればGWはちゃんと休めるかもしれない。
うん、がんばろう。 このエントリーをはてなブックマークに追加

中国ヤマハ XTZ125が納車された!

ある日曜の朝。


ピンポーン
宅配でーす。



はいはーい。
えっと、ここにサインすればいいんですね。



じゃ、これ置いていきます。



っていう夢を見て目が覚めたんだ。
そしたら本当に庭にバイクが一台増えているではないか・・・
そう、超レアな重慶ヤマハのXTZ125が!

P1070267-2.jpg


というわけで、以前から欲しくて欲しくてたまらなかったXTZ125がやってきた。
いったい何台買うんだ・・・って言われまくっているが今回で最後。
昨年は長期出張と深夜残業と徹夜残業と休日出勤ばかりで何もやる気が起きなかったが、先週ようやく4つのうちの長期出張が短期出張に切り替わることが決定し、テンションが上がっている。ので、勢いで買ってしまったんだ!
と、言い訳にもならない事を言っておこう。



では、XTZ125なんてしらねーよ!って人がほとんどだと思うので簡単にXTZ125の歴史を紹介。
XTZまとめwiki、2chのXTZスレを参考に自分なりの解釈で書くので、間違っている点もあると思う。
プレスト時代はあったものの、今は並行輸入のみで情報が非常に少なく謎が多いのだ。


■■■2016年3月18日 追記 ご注意ください!■■■
以下の情報は販売店を通して輸入代理店から得た情報ですが、大幅に間違っている可能性があります。
2013年のフルモデルチェンジ以降のモデルに12.5馬力仕様は無く全て9.8馬力。という情報が2sh XTZスレでは主流のようです。
当ブログで不確実な情報を拡散させてしまい大変申し訳ございませんでした。
不確実な記事を掲載してしまった経緯につきましては、本記事のコメント欄をご参照ください。
XTZの情報が必要な方は他サイトで情報収集していただければ幸いです。




■2003年 ブラジルで生産し販売開始

排気量125cc、馬力12.5ps、トルク11.6Nm、F21インチ/R18インチ、空冷単気筒のフルサイズオフ車。
リアブレーキがドラムだったり、開放式バッテリーだったり、灯火類が交流だったり、キャブ(VM20SS)だったり、とにかくコストダウンされているけど、派手にジャンプするようなコースでもなければ、普通に林道くらいは走れるよ。っていう感じの、お手軽オフロード車。
でも、このクラスとしては珍しくバランサーを搭載しており振動が非常に少なく、燃費が良く、タンク容量も大きいため長距離走行に向いている。
エンジンは2000年からブラジルで生産し、好評を得たことで世界戦略車となったYBR125がベースとなっている。
環境規制のゆるい当時としては、平均的な性能だったようだ。

XTZ125.jpg


■2004年 ヤマハの逆輸入車を扱うプレストが取り扱い開始

車体価格25万~30万、乗り出し30万~35万程度で、安価な125ccフルサイズオフ車として、ひそかに人気となる。
2008年まではカラーリングの変更のみ。


■2009年 ブラジル国内環境規制に対応

VMキャブ(VM20SS)からCVキャブ(BS25)に変更となり、馬力10.9psに低下する。
プレストが取り扱いを停止したため、2014年で次モデルが入るまでは2008年モデルがしばらく輸入される。


■2013年 フルモデルチェンジをし中国の重慶ヤマハで生産開始
主な違いは、ヘッドライトなどスタイリッシュなデザインへの変更、灯火類が全て直流へ変更、キャリア標準装備の3点だが、仕向地によって性能が大きく違う。

大きく分けてブラジル向け、メキシコ/コロンビア向け(フィリピン向けも同じ?)の2つの仕様があり、ブラジル向けはさらにパワーダウンするが、メキシコ向けは2008年以前のモデル同等の性能を発揮。
2014年からメキシコ向け(コロンビア向け?)モデルが国内に入ってきたので、国内では2014年からという認識になる。
輸入代理店ははっきりしてないがプレストではない。


ブラジル向け 馬力9.9ps トルク9.8Nm キャブ:BS25
ブラジル ヤマハのサイト

メキシコ向け 馬力12.5ps トルク11.5Nm キャブ:VM20SS 又は MV28
※メキシコのサイトではVM20SSと記載。コロンビア向けがMV28?
※2chではマニュアルにMV28と記載があると多数報告有り。
※販売店を通して代理店へ確認すると、MV28と記載のある車体は12.5馬力仕様と回答有り。
メキシコ ヤマハのサイト


■2015年 新環境規制EU3対応で馬力/トルクが低下
輸入代理店のアトラスが取り扱いを開始。
BS25キャブとキャタライザーでEU3に対応、キャブヒーターで冷却状態の安定性が向上。
仕向地はなくなり全て統一される。
南米向け、中国国内向けがあることが確認されており、エンジンやサス、フレームといった重要部品の違いは無いとのこと。
(販売店から代理店へ確認済み)


馬力9.6ps トルク9.9Nm キャブ:BS25
アトラスのサイト




昨年8月にKLX125を購入した時に悩んだけど、まぁ欲しくなったらそのうち買えばいいや。
って思ってたら、2015年になってまさかのスペックダウン。
キャブヒーター装備というプラス要素はあるものの、この車重でこの馬力、トルクダウンは影響が大きそうだと思い、新車は既にないので中古で探し回ったところ、遠距離で実際見に行くことができなかったけど、写真を大量に送ってもらって思い切って購入に踏み切った。
数百キロの新古車で傷も曲がりもなく、総額で新車の3割引で購入できたのはラッキーだった。


■本当に新型の12.5馬力仕様?
まず、12.5馬力仕様であることの条件は、キャブがミクニのVM20SSかテイケイ(TK)のMV28であること。
国内に入っている12.5馬力仕様はどうやらMV28のみのよう。
マニュアルにキャブ型番が記載されているという報告もいくつかある。
次にヒントとなるのが、メキシコやコロンビアなどのスペイン語圏向けであることだ。


僕のは2014年登録でマニュアルはスペイン語。
メキシコ/コロンビアはスペイン語圏、ブラジルはポルトガル語圏なので、この時点で可能性は高い。

ただし、2chでマニュアルに記載があると書かれていたキャブ型番(MV28)の記載は無い。
キャブを見る限り、キャブヒーターもついてないし形状も全く違うので、2015年のMIKUNI BS25ではないのは間違いないが、MV28はテイケイという非常にレアなメーカーで、さらにXTZがレアで、さらにさらに2014年の1年間だけ販売されたモデルなので、外観でMV28とわかるような画像がない。
TKという刻印はあるのでテイケイなのは間違いなが、テイケイのサイトを見るとMV28の情報が無いのでやはり確証がもてない。
MV28はTW200の後期モデル?に搭載されていたので多少の情報はあるが、あまり参考になるものがなかった。
確率的には極めて高いけど、決定的な証拠は無い。
という感じだ。

さっさと乗って自分が満足するか否かが大事なんだけど、気になるものは気になるのであるw


マニュアルの後半 8-1にMV28と記載があったので確定!ひゃっほ~い!

後日、この辺の情報を整理してみようと思う。


まぁそんな経緯あってやってきたXTZ125!
KLX125とXTZ125の二台あれば嫁と林道に行けるね!Dio110で行った時はめっちゃしんどかったんだよ・・・・愛鷹林道の記事
ってことで今年は林道探索をせっせこ積み重ねていきたいと思う。

■KLX125との簡単比較レビュー
XTZ125 KLX125 簡単に良い点、悪い点の比較!

P1070276-2.jpg このエントリーをはてなブックマークに追加

【海外通販】 Banggoodでの購入方法

中華ウェアラブルカメラの海外通販は、SJCAMならFoxoffer、その他もろもろならGeekbyuingが安心安全安価で十分満足していたけど、どうやらXiaomi Yi の防水ハウジングはBanggoodが最安値のよう。
今までトラブルが多いとうわさのBanggoodには手を出さなかったが、まぁ安いもんだし試しにBanggoodで買い物をしてみたので記録する。

で、SSとって進めていると防水ハウジングはまだ在庫がなく注文ができなかったので、別製品で進めてみた。


■支払い方法について
クレジットも使えるが、トラブルになった場合に強い味方となるPayPalをおすすめする。
PayPalの登録方法は以下の記事を参照してほしい。
【海外通販】FoxOfferでの購入方法 SJCAM SJ4000 wifiを注文


■Banggoodで注文してみる
PayPalの登録が終わったら早速Banggoodにアクセスする。
Banggoodトップページ

右上のRegisterをクリックする。

banggood01.jpg

上から
Enter nickname = レビューの時のニックネームなので適当に。
Enter your email = 登録用メールアドレス
Enter password = パスワード
Confirm password = パスワード再入力

agree to Banggood.com = 要チェック(規約同意)
Email me monthly updates and special values = お得情報をメールする? 僕はいらないのでチェックしなかった。

以上を入力し、Create Your Account をクリックする。

banggood02.jpg


しばらくするとBanggoodからメールが届くので、途中にあるURLをクリックすると本登録となる。

banggood03.jpg


■商品を探して注文してみよう

PayPalで支払う場合、PayPalの登録住所が引用されるので、Banggoodのサイトに直接登録する必要がない。
なので、早速商品を探して注文すればOKだ。

まず先に国と通貨を選択する。
これをしておくことで送料が日本向けで表示されるようになる。
ページ上の Ship to の横がJapan , USD(アメリカドル)になっていれば問題ないが、なってなければクリックして選択する。

banggood04-2.jpg


上の検索バーに商品名を入力して検索し、目的の商品をクリックする。

banggood05-2.jpg


商品ページ説明
Price = アメリカドル表記。今だとだいたい1ドル=120円くらい。
Ship From = どの国から発送するか。だいたいCN(中国)じゃないかな?
Shipping = Free shpping となっていれば無料だ。下に日数が記載されているが、無料のものは船による国際郵便でのんびり運ばれてくる。一番右の下矢印をクリックすると、EMS等の有料輸送も可能。
Version = 同一商品でも別バージョンがあると選択できるようになる。
Color = 色
Quantity = 購入数

以上を選んで、Add cart をクリックする。

banggood06-2.jpg


買い物を続ける場合は×で閉じる。
右上のCartが(1)といったように入っている商品数が表示される。
支払いに入る場合は、Vier Cart & Checkout をクリックする。

banggood07.jpg


商品数などOKなら右の PayPal にチェックを入れて、下の PayPal をクリックする。

banggood09-2.jpg


PayPal のログインを求められるのでログインをする。

banggood10.jpg


ここで間違えてはいけないのは、配送先住所だ。
BangoodはPayPalで支払う場合、PayPalに登録している住所を引用してくれる。
便利なんだけど、PayPalで自動で選択されている住所は日本語表記になっていると思われるので、必ず変更をクリックしてローマ字表記を選択しておこう。
金額は支払い方法の右側に出る。
OKなら下の 同意して続行 をクリックすれば完了だ。

banggood11.jpg


だいたい3~4週間程度で到着するのでしばし待つことになる。
ただ、Banggoodは発送せずに放置されたり、発送連絡が来なかったりと頻繁にトラブルがあるので、遅いなと思えば早めに問い合わせをしたほうがよさそうだ。
もし商品が到着せず、問い合わせものらりくらりするようなら、さっさとPayPalに動いてもらおう。 このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県今治市 頓田川沿い 満開の桜の下で

  •  投稿日:2015-04-05
  •  カテゴリ:遠出
実家の愛媛に帰宅していたので、15年ぶりくらいに実家から徒歩10分の頓田川(とんだがわ)へ夜桜を見に行ってきた。
関東には桜の名所として有名な場所がたくさんあるが、ぶっちゃけ頓田川のほうがすごいと思う。
でも、頓田川は今治内ではさすがに有名だけど、今治以外ではほとんど知られてない。
うーん、全国でも有数のレベルなんだけど、知名度は抜群に低いんだよね。

見よ!この桜並木を!

IMG_0218.jpg



ここ何がすごいって、川沿いに約2km、2000本の桜、その樹木がめっちゃでかい。
聞いた話によると、近くの唐子台にある会社が40年くらい前から育てているらしい。
相当な費用をかけているようで、夏場は散水車まで出しているというから驚きだw
ここ数日雨が降ったり風が吹いたりして、ちょっと花が散ってしまっていたけど、まだまだ綺麗。
だけど、おそらく今日が最後かな?

IMG_0225.jpg


夕飯は露店でいただく。
19時ころに閉店と聞いていたが活況で帰る20時ころまで商売していた。

IMG_0233.jpg


外にもテーブルがたくさんあるけど、どこも満席だったのでテント内でいただく。
うどんは一杯300円、おでんはけっこうでかくて一つ100円。
こんなマイナー場所だからか?観光地価格なんてのは無縁で良心的な価格。
持ち込みも自由なんで、お茶、おにぎり、おかずも一緒に食べたけど、こういうの久しぶりでとても美味しかった。

IMG_0241.jpg


しばらくすると、ぼんぼりの電気がついて雰囲気が出てきた。

IMG_0245.jpg

IMG_0247.jpg


川面を照らす灯りもとってもきれい。
ご飯たべて軽く散歩して1時間くらいで帰宅。

IMG_4327-2.jpg





場所を書いておかないと、どこらへんかわからないよね。
露店とぼんぼりを出しているのは、国分2丁目の橋のあたりで、一応駐車場はあるけど狭い割りに人が大勢くるので路駐している人が多い。
パトカーがきても取り締まりはせず黙認しているようだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー