2015年09月の記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

月別アーカイブ:2015年09月

2015年09月の記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2015-09-27 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
2015年6月に発売されたSJ4000+を今更ながらレビューする。購入したのはアマゾンのマーケットプレイス。偽物をつかまされる可能性は高いのだが、ショップが対応してくれなくても証拠さえあればアマゾンのサポートが返金対応を受け付けてくれるため、海外通販よりトータルでは楽だったりする。そして、最近SJCAMはメーカーサイトで本物か認証できるようになっており、万が一偽物だった場合はそれを持ってアマゾンのサポートに返金の...

記事を読む

2015-09-27 ウェアラブルカメラ/ドラレコ
しばらく見ない間にどんどん新商品が投入されている中華ウェアラブルカメラ。SJCAMにも二つの新製品があるのでチェックしてみよう。2015年 SJCAM新製品はSJ5000XとSJ4000+■SJ5000X2015年9月発売の新商品。特筆すべき機能は、ジャイロ手振れ補正、解像度2.5k 30fpsサポート、FullHD 60fpsサポート、wifi有り、ディスプレイ2インチ、64GB/128GB microSD対応で149ドル。外見もインターフェースもSJ5000とSJ5000wifiとほぼ同じ。イメ...

記事を読む

2015-09-26 遠出
5日目 8月27日(木)朝6時に起床し7時に出発。駐車場にはバイクも出せないくらい車が詰め込まれていたけど、前日のうちに朝6時に出発したいとフロントに伝えておくと、その時間までに車を出しておいてくれた。昨日の夜には見えなかったけどこの昭和レトロあふれる看板!古いし全室喫煙可の部屋だったけど、対応の良いホテルでとても快適だった。ネットの口コミでも対応の良さは必ず書かれてるくらいだから、個人だけでなくホテル...

記事を読む

2015-09-26 遠出
4日目 8月26日(水)マトンN口そう、N口君についたあだ名だ。昨日の夜、スーパーで購入した焼肉用味付きマトン(羊肉)をどうやって火を通すか考えていたら、サバイバーN口君がタレごと豪快に煮込んでいた姿から、彼はマトンN口と旅の終わりまで呼ばれることになる。以降、N口君のことをマトンN口と表記する。今日も快晴だ。知床半島の北側を西へ、寄り道しながら北見まで移動する。4日目のルート。北見で美味しいと評判の回転寿...

記事を読む

2015-09-10 遠出
3日目 8月25日(火)この日はこの旅一番の快晴!よっしゃ走って観光して満喫するぞおおおおお!午前6時。まだみんな寝静まっている中、こっそりとライダーハウス インディアンサマーカンパニーを出発!納沙布岬まで30km、30分くらいで到着。根室市の公園はとにかく整備が行き届いていて、芝生もすごいしモニュメントも多い。税収が多いとは思えないから国からの補助で作られているのかな?N君は鳥をおっかけて飛ばして遊んでいる...

記事を読む

2015-09-10 遠出
2日目 8月24日(月)朝5時頃起床。寝袋は真夏用とインナーフリースで二重にして、温度調整できるようにしておいたが、ちょっと寒かくて明け方に一度目が覚めてしまった。まぁそれでもそこそこには眠れたのでOKだ。天気は・・・曇り!湿原を観光しながら根室に向かうことにする。距離は短くて250kmくらい。これくらいのんびりなのも良いんだな。セブンで軽く朝食。こういう時のから揚げは肉汁と油がじゅわーっと口に広がって胃を...

記事を読む

2015-09-06 遠出
北海道1日目 2015年8月23日(日)小樽上陸だ!!!!!がっ!!毎年のように上陸したらさすがに感動はねえぞおおお!!早朝4時30分に小樽入港。ちょっと荷造りに時間がかかったのもあるし、バイクの順番は後ろのほうなので上陸したのは5時20分だった。T先輩は5年ぶりくらい、N君は10年ぶりくらいらしくwktkが止まらない様子w天気はうーん、まぁ悪くは無い!火曜までは道東も道北もそこそこの天気らしい。とりあえず道東の天気が...

記事を読む

2015-09-04 遠出
いくぞおおお!!4年連続9回目の北海道!!(甲子園みたいに)今回は初めて、会社のメンバーと3人でキャンプツーリング!2015年一番の大イベントだ!0日目 8月22日(土)午前2時、横浜の自宅を出発し、10時30分出航の新日本海フェリーに乗るため新潟港へ向かうため環八を北上。この時間でも交通量は多いが、流れているので昼間とは比べ物にならないほど早い。3時に関越自動車道の三芳PAに到着し他の2名を待って全員集合。直行すれ...

記事を読む

SJ4000の正式後継版がきたか!? SJCAM SJ4000+(Plus)のレビュー!

IMG_3225.jpg



2015年6月に発売されたSJ4000+を今更ながらレビューする。


購入したのはアマゾンのマーケットプレイス。
偽物をつかまされる可能性は高いのだが、ショップが対応してくれなくても証拠さえあればアマゾンのサポートが返金対応を受け付けてくれるため、海外通販よりトータルでは楽だったりする。
そして、最近SJCAMはメーカーサイトで本物か認証できるようになっており、万が一偽物だった場合はそれを持ってアマゾンのサポートに返金の依頼をすれば良い。
その場合本物は手元に来ないのでまた別のショップで注文することになるが、面倒な交渉がなく楽で良いのだ。






外観やスペックを確認する



まずは付属品チェック。
これはもう従来製品と同じで、一通りのマウントが揃っている。
付属のマウントはプラスチックの強度が弱いため壊れやすく使い捨て感覚だが、最初の一台としては最適なセットになっている。
IMG_3226.jpg







外観はSJ4000/SJ4000wifiと全く同じでハウジングもバッテリーも互換性がある。
SJ4000よりわずかに重いが実際の利用に影響はないだろう。
IMG_3228.jpg







ハウジングは半年ほど前からSJ4000にも採用されている新型で、ボタンがかなり押しやすくなっている。
ちなみに新型ハウジングは、SJCAMの人気が出始めた頃からあるQumoxブランドをアマゾンで1500円程度で入手可能だ。
僕の持っているSJ4000もQumoxブランドだったりする。
現在はSJCAM正規品の入手が楽になったので、わざわざQumoxブランドのSJ4000を購入する必要はないが、ハウジングに関してだけは全く同じで安価なので利用価値が高い。
IMG_3243.jpg




最近SJCAMは箱の横のシールから公式サイトで本物か確認できるようになっている。
本製品ももれなく対応しており、実際に試してみたところ本物であると確認できた。
GoProのパチモンからスタートしたのにここまで来るとはなぁw
IMG_3242.jpg





設定項目はSJ4000wifiとほぼ同じだがいくつか違いがある。
ファームは今日時点でアップされている最新のv2.0にした上で確認している。

・解像度 FullHD60fpsと2.5k30fpsを追加
・手振れ補正 on/off追加

・上下反転 無し
・シャープネス設定 無し


ドラレコモードやループ録画といった車載動画に嬉しい機能ももちろんサポートしているが、上下反転を廃止したのは何故だろうか・・・。
SJ5000系にも上下反転がないのだが、それほど難しい設定ではないはず。
シャープネスについてはオマケみたいなものなので、無くても良いだろう。
IMG_3237.jpg





ざっくりまとめると、外観とOSはSJ4000wifiと全く同じでハウジングやバッテリーに互換性があり、基本的なスペックを引き継いだ上でFullHD60fpsと2.5k 30fpsをサポートしている。
という物になる。
これで画質がSJ4000以上であれば文句なしだが・・・。





画質を比較しよう


久しぶりの駐車場撮影だ。
今回の比較は、SJ4000、SJ5000wifi、SJ4000+の3つ。
SJ4000とSJ5000wifiはFullHD 30fps、SJ4000+は3つの設定で撮影し、解像度以外はデフォルト。
後から気づいたのだが撮影した画像は全てファームバージョン1.6。
今日時点で既にv2.0が公開されていた。
アップデートの内容を見ると、主に動作安定化や省エネ化のようなので画質そのものに大きな影響は無さそうなので、このままレビューを続行する。


では早速見てみよう。


SJ4000 FullHD 30fps
sj4000+_sj4000.jpg




SJ5000wifi FullHD 30fps
sj4000+_sh5000.jpg




SJ4000+ 2.5k 30fps 手振れ補正OFF
sj4000+_2500.jpg




SJ4000+ FullHD 60fps 手振れ補正OFF
sj4000+_full60fps.jpg




SJ4000+ FullHD 60fps 手振れ補正ON
sj4000+_full60fps手振れ有り





拡大図

sj4000+_拡大図





バイクのタンクマウントとヘルメットマウントの動画をyoutubeにアップ。
タンクマウントは防水ハウジングに入れた状態で撮影しているため、少し画質と音質が悪いことは留意いただきたい。






■画質
標準状態のXiaomi Yi 程ではないが、ややシャープさに欠ける。
拡大図を見れば一目瞭然。
ノイズは少ないけどシャープさが失われているのは、やはりノイズリダクションを効かせ過ぎているのか?
近くの物体であればさほど差を感じないが、遠くなればなるほどディテールが崩れている影響を大きく受けて、べったりとした画質になっている。
これなら明るい場所ではSJ4000の方が画質が良いだろう。

残念ながら本製品はAmbarellaチップではないため改造ファームやスクリプトでの設定変更はできず、何が原因か探ることが難しい。
あまり良好な結果は得られないだろうがシャープネスの設定があれば、少しは良くできたかもしれない。



ビットレートそのものはSJ4000やSJ5000より高くなっているが、それ以前の問題だ。

SJ4000 FullHD30fps ビットレート14.7Mbps
SJ5000 FullHD30fps ビットレート14.7Mbps
SJ4000+ 2.5k 30fps ビットレート20Mbps
SJ4000+ FullHD 60fps ビットレート20Mbps
SJ4000+ FullHD 30fps ビットレート14.7Mbps







■画角
手振れ補正offならSJ5000wifiと同等、手振れ補正をonにするとSJ4000より少し狭い。
他の製品も入れると概ね以下のような画角になる。

Sony ASシリーズ>GoPro4=Xiaomi Yi ≧SJ5000シリーズ=SJ4000+手振れ補正OFF>>SJ4000>SJ4000+手振れ補正ON


用途にもよるが手振れ補正ONでもまぁなんとかアクションカメラとして使えるレベルにあるかな。という感じだ。
手振れ補正OFFなら最近のウェアラブルカメラの標準レベルをクリアできている。




■手振れ補正

動画ではSJ4000+を3つの設定で比較している。

・FullHD 60fps 手振れ補正無し
・FullHD 60fps 手振れ補正有り
・2.5k 30fps 手振れ補正無し




予想はしていたが手振れ補正有りだとやはり違和感の覚える動画となっている。
タンクマウントでもヘルメットマウントでもやたら左右にふれる。
これは僕の頭が小刻みに揺れているわけではなく、ちょっとしたブレを拾って修正しようとしている動きだ。


路面状態は若干悪い場所を走っているが手振れ補正無しでも十分。
タンクマウントは試行錯誤した結果、とにかく車体とカメラ間のマウントパーツがぶれないように、ガッチリ固定することが何よりも一番だとわかった。
もし車体にマウントする場合は、画角が狭くなる上にまだまだ処理の甘い手振れ補正に期待はせず、とにかくガッチリ固定することを一番に考えると良いだろう。
ソニーでもようやくAS200Vから車載向けの手振れ補正チューニングがされたという段階なので、SJCAMに期待するのは酷というものだな。




■音質
これまでのSJCAMは拾える音量が極端に小さくマイク性能はかなり悪かったが、大幅に改善されている。
低音から高音まで満遍なく拾ってくれているのは嬉しいところ。
動画でも風切り音はどうしても入ってしまうが、排気音をしっかり録音できているのは好印象だ




■総評

せっかくの2.5kとFullHD60fpsとビットレートの向上も、シャープさが失われては残念な結果だ。
手振れ補正はまだまだ発展途上であり、バイクのような細かな振動では使い物にならないだろう。
ただ音質が大幅に向上していることと、画角がGoPro並みに広くなったことは評価できる。

・FullHD60fpsを撮影したいならXiaomi Yi にスクリプトを組み合わせる
・FullHD30fpsでいいならSJ5000かSJ4000
・どうしてもFullHD60fpsとディスプレイが欲しいならSJ4000+


といったところだろうか。
選択の幅が広がるのは良いが、早くSJ4000を廃盤に追いやれるくらいスゴイ製品を出してもらいたいものだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

SJCAMが続々と新モデル投入!SJCAM SJ5000XとSJ4000+(Plus)の情報をまとめる

しばらく見ない間にどんどん新商品が投入されている中華ウェアラブルカメラ。
SJCAMにも二つの新製品があるのでチェックしてみよう。


2015年 SJCAM新製品はSJ5000XとSJ4000+





■SJ5000X
sjcam-sj5000x-limited-edition-2k-20-gyro-action-camera.jpg



2015年9月発売の新商品。
特筆すべき機能は、ジャイロ手振れ補正、解像度2.5k 30fpsサポート、FullHD 60fpsサポート、wifi有り、ディスプレイ2インチ、64GB/128GB microSD対応で149ドル。

外見もインターフェースもSJ5000とSJ5000wifiとほぼ同じ。
イメージセンサーは最初の1000個限定でCMOS OmniVision OV4689 12MPを搭載し、その後はCMOS Sony IMX078 16MPへ変更されるとのこと。
ややこしいことするなぁw


IMX078は今のところSJCAMでしか採用の発表はないので詳細は不明だが、基本的なスペックは限定版と同じようだ。
ただ、IMX078に変更後は価格が上がると海外フォーラムに記載があった。



youtubeに個人の動画はアップされてないし、公式サイトにもまだ在庫になってないので、今日の時点ではまだ限定版も出荷されて無い可能性がある。

限定版の数は1000個となっているが、全7色で1000個だと即完売だろうし、1色1000個なら色によっては入手しやすいかもしれない。
ただ、IMX078版の発表は10月下旬予定とのことなので、安価な限定版か高性能な通常版かを選ぶ時間はなさそうだ。



一番の注目はなんといっても手振れ補正だろう。
ソニーでさえ車載で使うには適してないと言われ、ようやく現行のAS200Vで車載向けのチューニングがされたところだと考えると、SJCAMの手振れ補正が車載で使えるとは思えない。
それでも車載以外の用途であれば強力な武器になる可能性があるのではないかと思われる。

海外サイト SJ5000X発表ページ

SJCAM公式サイト





■SJ4000+
IMG_3225.jpg


2015年6月発売。
特筆すべき機能は、ジャイロ手振れ補正、解像度2.5k 30fpsサポート、FullHD 60fpsサポート、wifi有り、139ドル。

実は既に手元にあるのだけど、他の事で忙しくて放置していたので、そろそろちゃんと記事を書こうかと思っている。


外見もインターフェースもSJ4000と同じ。
見た目とOSでSJ5000シリーズとSJ4000シリーズで分かれているようだ。(SJ5000+のみSJ4000シリーズと同じタイプ)

イメージセンサーはCMOS OmniVision OV4689で、チップはNOVATEK 96660。
実はこれSJ5000Xの限定版と全く同じ。

ということは・・・・
基本的にイメージセンサーとチップが同じなら画質はほぼ同じになり、あとは色味やノイズリダクションの設定をソフトウェア上で制御するだけなので、SJ5000X限定版はSJ4000+の中身をそのままSJ5000系の外見+OSに載せ替えただけと考えられる。



また、SJ5000XはSDXCを正式サポートし64GB以上のMicroSDを使えるようになっているが、SJ4000+もそれ以前のSJ4000でもFAT32でフォーマットすれば利用は可能だ。
それにSJ5000Xのスペックには

*Selected 64gb & 128gb Cards

と注意書きがあるので、これってFAT32でフォーマットしたら使えるよ。という意味だろうか?
探してみたけどこれといって注意書きは見られなかった。



そうすると、SJ5000X限定版がどんなものか予測するにはSJ4000+をレビューすればいいので、しばしお待ちください。


SJCAM公式サイト

FULL HDを超える最上級の高画質2K解像度でさらに美しく!SJCAM 正規品 SJ4000+(plus) 液晶1.5インチ Wi-Fi機能搭載 アクションカメラ ドライブレコーダー ビデオカメラ◇SJ4000+ (ホワイト)
by カエレバ


■おすすめ記事
失敗しない低価格ウェアラブルカメラの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

シゲチャン?衝撃の出会いの連発!2015年北海道キャンプツーリング!【5日目】

  •  投稿日:2015-09-26
  •  カテゴリ:遠出
5日目 8月27日(木)



IMG_2910.jpg

朝6時に起床し7時に出発。
駐車場にはバイクも出せないくらい車が詰め込まれていたけど、前日のうちに朝6時に出発したいとフロントに伝えておくと、その時間までに車を出しておいてくれた。






IMG_2909.jpg

昨日の夜には見えなかったけどこの昭和レトロあふれる看板!
古いし全室喫煙可の部屋だったけど、対応の良いホテルでとても快適だった。
ネットの口コミでも対応の良さは必ず書かれてるくらいだから、個人だけでなくホテルの経営方針として接客を頑張っているのだろう。
1Fにはレストランもあって見た感じ結構安かったような。
次きたときはレストランで食べてみようかな。





vlcsnap-2015-09-26-16h16m23s947.jpg

北海道も残すことあと2日。
明日の17時頃までに苫小牧東港へつけばいいので、今日はまだどこを走っても大丈夫。
ただ一日曇りらしく、場所によっては雨が降るとか。
とりあえず帯広へ行って帯広付近を軽く観光しようと出発。
国道242で陸別を抜けて行くのが早いだろうけど、去年通ったしそれほど特徴のある道でもないので、国道242から置戸町で道道88に入ってみることにした。





vlcsnap-2015-09-26-16h16m36s675.jpg

が、小雨がぱらつきはじめたので、休業中の温泉施設の屋根を少し借りて再検討。
雨雲ズームレーダーを見る限り、現時点で帯広は雨で東のほうが天気が良く、昼過ぎから帯広も晴れるらしい。
ということで、中途半端に帯広に近づいてしまったけど、ここから阿寒湖へ向かう。






IMG_2913.jpg

ちょっと遠回りだけど道道51を走ってみたいので陸別経由。
廃線となった鉄道と駅舎を利用した、オーロラタウン93りくべつという道の駅で一休み。






IMG_2911.jpg

廃線になった路線の一部を走る体験乗車や自分で漕ぐトロッコ乗車、運転体験なんかもできるらしいけど、この日は運休日だったので諦める。

運転体験は本格的な5万円コースから15分の2000円コース等いろいろ用意されており、トロッコや体験乗車なども300円程度で安価に楽しめるので、ちょっと休憩ついでに良さそうだ。

ふるさと銀河線りくべつ鉄道 公式サイト





vlcsnap-2015-09-26-17h00m59s092.jpg

国道はやっぱり交通量が多くて面白くなかったが、道道51に入ると交通量は減って快適に走れた。
ただ変化のある道ではないのでちょっと眠くなるw





vlcsnap-2015-09-26-16h19m30s113.jpg

国道240に合流して南下しはじめたころに、T先輩が
「もうすぐシゲチャンランドがあるらしい。何かは知らない・・・・」と。
なにそれ・・・・w
興味津々ながらどうしようか迷っていたらシゲチャンランド発見!!





IMG_2915.jpg

何が極楽なのかわからないが、屋根には極 楽 美 術 館と書かれているwww
そして、水木金定休で営業日は週4日という潔さw






IMG_2918.jpg

どこかで見たことあるようなキャラだけど多分オリジナルなんだと思うwww
そう思えるくらいここにはオリジナリティー溢れる独特な雰囲気ががあるのだw





IMG_2920.jpg

何故ホイールカバーwwwww
横にかかっているのは多分ジャマイカの国旗?w





IMG_2928.jpg

シャッターに目ってwwww
鼻とか口とかもいろんなところに書かれてたw
全くもって誰が何のために作ったのかわからない。
そして週4営業日でどうやって食っていけるのか、入館料はいくらなのか・・・・
というかシゲチャンって誰よ?wwww

なんかもうすごいインパクトだ。
おそらく何か意味があるわけではなく、盛大に草(wwww)を生やした時点でシゲチャンランドには意味があるのだろうw





vlcsnap-2015-09-26-16h20m24s287.jpg

10時過ぎに阿寒湖のアイヌコタンへ到着。





IMG_2952.jpg

阿寒湖は温泉も出ているしアイヌ文化を残す観光地となっている。




IMG_2950.jpg

お土産を見ていると店のおっちゃんが吊り下げられた商品を指差して・・・・





IMG_2941.jpg

これ、立派で艶かしいだろう?
どうだ?君達は夜をがんばっているか?


と、現代の行き過ぎた規制社会なんてどこ吹く風のセリフが次々と出てくるww
いったい、何に使うんだこれw
これは確かこのおっちゃんが彫ったと言っていたような。
すごい感性の持ち主だな。





IMG_2944.jpg

他にもおっちゃん作のものは迫力あってすごいんだが、着払いOKというのがどうもわからんwww
多分送料着払いってことなんだろうけど、店頭購入で着払いにする人がいるのか?
んで、そこアピールするところなの?w
今日はシゲチャンと、このおっちゃんと、謎な人に二人も出くわしてしまった。


結局アレは購入せず、嫁にキツネの手鏡を土産として購入すると、手持ちの木の部分におっちゃんが名前を彫ってくれた。
それと軽くて丈夫な木を使ったお箸を購入。






IMG_20150827_113248.jpg

昼食は店の名前を忘れてしまったけど、温泉街の一番奥、ホテル阿寒湖荘の前にある食堂へ。
まさきちはワカサギのから揚げ丼(650円くらい)を注文。
多いwww
なんとか食いきったけど胃がもたれそうになったw
正直なところワカサギってあまり好きじゃないんだけど、ここで食べたのはそこそこ美味しかった。
昔、中山湖付近でワカサギのから揚げを食べた時は美味しくなかったなぁ。
鮮度とか揚げ方とかそのへんで味の差が出るのだろう。






IMG_20150827_113253.jpg

T先輩はミニワカサギ丼とそばのセット(1000円くらい)






IMG_20150827_113259.jpg

マトンN口は鮭イクラの親子丼(800円くらい)
そういや昨日のトリトンでもサーモン食いまくってたなw







IMG_2956.jpg

阿寒湖から帯広方面へ走ること10分で、オンネトーに到着。
温泉が流れるオンネトー滝の湯へ行ってみたかったが、今はもう入浴禁止になっているとのことで今回は行かなかった。
雌阿寒岳と阿寒富士の雄大な姿をバックに記念撮影!






vlcsnap-2015-09-26-16h21m26s600.jpg

1時すぎになったのでそろそろ帯広平野も晴れているだろうと出発。
宿泊地は帯広の北西に位置する然別野営場を考えているので、上士幌経由で国道241をひたすら走る。
やっぱりつまらない国道w
ねむーくなってきた時にツーリングメンバーのN子がこんな事を言っていたのを思い出す。


N子:眠くなったらエロいことを考えればいいんすよ。目が覚めますよ。

当然のごとく口に出すあたり20代にして完全にオッサンであるw







IMG_2970.jpg

国道の道端には8月末なのにひまわりがまだ綺麗に咲いていた。
そういえば今回のツーリングではひまわり畑のあるような地域に行かなかったので、ここで見たのが最初で最後だったな。







vlcsnap-2015-09-26-16h22m41s320.jpg

T先輩: 前のマーチ、5人も乗ってんのかなー。後部座席の真ん中に乗ってるあのチリ毛具合を見ると多分おばさんだろうなー。

まさきち: 間違いなくおばさんやなぁ。チ○毛みたいやし。

T先輩:
 ひでぇえうぇwwww 俺そこまで言って無いぞww

マトンN口: 実は後部座席、あえての真ん中一人かもしれませんよwwww

まさきち: おばさん「前見えんがね。私も前見たい!」 ってどんな大人よwwww

T先輩: ばろすwwww






眠さでテンションおかしくて、笑いの沸点が低いのだw
一度笑い出すと止まらない。



しかし、ちょっとでも笑いの峠を越えると急に眠さが襲ってくる。
マトンN口はN子を見習い懸命にエロイことを考えるが、なかなか良い人が思いうかばないらしいw

そこに現れた救世主!!!





vlcsnap-2015-09-26-16h34m07s067.jpg

お!?


vlcsnap-2015-09-26-16h34m07s067 - コピー


まさきち: 良い人おった!あけみちゃんでええやんwwwww

マトンN口: 幼女かぁwwwwwww 幼女好きだけどちょっとこれはなぁwwwww

T先輩: 事案発生。

まさきち: 守備範囲は揺り篭から墓場までなら大丈夫やろ!?

マトンN口: 俺ちげーしwwwそれまさきちだしwwwww







vlcsnap-2015-09-26-16h35m27s126.jpg

そうこうしながら眠気に打ち勝って15時30分頃に上士幌に到着。
ここから秘境 然別野営場まではまだ1時間はかかるし、食料やら温泉やらの情報がいまいち無いので、諦めてすぐ近くの上士幌航空公園キャンプ場に決定。
事前に電話で確認したところ、夕方と朝に係員が行くので、そこでお金を支払ってください。とのこと。







IMG_2974.jpg

やっぱり帯広に来ると暖かくて虫が多いww
日が落ちれば飛ばなくなるらしいけど、ものすごいハエが飛んでいて結構不快。






IMG_2977.jpg

さくっと設営して夕飯やら風呂を調べている間、マトンN口は本ツーリング2回目のチェーン調整ww
しかもサイレンサーを外さないとチェーン調整できないというw







IMG_2983.jpg

航空公園からバイクで5分くらいの場所にある「士幌町健康増進センターふれあいプラザ」という町営の温泉へ向かう。






IMG_2979.jpg

入浴料380円で22時まで営業。
循環式で塩素臭が少しするし、特長のある泉質でもなかったので温泉入ったど!!
という感じはしないが、安くてそこそこ綺麗な施設で良かった。





IMG_2993.jpg

夕飯はふれあいプラザからバイクで5分くらいの場所にある金亀亭へ。
常連さんが店の主人(ちょっと上のお姉さん と書いておく!w)と話しながらカウンターで飲んでいて入りづらいかと思ったが、従業員の方も常連さんもすごく気さくで気兼ねなく入れた。

ご飯は座敷にあげてもらって、豚丼大盛り(950円くらい?)を注文。
どうやら炭火で焼いているらしく20分くらいかかるようだ。




IMG_2984.jpg

3人でまったりとしていると、常連さん用の酒のつまみとしていっぱい作ったから!って、店で揚げたポテトチップスをサービスでもらった。
ジャガイモの風味が残っていてうまい!


豚丼ができあがるまでポテチを食べながらまったりしている間に、今日一番気になったシゲチャンランドについて調べると・・・・。





シゲチャンランド

wikipediaに載ってたwwww
坂本龍一のレコードジャケットのデザインや、ポンキッキのオープニングタイトル等を手がけた人らしいw






シゲチャンランドHP3

ホームページもインターネット黎明期を連想させるこの感じw







シゲチャンランド ガイドブック
by カエレバ

シゲチャンランド ガイドブックなる本まで出版されているしww



いやーなんかいろいろネタにしてすみませんでした。
でもきっとこうやって記憶に残って草(wwww)生やしまくることが目的なんじゃないかなぁ。
この旅で一番インパクトのある出来事だったのは言うまでもないw






IMG_2987.jpg

待つこと20分くらい。
豚丼大盛りに味噌汁と小鉢二つがついて出てきた!
量が・・・量がはんぱない!
昨日の昼に食べたぽっぽ亭よりさらに多い。
大食いな人か死ぬほど腹が減って食いまくりたい人以外は普通でOK!
間違っても大盛は頼んではいけないw


店のイチオシ!と言う通りめっちゃうまい。
炭火の香りが鼻に抜けて食欲をそそられる。
豚丼にしては珍しく、豚の下に敷かれている玉ねぎが甘みを出して美味しいのだ。





IMG_2991.jpg

そして肉厚がまたすごい。
食っても食っても終わらないこの量!!
大盛りで確か950円、普通で850円だったような気がするが、全て炭火で焼いてこの量と抜群に合うタレにこの価格。
牛トロ丼と甲乙付けがたいから、同率一位でこの旅No1ご飯に決定だ。




お米ちょっと残しました。
ごめんなさいw







店にあった旅人ノートはまじめなコメントが多い中、一人シゲチャンランドで草生やしまくって場違いさーせんw
帰り際、

店の主人: ポテチ持っていきな!テントで夜食にしてね。雨降ったりテントなかったりしたら、いつでも泊まりに来ていいよ!

常連さん: 晴れててもテントあっても泊まらせてくれるから、今度上士幌きたら真っ先にきなよ!


って、なんかこれぞ北海道のノリ!って感じですごいねw
次きたときは泊まらせてもらおうかな。





キャンプ場に戻ると雨も降り始めて気温もぐっと下がり、虫はいなくなっていた。
あまりの満腹で眠れなかったのでのんびり翌日の準備をし、寝付いたのは22時ころだった。




■5日目の走行
距離:291km
最高標高点:894m
最低気温:15度くらい
最高気温:23度くらい
燃費:リッター 21km



衝撃的な出会い?が多かったなぁ。
シゲチャン、阿寒湖のおっちゃん、金亀亭のご主人と。
天気はいまひとつで景色の良い場所には行けなかったが、こういう出会いは記憶に残るので、何年か経ったときにこの旅を思い出すときっとこの3人がパッと思い浮かんでくるだろう。
残り後1日。
あーもう終わりかーという寂しい気持ちに包まれるが、それを吹き飛ばす面白いことがたくさんあって良かったな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

北見のソウルフードを食そう!2015年北海道キャンプツーリング!【4日目】

  •  投稿日:2015-09-26
  •  カテゴリ:遠出
4日目 8月26日(水)




マトンN口
そう、N口君についたあだ名だ。
昨日の夜、スーパーで購入した焼肉用味付きマトン(羊肉)をどうやって火を通すか考えていたら、サバイバーN口君がタレごと豪快に煮込んでいた姿から、彼はマトンN口と旅の終わりまで呼ばれることになる。

以降、N口君のことをマトンN口と表記する。




IMG_2761.jpg

今日も快晴だ。
知床半島の北側を西へ、寄り道しながら北見まで移動する。




4日目のルート。
北見で美味しいと評判の回転寿司を食べることを目標にし、摩周湖、弟子屈付近をまわること以外はノープラン。
まぁ適当に走りながら決めよう!ってことで出発。





vlcsnap-2015-09-24-23h00m02s665.jpg

の前にいきなりトラブル。
T先輩のメッシュグローブが行方不明になってしまった。
記憶を辿ると、昨日マトンN口のW600でタンデムしてスーパーへ買い物に行った時、おそらくスーパーの駐車場で落としてしまったものと思われる。

んーーーーー無い!!






IMG_2765.jpg

仕方ないので諦めてコンビニで最強の汎用性を誇る軍手を調達にゃああああ!!!






vlcsnap-2015-09-24-23h01m45s567.jpg

国道334号を西へ走り始めると断崖絶壁の光景が多く見える。
切り立った石の上には多い茂る木々・・・なんか不思議な感じだなぁ。




IMG_2778.jpg

ウトロから10km程でオシンコシンの滝に到着。
駐車場の目の前にあり観光にはとっても便利。
迫力のある滝を目の前にし、振り向けばオホーツク海というコントラストが素晴らしい。




IMG_2777.jpg

マトンN口:オシンコシンってなんかあれっすねぇ

まさきち:おしっことか、う○ことか、そういう類じゃなくてアイヌ語由来だぞww

マトンN口:まじオシンコシンだわー。

まさきち:いみふwwwwwwww


以降、何かよくわからない、表現しようがない具体的に表現するのが面倒な時の表現としてオシンコシンが代用されることになる。





vlcsnap-2015-09-24-23h07m43s571.jpg

斜里の市街を抜けて斜里岳を眺めながら清里オートキャンプ場へ向かう。





vlcsnap-2015-09-26-10h01m02s700.jpg

斜里の市街から20分ほどで到着。
ここに宇宙展望台という壮大な名前の展望台があるので登ってみた。





IMG_2783.jpg

羽アリの大群wwwww
きめぇえええwwwww
そして羽アリが飛び回ってまとわりついてくるwwwww





IMG_2781.jpg

登って写真撮影だけしてささっと撤退。
噛まれるとすんごい腫れて痛いらしい・・・・。
展望台にだけ大量に生息しており、せっかくの景色が台無しであるw





IMG_2786.jpg

斜里岳を背に記念撮影!

次に清里川向にある桜の滝へ向かう。
ここは7月下旬~8月下旬にかけて遡上する鮭が滝をジャンプして登っていく姿が見えるらしい。
昨年7月下旬に来た時は残念ながら一匹もジャンプしているところを見れなかったが、今回はどうか・・・・・。





vlcsnap-2015-09-24-23h09m34s425.jpg

この看板を見ると、右なのかまっすぐなのかわからんwwww
まっすぐ行った結果・・・・・





vlcsnap-2015-09-24-23h10m22s434.jpg

オフロードを走ること数分。
ちげーだろこれーーーwww
ってことでこんな細い場所でUターンし、さっきの場所へ戻ったらすぐ右に駐車場があった・・・・。





IMG_2792.jpg

IMG_2788.jpg


相変わらず大自然の中の綺麗な滝だ。
滝の裏が空洞になっているのが見えたりとなんか神秘的。
でも、やっぱりこの日も鮭がいないw

待つこと5分・・・・。
もう行くかーと振り向こうとした瞬間に一匹の鮭がジャンプ!!
当然カメラにはおさめられず、そして見れたのが僕だけというww
多い時はものすごいジャンプしていて撮影も簡単だとか。
その光景はまた次の楽しみってことだな。





vlcsnap-2015-09-24-23h11m18s012.jpg

桜の滝から道道1115号を15分くらい南下すると、神の子池右折の標識が出てくる。
ここから2kmくらいの走りやすいオフロードへ突入。
大型オンロードでも余裕!




vlcsnap-2015-09-24-23h12m37s820.jpg


v(・∀・)yaeh!





vlcsnap-2015-09-24-23h13m18s427.jpg

駐車場は結構広くて余裕がある。
工事の人が多いなぁと思ったら池の周りは遊歩道を整備していた。
ここから歩いて3分くらいの場所に神の子池はある。





IMG_2838-2.jpg


神の子池は摩周湖から地中を介して神の子池に湧いて出る伏流水で出来ている。
一年を通して水温は8度が保たれ、こんな小さな池に透明度の高い摩周湖の水が一日12,000tも湧き出しているため、この神秘的な透明度を保っているそうだ。





IMG_2815.jpg

なんかボコボコと泡が出てくる瞬間。
ひっきりなしに湧いて出てくる。
水底にはオショロコマ(カラフトイワナ)が泳いでいるが、光の角度でどうにも撮影は無理だった。

こう見えて水深約5m!
マトンN口の身長が170cmなので、マトンN口3人分の深さということが判明した。
これは奇跡だ。
神の子池の水深がマトンN口3人分であることは何かの導きであると感じざるを得ない。
今日ここに「1マトンN口=170cm」という単位を提唱する。

うーん、1hydeに比べるとあまりに普通すぎるなw
単位提唱却下!





vlcsnap-2015-09-24-23h14m23s144.jpg

次は更に南下すること10分。
裏摩周展望台へ向かう。
清里峠から展望台まではちょっとしたワインディングになっていて、久しぶりの峠を楽しめた。






IMG_2841.jpg

残念ながら裏摩周展望台のまわりは木に覆われており、あまり摩周湖は見れない。
これでも80cmの自撮り棒を使って目一杯伸ばして撮影した写真だ。

ここが裏ってことはもちろん表がある。
摩周第一展望台と第三展望台だが、今回は裏摩周のみで表はパスした。

駐車場で本州から来ているおじさんと情報交換したところ、美幌町方面へ抜けるなら美幌峠もいいけど道道102号も良いとのこと。
美幌峠は素晴らしいところだけどもう5回くらい来ているし、道道102号は一回も通ってないので今回は道道102号へ行ってみることにした。





vlcsnap-2015-09-24-23h16m18s399.jpg

その前に弟子屈町で昼食!
摩周駅のすぐ隣にあるぽっぽ亭に到着。


腹減ってるし、帯広で豚丼食べなかったし、ここでがっつり摩周の豚丼を食べるかぁ!
豚丼と言えば帯広の安くて美味しい「とん田」という店が好きなんだけど、いかんせん1時間くらい余裕で並ばないといけないので、今回はパスしたんだよなぁ。
ってことで大盛り頼んだ結果・・・・






IMG_20150826_110541.jpg

やべぇ量多すぎwww
写真ではわかりづらいが、味噌汁のお椀は普通サイズ。
それの軽く5倍はあるw

これで確か1200円くらい。
ちょっと高いかと思ったけど、量がはんぱなく多いw

炭で焼いている様子はなかったが、しっかり遠赤外線で焼いた風味があり、肉厚なロースの豚肉が胃袋を満たす。
今俺は飯を食ってるぞぉ!!って感じがすごくする。
というか食いきれずご飯二口残したw



宿は昼ごはん中に北見中心街にある ホテル バルコン という何とも昭和の香り漂う宿の予約をなんとかとれた。
一回目に電話かけた時はシングル1とツイン1だと言われたが、他のホテルが全滅だったため仕方なく再度電話すると、
「壁に穴があいて修復作業待ちの部屋でよければシングル3部屋使えるようにしますよ」
と、わざわざ調整してくれていたのだ。

この日は北見で特にイベントがあるわけではないけど、いろんなホテルに電話かけまくってもシングル3部屋は全く無理。
そういや北海道でホテルなんて数えるほどしか宿泊したことがないので、シングル3部屋は当日にとるのは難しいということを初めて知った・・・。
危なかったw
ありがとうバルコンの受付のおばちゃん!!







vlcsnap-2015-09-24-23h23m47s925.jpg

今12時で摩周駅周辺、北見までは最短1.5時間。
だいぶ余裕があるので網走監獄を観光して行く事にし、網走へは有名な美幌峠ではなく道道102号経由の最短距離で行く。

まずは国道391号で北上。
道東屈指の温泉街、川湯温泉の近くを通る。
左のお店は昨年、親と川湯温泉に宿泊した際に夕飯を食べたお店。
ホテル併設のレストランで、割と良心的な値段で中華と洋食中心だったような記憶がある。






vlcsnap-2015-09-24-23h25m15s127.jpg

道道102号を左折する。






vlcsnap-2016-01-23-22h51m27s502.jpg

後ろに見えるのが川湯温泉の湯煙だ。





vlcsnap-2015-09-24-23h25m46s541.jpg

峠までは森の中の軽いワインディングと笹の葉の平原を突き抜ける。





IMG_2846.jpg

7kmほど走ると道沿いに展望台があったので停まってみる。
美幌峠ほどではないが景色は良く、なんといっても人がいないのでのんびりできていいね。
正面奥は川湯温泉の硫黄山だと思われる。
観光地になっているらしいので行ってみればよかったな。






vlcsnap-2015-09-24-23h27m04s584.jpg

さらに登って左手を見ると展望台らしきものを発見!


まさきち:あ、左の山の上にも展望台がある。あそこがおっちゃんが言ってた場所やろか?

マトンN口:ちろちろって行ってみます?


まさきち:ちろちろっと・・・ちろちろ?・・・ちろ?オシンコシンな感じで。

T先輩:オシンコシンで行こうか。

マトンN口:オ・・・オシンコシンをバカにするんじゃねぇ!!!

まさきち:うるせえ!マトンN口!!!

マトンN口:wwwwwwwwwwww



この日の会話は概ねこんな感じ。





vlcsnap-2015-09-26-10h48m19s005.jpg

というわけで到着した小清水峠展望台。
雲が出ているのが残念だが、屈斜路湖と周りの山々を一望できて良かった。
トイレや売店もあり整備されているので、道道102号を走るならここまで一気に登ってきても良いだろう。





IMG_2854.jpg

ちょっと弟子屈湖は遠いけど、湖を眺めながらご飯も食べられる。






IMG_2868.jpg

ここからは車載動画のデータを間違えて削除してしまったので、停車時の写真のみ。
網走監獄に到着したのは14時頃。
網走刑務所は現役の刑務所なので間違えて行かないようにw

入場料は1080円で、スマホで割引ページを見せると970円になるので利用しよう!
網走監獄公式サイト





IMG_2869.jpg

まさきちは網走監獄に過去2回入って、2回とも2時間くらいみっちりドハマリして見飽きたので、今回は入らずお土産を見て駐車場で翌日以降のルートを検討していると、嫁から

「妹の会社が危ないってニュースに出てる!!職安!?職安通いするの!?」

って、よくわからないテンションでLineがきていたのでニュースを見てみると、社長の不祥事で揉めて売り上げに響いていると記事が出ていた。
うーん、うちの会社も売り上げ良くないし、こりゃ先が思いやられるなぁとテンション爆下げであるw


T先輩とマトンN口もどうやら楽しかったようで1時間30分くらい見学して戻ってきた。
ここの資料って結構内容が濃いし、面白いんだよね。
近代史が好きな人ならハマると思うので、是非立ち寄ってみて欲しい。




IMG_2879.jpg

次は網走監獄のすぐ上にあるオホーツク流氷館へ。
ここはオホーツク海を見渡せる無料の展望台と、氷点下15度を体験できる流氷体感テラス(750円)があり、時間にあまり余裕がなかったので流氷体感テラスへさくっと入場。
映画っぽいものやらなんやらを20分くらい割りと強制的に見せられるわけだけど、面白くなかったw






IMG_2872.jpg

そしてようやく最後にマイナス15度の部屋へ!
入るときに防寒着も借りられるので普段着でOK
僕らはバイク用のジャケットを着ているのでそのまま入ってみて、寒いけど我慢できるレベル。
真冬に稚内に来た時に比べると、気温はこっちのほうが低いけど風が無い分、そこまで寒さを感じなかった。





IMG_2870.jpg

濡れタオルを借りてぐるぐる回すと・・・・・
10秒くらいでカチンコチンw
流氷にふれたり、タオルでちゃんばらゴッコをしてから退出。
案内のお姉さんがいつまでもにこやかに見守ってくれたので、ついつい調子こいて最後まで残って遊んでいたが、きっと心の中は
「はよ出ろや、このオッサンどもが!」
って思っていたに違いない。




IMG_2884.jpg

流氷館の入り口からでも網走市街とオホーツク海と知床半島を望める。
展望台に登ればもっと景色がいいらしいが、時間がないので今回はパス。





IMG_2906.jpg

1時間ほど走って17時過ぎに北見のホテル バルコンに到着。
部屋とか全然見てなかったけど、予想通り昭和臭ただよう佇まいw
もちろん中も昭和レトロと言うに相応しい内装で、どこか懐かしさを覚える部屋だ。
が、ほとんどの人はただの古いホテルと認識するだろうw
素泊まりシングルで4200円だったかな?
観光客らしい客はおらず、工事現場で働いている人達ばかりだったw





IMG_2885.jpg

一休みして北見の美味しい店と言えばココ!と言われる地元民おすすめの回転寿司トリトンの本店、夕陽ヶ丘店へ。
ホテル バルコンからは歩いて20分くらい。
肌寒い気温の中、ちょうど良い散歩!ということで歩いていく。
19時と一番混む時間ではあるが平日にもかかわらず30分くらいの待ち時間があり、ようやく席につけた。




IMG_2886.jpg

鯛 300円だったかなぁ?
ネタがめっちゃでかい!というか厚みがある!
値段は一皿100円~500円で、ネタ2倍のシャリ1.2倍といったところか。





IMG_2893.jpg

道民おすすめの北海シマエビが食べたかったがメニューになかったので赤エビ 500円。
一番高いお皿だ。
とろけるような甘さ!
そしてでかいw





IMG_2895.jpg

炙りサーモン 200円?
シャリがネタを覆い隠しているw
写真では一カンだが二カンあったはず。




IMG_2898.jpg

カッパ巻き 200円。
北海道では一般的な薬味 山ワサビがついている。
山ワサビ大好きなんだなぁ。
軽くツーンと来る刺激と、荒くすってあるためか、もとからなのかわからないが、少しぱさっとしていて何かを食べている感が強い。
まぁ食材としては安価な西洋ワサビなんだけど、摩り下ろし方なのか味付けのせいなのかワサビ本来の風味と軽い刺激がたまらない。
いろんな添加剤を混ぜまくった練りワサビとは全然違っていて、山ワサビが一品として成り立っているのだ。




IMG_2888.jpg

三平汁 200円?

と、腹いっぱいに食べて一人10皿3000円くらい。
普段なら食べないような高級ネタもかまわず食べたので跳ね上がったが、普通のネタだけなら2000円かからないだろう。
そしてシャリよりネタのほうが大きく、同じお腹一杯でも魚で満たされた感じがするあたりは、やっぱり100円回転寿司とは違うなぁと実感した。



21時頃にホテルに戻って寝たのは22時頃。
健康的な毎日だなぁ。






■4日目の走行
距離:292km
最高標高点:701m
最低気温:17度くらい
最高気温:23度くらい
燃費:リッター 21km

午前中は晴れ、午後から曇りの天気だったけど一日穏やかですごしやすかった。
ご飯はこの旅一番の贅沢をし、宿もキャンプやライダーハウスに比べたら高いホテルを利用。
まぁそれでも一般的な人の旅行に比べたら安いんだけど、激安旅にはまるとこれが高いと感じるのだから恐ろしいw

走行地図を見ると神の小池の後、裏摩周~弟子屈町とぐるっと大回りしていることに気づいた。
神の子池のあとは少し戻って緑駅から国道391に入って、川湯温泉の硫黄山と表摩周展望台へ行っても良かったなぁ。

それと、斜里から宇宙展望台に向かう間に、天に続く道 という真っ直ぐで先まで良く見える道があるんだけど、あまり下調べをしてなかったので、知ってはいたけどまぁいいかと素通りしてしまう。
あとからネットで見てみるとなかなかすごい景色だということに気づいてちょっと後悔。
次は行くぞ!! このエントリーをはてなブックマークに追加

快晴の知床!2015年北海道キャンプツーリング!【3日目】

  •  投稿日:2015-09-10
  •  カテゴリ:遠出
3日目 8月25日(火)


この日はこの旅一番の快晴!
よっしゃ走って観光して満喫するぞおおおおお!




IMG_2527.jpg


午前6時。
まだみんな寝静まっている中、こっそりとライダーハウス インディアンサマーカンパニーを出発!

納沙布岬まで30km、30分くらいで到着。
根室市の公園はとにかく整備が行き届いていて、芝生もすごいしモニュメントも多い。
税収が多いとは思えないから国からの補助で作られているのかな?





IMG_2524.jpg


N君は鳥をおっかけて飛ばして遊んでいるw

なんてことをw





vlcsnap-2015-09-10-14h59m04s636.jpg

根室半島は他の地域とはまた違う様相を呈している。
半島そのものが小高い丘になっており、市街地と郊外の境目が曖昧な感じで、市街地を抜けてもまばらに住宅がある。
最果てにきたなぁという感じがすごくするので、街の作りも楽しみながら走ると良いだろう。





vlcsnap-2015-09-10-15h02m11s893.jpg

国道44号で開陽台へ向かうが、やっぱり交通量が多く楽しくない。






vlcsnap-2015-09-10-15h03m07s320.jpg

ってことでちょっと遠回りだけど道道やらなんやらで迂回。




vlcsnap-2016-01-23-22h43m11s997.jpg


丘陵地帯を気持ちよく走り抜ける。




IMG_2559.jpg

走っている最中に何か発見!
新酪農村展望台っていうらしい。
この辺になんかあるのは知っていたけどたまたま通りかかったわけだ。





YDXJ0273.jpg

自撮り棒を初めて使って撮影!
なんか、これで撮っている姿が好きじゃないんだけど、せっかくだからw






IMG_2547.jpg

IMG_2551.jpg

N君は草むらを走りまわる。
その姿はまさしくであるw






vlcsnap-2015-09-10-15h04m31s255.jpg

開陽台へ行くため道道831や道道362を使って国道272まで出る。
別海町付近を迂回したわけだが、それほど面白い道でもないので最短で道道8号で中標津まで出たほうが良かったかもしれない。
30分くらいで到着!!




IMG_2561.jpg

素晴らしい快晴!!
この旅一番の青空だ。
過去5回くらい来ていて毎回快晴だが、この日の空が一番透き通っているかもしれない。

景色を眺めながら昼ごはんを考えたいところだが、B+comの調子がちょっと悪い。
接続されているのにN君の声だけ届かないのだ。
というわけで僕は全B+comのペアリングをしなおす。
今回はB+comSB4Xが3台とメディアサーバー、Stationがあるわけなんだけど、SB4Xの一つをメディアサーバーに接続してメディアサーバーに、もう一つはメディアサーバーがダメになった場合に備えてStationとペアリングしている。
ペアリングやり直しでなんとか正常に接続できるようになったので出発!





IMG_2571.jpg

開陽台を出て左折してすぐの場所、有名な北19号。
もういくらでもネットで見れば出てくるメジャーな場所だ。





IMG_2580.jpg

昼ごはんは特に有名とかそういうのではないが、中標津町内にある食事どころ「やまや」へ行くことにした。
裏手に駐車場があるので回りこむ。





IMG_2574.jpg

中標津名物?ハンバーグどんぶりと蕎麦セットで確か850円。
量が多くて食べきるのが精一杯だったww
ハンバーグどんぶりはオーソドックスだけどしっかりした味付け、これを美味しくないという人はいないだろう。
蕎麦は鴨蕎麦のような感じで、鶏肉の甘みがある。
美味しいのだが、ちょっと甘ったるい感じがするのでたくさんは食べられない。
これくらいでちょうど良い。
というか全体として量が多いwww





IMG_2577.jpg

N君は根室名物で食べたがっていたエスカロップ!
バターライスにメンチカツをのっけたもの。
名前はよく聞くけど実は僕も一度も食べたことが無かった。
ちょいと一口もらって・・・・うん、バターライスにメンチカツがのっかってるね!!って具合だw




IMG_2578.jpg

T先輩はやまやスペシャル?1100円くらいだっけかな。
なんかもういろんなものがスペシャルに乗っている。
そして量が・・・・やばいw
2人前くらいあるんじゃねw
最近、小食にして運動してダイエットに励んでいるT先輩も、注文したからには食いきる覚悟で、今までの努力など忘れ去って食べきっていた。





vlcsnap-2015-09-10-15h12m14s766.jpg

この先からはちょっとだけ道道走ってあとは国道しかないので、仕方なく国道244号で羅臼へ向かう。






IMG_2585.jpg

ちょっととまって防寒着を追加。
中標津あたりはぽかぽか陽気というか25度まであがって暑かったが、徐々に気温を下げて知床半島に入る頃には20度を切っていた。






vlcsnap-2016-01-23-22h44m36s773.jpg

v(・∀・)yaeh!





vlcsnap-2015-09-10-15h13m40s384.jpg


真正面に太平洋が見える。






vlcsnap-2015-09-10-15h14m50s657.jpg


ずっとシーサイドを走り続けるが、海が見える場所は多くない。





vlcsnap-2015-09-10-15h15m08s048.jpg

羅臼道の駅で休憩。
ここはいつもタラバガニの試食が出ているので、昼飯を死ぬほど食ったあとだけど試食だけちょっとさせてもらったw






vlcsnap-2015-09-10-15h16m19s040.jpg

知床横断道路へ入ると左側に今は無きライダーハウス しらかばの廃屋があった。
初めて北海道に来た時だからもう13年も前の話だ。
宿泊者みんなで食べる鮭と野菜を鉄板で焼く、チャンチャン焼きが有名だったが、確か3000円だったかな?
ちょっと高すぎてコンビニ弁当ですませたなぁ。
前日の日勝峠で風邪引いて食欲も気分も落ち込んでいたから、食べる気にまったくならなかったんだけどもw





vlcsnap-2015-09-10-15h17m10s303.jpg

ちょっと上には熊の湯という有名な露天温泉がある。
今回はパスしたが、2001年に入った時は確か・・・・。
無料で地元の人によって管理されているんだけども、洗い場もなく湯につかるだけしかできない。
その上、湯が緑っぽかったりめっちゃ熱かったり、服を脱いだはいいけど入らず出てくる人も大勢。
地元のおっちゃん達が豪快に利用しており、ちょっと入りづらい場所だったが、今はいろいろ整備されて入りやすくなったとか?






vlcsnap-2015-09-10-15h17m31s845.jpg

この先は北海道では珍しい中速コーナーの連続で楽しい峠道。






vlcsnap-2016-01-23-22h45m40s731.jpg

自転車にもv(・∀・)yaeh!
登り大変だろうなぁ。





vlcsnap-2015-09-10-15h18m01s392.jpg

でも楽しい時間はすぐ終わる。
15分くらいで登りきってしまうのだ。
頂上はやっぱり曇り!!
気温は10度くらいまで下がって寒いのってなんのってw
駐車場では斜里のライダーハウス クリオネで今日ライブイベントがあるから来てね!って宣伝をしていた。
時間的にはいけないことはない。
ただ、3年前にクリオネに泊まった時、みんなで食べ物持ち寄ってわいわいして楽しかったが、大学時代ほどわいわいした時の楽しさがなかった。
今回は3人なので、3人でわいわいする分には気楽で楽しいんだけど、昔ほど新しい出会いに心躍らせることが少なくなってきているんだなぁ。
やっぱり年とったなぁと感じる。





IMG_2589.jpg

正面に見えるのは国後島。
そこは明らかに日本領だ!はやく返せ!!!
って願いをこめておく。
返還されたら僕は島にわたるかなぁ?
うーん、ツーリングするにはちょっと狭いし、道の整備にも時間はかかるだろうし、しばらくは行かないような気がするけどw

もし万が一、樺太(サハリン)が日本へ返還されたならツーリングしてみたいと思う。
といっても南半分だけになるだろうし、他国と陸続きになるのはゴメンだし、そんな可能性はないんだけどね。
でも樺太の広さを見れば、領土が広いっていいなぁって思う。








羅臼側へ行くと絶好の撮影ポイントがあったので僕が撮影係になって走ってもらった。

IMG_2594.jpg

IMG_2598.jpg

IMG_2600.jpg

IMG_2603.jpg

IMG_2604.jpg

ズームでとっときゃ良かったな!
この距離でもぎりぎりB+comの会話ができるから、
今から走るよー、撮影準備オッケー、その辺でとまっててー。
なんてやりとりしながら撮影していた。






vlcsnap-2015-09-10-15h18m55s605.jpg

走ること30分。
知床の北側、ウトロに到着。
ここは大規模に温泉がわいているし、知床観光の基点になっており結構栄えている。






vlcsnap-2015-09-10-15h19m36s296.jpg

15時すぎに本日の宿泊地、国設知床野営場に到着。
すぐ隣はお墓。
僕は全く気にしないけど、ちょくちょくキャンプ場に出没するという熊のほうが怖いw






vlcsnap-2015-09-10-18h57m25s664.jpg

設営設営の様子を動画におさめてみた。
必殺!ワンタッチテント!!






vlcsnap-2015-09-10-18h54m43s353.jpg

弓を






vlcsnap-2015-09-10-18h54m51s695.jpg

パシューーーーン!!
なんで俺あっち向いた?w


トイレは自然保護のためバイオトイレなんだけど、全然臭わないし綺麗に整備されているが、ちょっと使いづらい。
キャンプ場は広くて、この日も夕方にはかなりの人がテントを張っていた。
隣り合うようなことはないが繁忙期には結構混むかも。

歩いて5分くらいの場所に日帰り入浴温泉があるが、ここもやっぱり時間を考えないと混みそうな感じ。

時間はいっぱいあるのでふもとのスーパーで食材を調達して調理することにしたが、ネットで調べてもスーパーの情報が出てこないのでとりあえず道の駅に行ってみる。






IMG_20150825_174457.jpg

聞いてみると、キャンプ場の坂を下ってすぐ左にスーパー「みたに」があると情報得たので、行ってみるとあるじゃないか。






IMG_20150825_174503.jpg

がっつり調達して戻る!
明日発覚することだが、ここで実はトラブルが・・・・。



キャンプ場に戻ると付近のホテルから人がわんさか集まっていた。
どうやら夕日が見れる時間のようだ。







IMG_2621.jpg

夕飯の買出し前、16時40分頃に撮影。






IMG_2628.jpg

買出しから戻って17時50分。








IMG_2686.jpg

IMG_2731.jpg

完全な日没は18時10分。
かなり人が集まって場所取りが難しいので、良い場所を確保したいなら17時15分についておいたほうがいいだろう。
僕は看板?の後ろからカメラだけ出して撮影していた。







IMG_2734.jpg

戻って夕飯!!
ベロンベロンに酔っているww







IMG_2735.jpg

僕が作ったのは豚バラと白菜とポン酢を入れて火にかけただけで簡単にできる、母親直伝の白菜豚バラポン酢だ。
簡単にそれっぽいものができるという点で、この料理ほど万能なものはないw
しかし、肉だらけである。
そして量多すぎww







IMG_2740.jpg

お風呂は徒歩5分の場所にある夕日台の湯という温泉へ。
入浴料は500円くらいで20時まで。
手前にもホテルの日帰り入浴施設があってそこはもっと遅くまでやっていたようだ。






IMG_2738.jpg

時間ぎりぎりだったせいか他のお客さんはほとんどおらず快適に利用できた。
お湯は少しぬめりのある弱アルカリ性。
お風呂は少し狭いので、キャンプ場の人がいっせいにくるとすぐ混みそう。
帰るとき、受付のおじいちゃんが上半身裸になっていたのが印象的だwwww
何故脱ぐwww







IMG_2745.jpg

テントに戻ったら軽く散歩。
綺麗な星空だが木が多いため撮影は難しい。






IMG_2759.jpg

キャンプらしさをみせるためテントを入れて角度を探ってとってみたが、また電線がww
やっぱりもっと場所を考えないと、絵になるような写真はとれないね。



そして22時に就寝。



■3日目の走行
距離:277km
最高標高点:665m
最低気温:10度くらい
最高気温:25度くらい
燃費:リッター 21km

天気に恵まれた一日だった。
時間に余裕があったので知床五湖にもよってみても良かったが、あまり時間ぎりぎりになるとキャンプの楽しみが減ってしまうので今回はパスした。
去年もきたところだしね。
旅も中盤。
この頃からはやくも帰りのことが気になり始めてしまう。
北海道にいる期間は6日あればいいんだけど、帰ったら仕事っていうのがいやだなぁ~。



このエントリーをはてなブックマークに追加

花崎ガニうまあぁぁ!!2015年北海道キャンプツーリング!【2日目】

  •  投稿日:2015-09-10
  •  カテゴリ:遠出
2日目 8月24日(月)




IMG_2469.jpg

朝5時頃起床。
寝袋は真夏用とインナーフリースで二重にして、温度調整できるようにしておいたが、ちょっと寒かくて明け方に一度目が覚めてしまった。
まぁそれでもそこそこには眠れたのでOKだ。

天気は・・・曇り!
湿原を観光しながら根室に向かうことにする。
距離は短くて250kmくらい。
これくらいのんびりなのも良いんだな。





IMG_2471.jpg

セブンで軽く朝食。
こういう時のから揚げは肉汁と油がじゅわーっと口に広がって胃を満たしてくれる。





IMG_2473.jpg

さあ行くぞ!!!ってところでやっぱり雨w
カッパを着るか悩むくらいだけど念のため着ておく。





vlcsnap-2015-09-07-00h06m08s250.jpg

やっぱり湿原と言えば釧路湿原!!
なんだけどここは玄人?らしくコッタロ湿原へ突撃だ!

このコッタロ湿原。
釧路湿原の北側に位置し、南北に道道1060号が縦断するマイナーな場所だ。
8年くらい前に来た時になんとなくふらっと入ってみて、とっても良かった記憶がある。






vlcsnap-2015-09-07-00h06m15s161.jpg

だんだん道が北海道らしくなくなってきて・・・





vlcsnap-2015-09-07-00h06m30s226.jpg

フラットダート5kmがお出迎え。
この日はあまりすれ違わなかったが、前にきたときは結構車が走っていた。
一部砂利が深いところもあるが、VFR800でも難なく走りぬけられるくらいだ。





vlcsnap-2016-01-23-22h33m32s186.jpg

VFR1200 DCTでもなんとか走れるので、多少慣れていればどのバイクでも大丈夫だろう。




IMG_2484.jpg

なんといっても釧路湿原では感じられない身近さがポイント!
見晴らしはあまりよくないが、ちらちらとすぐ横に流れる川が湿原のど真ん中にいることを感じさせてくれる。




IMG_2486.jpg

カヌー?とかで川くだりを楽しむ人もいるようだ。





vlcsnap-2015-09-07-00h07m08s037.jpg

だいたい20km/hくらいで走っていたが、N君のW600はすいすいと走っていく。
やっぱりFタイヤが大きいと走破性が全然違うねぇ。





IMG_2488.jpg

すごく味のある橋に断層?絶壁の崖。
メジャーな場所に行き飽きた人は是非どうぞ!





vlcsnap-2015-09-07-00h10m45s413.jpg

舗装路に出たらすぐ国道391号に入って南下し、誰もが思い浮かべる釧路湿原の細岡展望台に向かう。
国道を間がってからの道はコーナー中に大きくうねっている部分があって、飛ばしすぎるとコーナー中にジャンプしそうになるので要注意!!




vlcsnap-2015-09-07-00h11m35s210.jpg

細岡駅を過ぎてからは半ダートの道で2kmくらい走ると、右側に展望台への入り口が見える。
手前にビジターセンターがあるがちょっと距離があるし、展望台入り口付近にバイクをとめることもできるので、混雑しない時期なら入り口まで行っても良いだろう。





IMG_2496.jpg

これぞ釧路湿原!




ライオン

まさきち:
湿原に不用意に足を踏み込むと落とし穴にはまって危ないから、絶対に整備された道を外れないようにね!

N君:
まじで!?

まさきち:
日本にライオンがいないのは、白亜紀(適当)に日本にいたライオンがシマウマを追ってるときに、落とし穴にはまって絶滅したという説があるんやって!

N君:
まじでええ!


そんなくだらない会話をしながら釧路湿原を堪能した。




vlcsnap-2015-09-07-00h12m51s514.jpg

次は厚岸まで行って昼食にする。
もちろん国道は走らず道道1128で厚岸へ。
40kmくらいかな?




vlcsnap-2015-09-07-00h13m32s031.jpg

シカ注意
動物注意じゃなくてシカと特定するあたり、そんなにシカが通るのかw




IMG_0565.jpg

厚岸グルメパークの2Fにはレストランと炭火焼のお店がある。
今回はせっかくだし炙屋で食べることにした。





IMG_0566.jpg

IMG_0568.jpg

入り口に食材が販売されていて、購入したら店内で自分で焼いて食べるのだ。
お値段はそれなりにするので観光地価格的なところがあるが、ちょっとした思い出になる。

新物サンマが350円、干物の魚が100円~300円、野菜が250円、カキが4つで800円?、ご飯と味噌汁で500円、場所代が300円だったような。




IMG_0571.jpg

まぁ僕はカキは全く食べられないのでサンマ、ほっけ半身、よくわからない魚とご飯で1500円くらい。




IMG_20150824_113324.jpg

N君曰く、カキはとても美味しかったそうで追加してたw





vlcsnap-2015-09-07-00h14m40s275.jpg

次は霧多布岬を目指す。
国道44号から道道808 霧多布湿原を抜けるMGロードを走る。
水流を妨げないように道の下を水が流れるように設計されており、湿原を保護しているらしいんだけど、走っている分にはその良さはよくわからないw




vlcsnap-2015-09-07-00h15m32s286.jpg

岬の手前は市街地になっていて、海抜3mとかそんな感じですごく低地になっている。



vlcsnap-2015-09-07-00h15m48s926.jpg

市街地を抜けるとて岬へいくと小高い丘になっており、このギャップがすごく不思議な感じ。




IMG_0580.jpg

駐車場にとめてここから歩いて15分くらいで先端までいける。
歩いて2分くらいのところに灯台があり、過去来た時はここで引き返してしまったが、今回は時間に余裕があるので先端まで歩いてみる。





IMG_0594.jpg

10分くらいのところで一休み。





IMG_0613.jpg

いやあすっげー波だなぁ。




IMG_0605.jpg

先端に近づくほど高度を下げて海面が近くなってくる。
といってもそれでもだいぶ高いところにあるんだけど、波がめちゃくちゃすごいw
昨日の釧路付近もすごかったがここは圧倒的スケールだ。
遠浅なのか、数キロにわたって波しぶきがあがっている。



いやぁ北海道すげーや。
ってか台風すげーwww




vlcsnap-2015-09-07-00h15m48s926.jpg

時間も良い感じになってきたので、ここから根室まではさくっと移動!
道道123から道道142に入って根室を目指す。




vlcsnap-2015-09-07-00h17m21s324.jpg

道道142、とってもおすすめ。
なんといっても交通量がめちゃくちゃ少ない、森に丘に海に、変化に富んで飽きない素晴らしい道だ。




vlcsnap-2016-01-23-22h35m19s531.jpg

海岸沿いでも酪農っぽいことやっていたり、漁師の家だったり、いろんなものが混在していて不思議な感じ。




vlcsnap-2015-09-07-00h17m09s634.jpg

道端にふいに馬がいたりw




vlcsnap-2015-09-07-00h19m01s211.jpg

適度なコーナーがあったりして眠くならない。
国道よりはるかに楽しいこと間違いなし!


1時間くらいで根室に到着。
根室には残念ながらキャンプ場がない。
市街地にある明治公園でキャンプする人がいるらしく行ってみたが、おもいっきり住宅街でなんか気が引けてしまう。
ということで、大学4年の時にとまったことのあるライダーハウス、インディアンサマーカンパニーに行くことに。



vlcsnap-2015-09-07-00h26m59s096.jpg
おー懐かしい!


ここは水産店の2Fを開放していて、1300円以上の海産物を買うと無料で宿泊させてくれる。
メインは花咲ガニで1300円から。
僕は花咲ガニは大好物なのでちょっと上の1500円を注文。
18時くらいになったらトレイに入ったカニが用意されて、各自ご飯持込で食べるのだ。
1Fは海産の匂いがするが、2Fはにおわないので安心できる。

その前にお風呂!
残念ながら徒歩でいけるお風呂は定休日だそうで、面倒だけどバイクで出ることにした。




IMG_0618.jpg

市内には4箇所くらいの銭湯があり、そのうちの越の湯というところに行ってきた。




IMG_0616.jpg

入浴料は440円。
古きよき昭和時代を感じさせる雰囲気。
今は無き ケロリン もあったww
ロシア語の案内があったので、やっぱり船員の人達がたくさん来るんだろうなぁ。




IMG_0620.jpg

ライダーハウスに戻って、隣のセイコマで夕飯を調達して、よっし!花咲ガニくうど!





IMG_0625.jpg

カニといえばタラバ、毛ガニ、ズワイを思い浮かべるだろうが、ここ根室は違う。
カニと言えば花咲ガニだ!!
味はタラバガニをさらに甘くした感じ。
というのも、タラバガニも花咲ガニもヤドカリの一種で、そのへんも味に関係あるとか?

毛ガニやズワイより癖のあるタラバよりもさらに癖が強い。
口に入れた瞬間に鼻に抜ける独特の甘みと磯の香り。
食べ過ぎると胸焼けしそうになるがその一歩手前まではとっても美味。
このラインを超えてしまわないことが、花咲ガニを幸せに食べる方法だ。(経験談)

ミソは解けやすいためあまり楽しめる部分はない。
好き嫌いのわかれそうなところだが、是非一度食べてみて欲しい。

1500円の花咲ガニ一杯でちょうどいいおかずになるくらいの量かな。
旬は9月上旬らしく一番美味しい時期に食べられて満足。
がっつり食べたい人は2000円くらいのを注文すると良いだろう。




IMG_2500.jpg

早朝に撮影したものだが、こんな感じで雑魚寝する。



IMG_2501.jpg

ドアはないけど少し離れたお隣にベッドが3台あって、安眠室になっている。
が、声は筒抜けなので早く寝たい人は耳栓とアイマスクを準備しておこう。

20時くらいにオーナーのおばちゃんがきて、みんなで記念撮影。
リピーターにはてるてるボウズを作ってくれたw



IMG_2502.jpg

そして、2003年に来た時の写真を発見!!
ど真ん中の首のながーいモヤシ野郎が僕だ。
懐かしいなぁ。


そうこうしているうちに
10時になっておやすみ。
盛り上がってる人達には申し訳ないけど、ちょっと静かにしてもらって早めに就寝した。







■2日目の走行
距離:240km
最高標高点:200m
最低気温:10度くらい
最高気温:20度くらい
燃費:リッター 20km



釧路あたりにとまると次は根室。
距離は200km前後で、いつものんびり観光しながらまわっている。
釧路~根室間は見所が多いので一日使うことをおすすめ。
もし時間があまれば納沙布岬までまわって宿に入ってもいいと思う。
今回はライダーハウスでカニを食べたが、花咲港にある大八食堂で食べるのもいいだろう。
今はだいぶ食堂の体裁を整えているが、8年くらい前にきたときはまだ水産店が主だった。
その時はカニを食べると、水揚げがはじまってたくさん捕れたからと、サンマの刺身、サンマの塩焼き、鉄砲汁、ご飯までサービスしてくれるという太っ腹ぷりがすごかった。
そしてカニは安くてウマイ。
今は定食屋になっているから、こんなサービスはないだろうけど。 このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も来たぜ!2015年北海道キャンプツーリング!【1日目】

  •  投稿日:2015-09-06
  •  カテゴリ:遠出
北海道1日目 2015年8月23日(日)



vlcsnap-2015-09-06-18h25m04s089.jpg

小樽上陸だ!!!!!がっ!!
毎年のように上陸したらさすがに感動はねえぞおおお!!




早朝4時30分に小樽入港。
ちょっと荷造りに時間がかかったのもあるし、バイクの順番は後ろのほうなので上陸したのは5時20分だった。
T先輩は5年ぶりくらい、N君は10年ぶりくらいらしくwktkが止まらない様子w



天気はうーん、まぁ悪くは無い!
火曜までは道東も道北もそこそこの天気らしい。
とりあえず道東の天気が悪くないなら、今のうちに道東いっとけ!
道東の天気が悪くなったら道北と道央に行く。ということで、道東へ向かうことにする。
先に今日のルートを記載しておく。




早速、朝食にはやっぱりセイコマ!!
北海道きたらセイコマいかんとね~~~


vlcsnap-2015-09-06-18h26m10s872.jpg
6時開店wwwww

忘れてたww
24時間じゃないところもあるんだったw
残念!!ってことでセブンイレブンで軽く食べて出発!




vlcsnap-2015-09-06-18h29m00s375.jpg

3年前は嫁と二人で、嫁は北海道ツーリングはじめてだったので、早朝の札幌によって時計台を見て道東へ行き、2年前は道北目指して国道231号を北上、昨年は親と車でまわったので千歳スタートだった。
今回は札幌をパスするため高速で札幌南ICまで走る。
わかってはいたけど寒い・・・気温15度くらいだったかな。




vlcsnap-2015-09-06-18h29m13s328.jpg

札幌南ICをおりて早速セイコマ休憩!!


ご存知無い方に簡単に説明すると、セイコマとは北海道を主とした24時間だったり6時~22時営業だったりするコンビニで、ライダーの強い味方!
コンビニだけど野菜が売られていたり、ジュースもスーパーと同じくらい割引されているし、店内の調理場で惣菜が作られていたりする。
そしてこの惣菜がすばらしいの一言。
今後何度も登場するが、小分けにされた惣菜が、美味しい、安い、種類豊富!
普通なら300円の焼きソバが100円になったら量が1/5になりそうだが、しっかり1/3の量で小パックが売られていて、ちょっと惣菜が欲しい。の声にこたえてくれるのだ。

このセイコマ、実は埼玉、群馬、茨城などの関東北部にも少数ながら展開しており、見かけたら必ず寄ってしまうほどだw




IMG_2409.jpg

国道274号を東へ向かうところでちょっとしたハプニング。
N君のB+comから凄まじいノイズが・・・・。

切り分けしてみると、どうやらマイクが断線しかかってショートしているようだ。
予備のパーツ(というか本体ごと予備を持ってきている)に付け替えて改善したので改めて出発!





そしてここだけは必ず止まらなければならないと決めている場所がある。

そう。

樹海ロードがはじまる直前。

思い出の川端駅である。

IMG_2417.jpg



それは初めて北海道に来た2001年、大学2年の夏。
早朝に苫小牧に降り立ち、北海道の広大な大自然に感動しながら釧路を目指していた僕と友達は、


あーやっべー冷えてきてめっちゃトイレいきてぇ。
けどこの道、ずっと森の中走っててコンビニどころか民家すらねぇ。
トイレいきてぇ。
やべぇ。
立ちションとかまじエキノコックスこえぇ(違)



と、苦悩しながら走ること30分。

あれ?おややや?
おお!!

駅があるじゃないか!
なんかファンタジーの世界によくある、延々と森をさまよい、いきなり目の前に現れた人工物に救われた時の気持ち。
そう!そんなファンタジーの世界にしかないと思っていたシーンがここ北海道にはあった!
そしてそれが川端駅だったのだ!!


それ以来、ここを通るときは必ず立ち寄って、あの時を思い出す。


残念ながらHDがぶっ壊れて昔の写真が残ってないが・・・・

2011年2月 札幌の友達の家に遊びに来た時
P1020330.jpg



2014年7月 親の車で走りまわった時
IMG_0576-2.jpg





IMG_2420.jpg
そして今日という日を迎えられたことを感謝し、謎のテンションで撮影するのだ。



IMG_2416.jpg

T先輩もN君もテンションが高い。
全く意味がわからないポーズも川端駅に感動しているからに違いない。
二人の心にはきっと川端駅が刻まれたことであろう。
この旅の目的の半分は達成できたと満足するのであった。



vlcsnap-2015-09-06-18h41m09s230.jpg

樹海ロードに入ってからはそこそこのペースで走る。
正直なところ、ここはあまり面白くないw




vlcsnap-2015-09-06-18h41m37s596.jpg

深い山々を突っ切る爽快ルートだけど、交通量が多く、追い越し禁止区間も多い。
初日だからまだ楽しめるが、二日目以降だとダルイと思う。
交通量の増える前、もっと早朝に走りぬけたほうが楽しいだろう。




IMG_20150823_085329.jpg

樹海ロード日高で一休み。
N君は早速バイクが故障してないかチェックをする。
チェーンがダルンダルンだったり、クラッチケーブルがダルンダルンだったりするため、毎日チェックして引っ張らないといけないらしい。
さっさと交換しようずwww




vlcsnap-2015-09-06-18h43m38s196.jpg

天気はよさげ!!



vlcsnap-2015-09-06-18h43m44s393.jpg

だったのが、怪しくなってきて。




vlcsnap-2015-09-06-18h43m55s179.jpg

トンネル内が明らかに霧ってて・・・・。



vlcsnap-2015-09-06-18h44m01s405.jpg

今年もやっぱり日勝峠付近は雲の中。
気温は10度くらいだったかな。
電熱ウェアをオンにしてあったか快適!
電熱ウェアは冬だけじゃない。
こういう温度変化に対応できることが最大の利点なのだ。
興味のある方は電熱ウェアのレビュー参照!

ちなみに、2001年はじめて北海道に来た時は気温8度で防寒着も不十分で、風邪引いたという苦い経験があるw
そう、川端駅に感動した1時間後の出来事だ。




vlcsnap-2015-09-06-18h44m46s496.jpg

一つ目の目的地、清水ドライブインに到着。
ドライブインなんてまた古い・・・と思うことなかれ。
ここの食堂はとてもがんばっている。
牛肉のミンチ?を半解凍でご飯にかけて食べる、牛トロ丼がうまいのだ。




IMG_2421.jpg

ででーん!
ソバとのセットで1100円だったかな。
単品だと900円くらいだったはず。
決して安くは無いが唯一無二の牛トロ丼を食せるなら安いもんだ。




IMG_2422.jpg

お味は、なんかとっても不思議!としか言いようが無いw
肉汁が出てくるわけではないが、赤身と脂身を混ぜてフレークにしているので口の温かさで旨みが溶け出してくる。
成型肉と同じような仕組みだとは思うが、口に入れた瞬間解けて消えるようなふわっとした食感。
マグロのネギトロとなんとなく似ているがやっぱり違う。でも他に例えられるものがない。そんな感じだ。

もし食べてみたい人がいたら、東京でも食べられるので是非行ってみるといい。
大井町にある濱田という居酒屋で、平日のランチで提供している。(夜も出しているのかな?)



IMG_2423.jpg

よしよし。
十勝平野は雨は降ってなさそうだな。




vlcsnap-2015-09-06-18h46m17s892.jpg

ここからは帯広の市街地を抜けるが、キャンプに必要なものを購入しに、しまむらとホーマックに寄る。
しまむらとホームセンターは本当に楽しい。
普通にショッピングを楽しんでしまったではないか。
1時間くらいww

今日の寝床は初キャンプとなる、阿寒丹頂の里 自然休養村野営場。
釧路市西部の国道340号線沿い。
時間には余裕があるが、天気はいまひとつなので軽く観光してさくっと向かうことにした。



IMG_2427.jpg

途中、浦幌道の駅のすぐ近くにある「乳神神社」へ立ち寄った。
男3人。
立ち寄らないわけには行かない。
ご利益は子授け祈願・安産祈願で、決して邪な場所ではない。
が、T先輩はひたすら邪な発言が続いたが、僕はしっかり子授け祈願をしておいた。



IMG_2425.jpg

あるのはこれだけなんだけどね。



アームストロング砲

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲ほど完成度は高くないとか、こんなことを言ってるとバチが当たるのでやめようw





vlcsnap-2015-09-06-18h53m55s171.jpg

太平洋に出るとやっぱ釧路だし霧が出てるか?と思ったら違っていた。



IMG_2431.jpg

釧路は霧の町というがこれは霧ではなく波しぶきが立ち上がっているのだ。
数日前から季節はずれの台風やらなんやらの影響ですごいことになっているらしいが、太平洋のフェリーだったらめちゃくちゃ揺れただろうなぁ。





vlcsnap-2015-09-06-18h54m54s123.jpg

16時30分に阿寒丹頂の里のキャンプ場に到着。
受付で1張700円くらいを払っていざ設営!!



IMG_2441.jpg

僕のテントはドッペルギャンガーのワンタッチテントT2-66ってやつ。
パッキングが大きいという難点はあるが、設営の早さはピカイチ!
初めてだったのでちょっと時間がかかったが、慣れればペグ打ちまで5分で終わる。
興味のある方はこちらのレビューを参照してください。

バイクはすぐ近くまで乗り入れOKでとっても便利。
トイレははそんなに綺麗ではないが、水場は十分な広さがある。
この日は自分達3人以外に2名だけで広々と使えた。




IMG_2449.jpg

設営を終えたら歩いて5分とのころにある温泉、赤いベレー に向かう。
入浴料410円で源泉掛け流し。
施設はそこそこ綺麗でお湯はちょっとぬめりのある弱アルカリ性。



IMG_2444.jpg

座敷でくつろげるしレストランも併設されていて、とても便利だった。
夕飯はレストランでも良かったが、あるのを知らなかったのでセイコマで購入済み。




IMG_2453.jpg

N君ご機嫌であるw




IMG_2457.jpg

テントに戻ったらご飯の準備。
3人がそれぞれちょっとずつ違うものを持ってきている。
僕が湯沸し最速のジェットボイル、T先輩が標準的なコンロ、N君が大火力のコンロ。
使い分けながら適当にご飯を作る。

僕はセイコマの100円塩焼きそばと惣菜。
この価格にしてこの量と、謎のエビとキクラゲが入っている。
これは至高の一品だ。



IMG_2458.jpg

お湯を沸かして味噌汁と、コンロを借りてモヤシ炒めを作って適当にみんなでつまむ。


夕食後は軽く散歩しながら高機能コンデジCanon S120の夜空モードで適当にとってみた。



IMG_2459.jpg

電線がちょっと残念だけどw



IMG_2460.jpg

IMG_2466.jpg


素人でもそれなりに撮影できるというのがコンデジの良い所だ。



そうこうしているうちに22時になり、テントに潜ってぐっすり眠ったのだった。





■1日目の走行
距離:379km
最高標高点:1019m 日勝峠
最低気温:10度くらい
最高気温:20度くらい
燃費:リッター21km

天気まずまずだったし初日だったし、道東への移動日ということでかなりの距離を走った。
昔はただただ走る事が多かったが、3人だしそんな歳でもないし、連日走るなら300km前後になる。
走行6万キロを迎えようとしている老体だけど燃費は落ちてない。
本州だと行き先によってバラツキが大きいけど、北海道では毎年どの道でも概ね同じペースで走るので、燃費計測にはもってこいだ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

行くぜ!2015年北海道キャンプツーリング!【0日目】

  •  投稿日:2015-09-04
  •  カテゴリ:遠出
いくぞおおお!!
4年連続9回目の北海道!!
(甲子園みたいに)

今回は初めて、会社のメンバーと3人でキャンプツーリング!
2015年一番の大イベントだ!




0日目 8月22日(土)


vlcsnap-2015-09-04-00h09m31s857-1.jpg

午前2時、横浜の自宅を出発し、10時30分出航の新日本海フェリーに乗るため新潟港へ向かうため環八を北上。
この時間でも交通量は多いが、流れているので昼間とは比べ物にならないほど早い。



IMG_2311.jpg

3時に関越自動車道の三芳PAに到着し他の2名を待って全員集合。
直行すれば3時横浜出発で余裕なんだけど、N君のW600がいつ何が故障してとまるかわからないので、早めの集合だ。



vlcsnap-2015-09-04-00h19m52s656-1.jpg

気温は20度くらいで心地良いが雨が降りそうだなぁ。と思っていたら案の定小雨が降り始めたので、寄居PAでカッパをきる。



IMG_2314.jpg

さらに赤城高原SAで休憩。
前に進んでないw
すっげー霧。
二年前も同じくらいの濃霧の中の走行だったな。
この辺は日の出前は本当にすごい。



vlcsnap-2015-09-04-00h20m47s741-1.jpg

関越最長のトンネルを抜けて・・・・


vlcsnap-2015-09-04-00h21m06s432-1.jpg

新潟に入るとここからが勝負だ!
景色に変化がなくて、めっちゃ眠いw



vlcsnap-2015-09-04-00h21m22s764-1.jpg

そして結構な本降りである。



vlcsnap-2015-09-04-00h21m41s023.jpg

新潟亀田ICを降りて新潟港まで一般道を20分ほど走り、いつも港の2kmくらい手前のガソリンスタンドで給油をする。
ここで給油しておかないと、明日は早朝4時30分に小樽に上陸するので、すぐに給油できない可能性があるためだ。



IMG_20150822_090145.jpg

さらに数百メートル走ると今度はセブンイレブンがあるので、フェリー内での食料を調達する。




vlcsnap-2015-09-04-00h22m18s423.jpg

フェリー乗り場は左。



IMG_20150822_092151.jpg

このへんに集まっているので適当に停車しよう。



9時にフェリー乗り場に到着した時には既にバイクの乗船が開始されていた。
早すぎても暇だし、もう少し遅くても乗船は可能だが、9時到着くらいを目安にしておくと良いだろう。

新日本海フェリーの受付方法は、
①E乗船券を印刷する
②受付で乗船券をもらう

の二つ。
乗船券は乗船後にも必要なのでスマホでE乗船券を表示させるのではNG。
仕方なく受付に行くがちょっと時期がずれていたせいか、時間が遅かったせいかすぐに受付できた。
新日本海フェリーは車検証不要でらくらく!
ここでの受付はあくまで乗船まで。
部屋割りは中に入ってロビーで決まるので、友達と一緒なら乗船後に一緒に受付をすれば同じ部屋になる。






vlcsnap-2016-01-24-00h19m01s785.jpg

雨のなかしばらく待つ・・・・。
インカムで通話できているから気がまぎれていいんだけどね。
インカム最高!





vlcsnap-2015-09-04-00h23m18s066.jpg

待つこと10分くらい。
9時30分に乗船。
ガタガタ・・・・ってこの感覚はフェリーに乗るんだなぁ!って気持ちになるね。



vlcsnap-2015-09-04-00h23m27s393.jpg

vlcsnap-2015-09-04-00h23m39s727.jpg

船員の指示に従って壁際にとめる。
荷物を降ろして客室エリアに入って受付。



IMG_2315.jpg

今回は・・・というか毎回なんだけど、下から二番のツーリストB。
ここと左右の2区画で8つのベッドを3人で貸切。
お盆の最盛期でもない限りはだいたいこんな感じだ。



IMG_2317.jpg

ベッドは幅80cmくらいで余裕はないが狭くもない。
残念ながらコンセントはない。
大洗~苫小牧の商船三井だとこのクラスでもコンセントがついていたような。
でも、新潟航路のほうが時間も良いし大幅に安いからやっぱりこっちだ。

荷物をおいて軽く朝食たべて・・・・・
当然爆睡!!!

といっても寝すぎると夜が眠れなくなるので3時間くらいの昼寝にして起床。
さてさて船内をうろうろしてみよう。



IMG_2403.jpg

一番安いツーリンストJ。
一部屋20人くらいだが、概ね5人程度の割り当てとなっていた。
コンセント、ちょっとうらやましい!



IMG_2329.jpg

自販機。
酒、タバコ、ジュース、アイス、軽食。
値段はコンビニの2割り増しくらい。
すごく高いわけではないので、冷たいものなんかは船内で買ってもいいだろう。



IMG_2393.jpg

給湯コーナー。
熱湯が出るのでカップラーメンが食べられる。



IMG_2322.jpg

コインランドリー。



IMG_2321.jpg

IMG_2325.jpg

トイレ。
船体が少し古いのでちょっと古さを感じるが、一応ウォシュレット付き。



IMG_2344.jpg

ツーリスト部屋が下、上位の部屋や食事コーナーは上。



IMG_2348.jpg

IMG_2346.jpg

フードコーナー。
値段はラーメン500円、たこ焼き400円、焼きおにぎり150円くらい。
いずれも冷凍食品のようだが値段はそれほど高くはないので、コンビニで買いそびれてもまぁいいかという感じ。
営業時間は長くなく、開店時には船内放送がるので、食事をしたい人は早めに行こう。
椅子やテーブルは十分な数があるので、座れないことはない。



IMG_2349.jpg

窓際の席はすぐ埋まってしまう。



IMG_2367.jpg

マッサージ機もある。
100円とは書かれているが何分なんだろうかw



IMG_2347.jpg

売店はちょっとしたお菓子とおみやげ、酔い止めの薬なんかが売られている。
ここもフードコーナーと同じく、営業時間が短いので注意。



IMG_2351.jpg

エアホッケーの場所がペーパークラフト作成のイベント会場になっていた。



IMG_2352.jpg

IMG_2354.jpg

ゲームセンター。
一通り揃ってるような?



IMG_2356.jpg

IMG_2366.jpg

レストランはちょっとお高め。
むかーし1回だけレストランで食べたことあるなぁ。



IMG_2372.jpg

風呂。
返却式のコインロッカーもあるしドライヤーもついている。
お風呂は結構広くて綺麗だし、景色もすばらしい。
接岸するほうが男風呂になっており、出航するまではカーテンをあけないよう注意書きがあったw



IMG_2375.jpg

シアタールーム。
上映するときは船内放送が流れる。



IMG_2387.jpg

ビデオルーム4つ。
ロビーで受け付けるのかな?



IMG_2383.jpg

チルドレンコーナー。



IMG_2385.jpg

公衆電話。
ドコモならそこそこ携帯の電波が入るのでメールくらいならできるが、ソフトバンクはほぼ全滅だったw



IMG_2371.jpg

エレベーター。



IMG_2388.jpg

ビジネスコーナー。
100vの一般コンセントが使えるが長時間の利用は難しそう。



IMG_2389.jpg

喫煙所。



IMG_2396.jpg

もう一つ、船首という絶好の場所も喫煙所。



IMG_2357.jpg

船外エリア。
この日は風が強いため、船尾以外は出られなくなっていた。
船尾は風が少なく快適。
このときはしてなかったが、鉄板ジンギスカンを2000円くらいで食べられるらしい。



IMG_2359.jpg

ヘリの発着場。



IMG_2405.jpg

一通り見終わったら風呂に入って夕飯を食べる。
四国民にとってはデファクトスタンダードの金ちゃんヌードル!(徳島製粉)
中学生になるまでは、日清カップヌードル?明星チャルメラ?サッポロ一番?
金ちゃんラーメンだろwwww
って思っていた。かなり本気で。
この具と粉末スープが個別になっているのが、カップヌードルより高級感があって好きだったw



IMG_2407.jpg

船内の給湯使用記念にと撮影していたら入れすぎたwww
すんごーく味が薄いが、この麺のパサパサ感はまさしく金ちゃんヌードルである。
ぶっちゃけ、安物感というか手作り感というか、カップヌードルより明らかにランクが落ちる感じが良いのだ。
夕飯を食べながら明日の天気を見てルートを相談。
とりあえず道東の天気は悪くなさそうなので道東へ向かうことにした。




タブレットで映画を見ながら眠気がくるのを待って9時くらいに寝る。
明日は早朝4時30分に小樽上陸。
4時には起床するし、これからの1週間は早寝早起きになるので、ここで体内時計をコントロールしておくといいだろう。
上陸初日からフルに走れる、これが新日本海フェリー 新潟~小樽航路の良いところだ。

さあ明日からの北海道!
楽しみにしながら、爆睡するのだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー