OGK kazamiのレビュー

何かスイッチが入ってしまった怒涛のヘルメットレビュー 第三弾!
2016年7月に発売されたOGKのシステムヘルメット KAZAMIを購入したので書き留めておく。


OGKはジェットのアヴァンドを4年前に購入して以来、OGKも悪くないね。という印象を持っていた。
15年くらい前はアライかショウエイの2択だったが、ここ数年でOGKの品質、性能が飛躍的に向上しており、そろそろジェット以外の何かを試してみたいと思っていたところに発見。
システムヘルメットってショウエイのネオテックが有名だが、ちょっと被ってみたいというにしては4万円は高い。

対してKAZAMIはインナーバイザーまで装備して28000円という激安っぷりに惹かれて購入してみた。
前モデルなのか、上位なのか微妙な位置にいるイブキと比べて、5000円近く実売価格を下げた上に各部のブラッシュアップが行われており、OGKの本気が見て取れる。

正面


OGK kazamiの正面画像

見た目はザクだ。
正面だけじゃなく360度ザクを髣髴とさせる。
購入したのは赤なのでシァア専用ってところか。



OGK kazamiのインナーバイザーレバー位置

インナーバイザーは左下のレバーで操作できるようになっており上げ下げはやりやすい。
すいすいとストレスなく動いてくれる。





OGK kazami 頭部のベンチレーション

ベンチレーションは頭部と口元の2箇所で、どちらも全開、全閉のどちらか。




OGK kazami 口元のベンチレーション

口元のベンチレーションは顎のほうに抜けるような仕組みになっておらず、シールドの曇りを取る方向にだけ出ている。
顎のほうにも抜けるくらいやってくれても良かったな。





DSC00817.jpg

黒のプラスチック部分がアクセントになっており、ザクである。




後ろ


DSC00693.jpg

後部のベンチレーションは開閉式ではなく常時開きっぱなし。
わかりにくいけど、黒いプラスチック部分の左右に小さな穴がある。



底面


OGK kazamiのラチェットバックル

一般的なDリングではなくOGKでは主流のラチェットバックルとなっている。
着ける時は単に差し込むだけ。
ガチガチと段階式で入っていくのでちょうど良い締め具合のところで止めれば良い。


バックルの外し方

外すときは赤い紐の部分を引っ張ると抜けるようになっている。
被ったときに首元にプラスチック部分が当たるので少し違和感がある。
着け外しは楽なので短距離走行を繰り返すにはいいけど、ツーリングでは恩恵を受けにくいのでDリングのほうが適しているかなと思う。



OGK kazamiのチンオープン方法

顎の部分には巻き込み風防止のフラップがついている。
外したり引っ張り出したりは出来ないが、これだけでも十分な効力を発揮しそう。

顎の先端の赤いレバーを引っ張るとチンオープンとなる。
動作はスムーズで引き上げるのに力は要らない。




DSC00706.jpg

引き上げると頬の部分にチン部分を引っ掛ける金具がある。



内装はよくがんばっている


OGK kazamiの内装

OGK kazamiの内装を取り外す

この価格にしてこれだけ取り外しができるのはなかなかがんばっている。
各種パッドも安めなのでサイズ調整もしやすい。




DSC00716.jpg

内装を外した帽体。
頭部に風を流すための堀がある。






OGK kazamiにインカムのスピーカーを埋め込む

耳にはスピーカーをつけるくぼみがあるのだが・・・・直径が小さい。
ショウエイと同じでB+comのオプション スピーカーNeo以外は全然はまってくれない。
SENA 20S、SB5Xの純正はどちらも微妙にだめだった。
とは言え、耳の部分に隙間はそれなりにあるので適当にくぼみをクッション両面テープとかマジックテープとかでうめて取り付ければOK
うーん、結局のところこのくぼみ、あんまり意味ないんじゃない?




シールドの着け外しは簡単だけど、シールドの歪みが多め


OGKのシールド交換方法

OGKのシールドシステムはよく考えられており、シールドを全開にした状態でレバーを引くとかぱっと外れる簡単設計。
イメージ的にはショウエイとほぼ同じ。



シールド交換方法2

取り付けは上部のほうを先にはめて、下部を押し込めばカチっとはまるようになっている。
とっても簡単!



DSC00820.jpg

シールドの品質はいまいちだ。
写真ではわからないが、少し波打っている感じがする。
アヴァンドやASAGIではそうでもないので、KAZAMI特有なのかな?
ただ走っている分にはそれほど気にならないレベル。
インナーバイザーは取り外しできなさそうな感じがするけどうどうなんだろう。




インカムの取り付け


OGK kazamiにSB5Xを取り付け

帽体に隙間があるのでクリップタイプで取り付けが可能。
SB5Xはクリップが薄いので取り付けやすい。
バイザー用のレバーとアンテナが干渉するかと思ったけどなんとか大丈夫。




DSC00800.jpg

マイクはアーム式がありまり好きではないので、ワイヤータイプをチークパッドに埋め込んでいる。





OGK kazamiにSENA20Sを取り付け

SENA 20Sのクリップタイプは分厚いので少し手間取ったが、なんとか取り付けは可能だ。
まぁだめなら両面テープでいいんだけど、個人的にはクリップタイプのほうが好き。
アンテナもなんとかレバーと干渉せず取り付け可能。


インカムについてはこちらの記事もご参照ください。

被り心地はジェットに近い


KAZAMI10.jpg

公式の写真はこう。
シャアかと思うようなイケメンが被ればさまになる。
しかし諸君!
現実はこうだ!
イケメンが被らなければこうなるということをよく見ておくがいい!




OGK kazamiを被る

マクベ

シャアなんて幻想は捨てて、マクベにでもなれたら幸運なほうだろう。
というか、アゴがなくなるくらい太ってるのがショックだ。



OGK kazamiインナーサンシェードを下ろす

チンオープンした状態でインナーサンシェードを下ろすこともできる。
なかなか怪しい感じだけど。




DSC00722.jpg

インナーサンシェードと目の間は結構余裕があって、メガネをつけたままでも問題なし。
またメガネスリットがちょうどよくて、テンプルを適度に圧迫してくれるので、どんな位置でもそれなりに固定してくれる。


僕は概ねどのメーカーでもMサイズが合うのだけど、OGKのジェットはMサイズがかなりぎりぎりで、KAZAMIは頬に少し余裕がある。
サイズ感が違うので注意が必要だ。
チークパッドは3000円程度とショウエイより安くてアライとほぼ同額。
厚みで調整が出来るので、ゆるいと感じた人は変更してみるといいだろう。


手元にあるヘルメットと重量を比較。
すべてMサイズで多少の違いはあるものの、概ね僕がそのまま使って問題ないのでサイズ感はかなり近いと思う。

■アストラルX(グラフィック) 1625g
 ※プロシェード外してノーマルシールドの場合 1559g
■アストロTr 1500g
■Z-7(グラフィック) 1381g
■KAZAMI 1808g
■ASAGI(グラフィック) 1499g ※ジェット
■アヴァンド(グラフィック) 1320g ※ジェット

※注意事項 グラフィックモデルはソリッドカラーより比べると20g程度重くなるので、差し引いてみてください。

重量はかなりあって持った瞬間に重い!というのがわかる。
被ってもそれなりの重さを感じるけど、慣れれば問題は無いかな?



巻き込み風は少ないが、風切り音はかなり大きい


OGK kazamiを被ってバイクにまたがる

DSC00791.jpg
わかってはいたけどかなり頭でっかちだ。
横から見ると後ろの深さが足りてないような感じ?
でもサイズ感はちょうどいいので、こういうデザインなんだろう。

※追記
少し前に深く被りすぎているみたいで、だいぶ不格好な写真になってます。
ちゃんと被れば3倍はイケメンのはず!







OGK kazamiを被ってチンオープンしてバイクにまたがる

チンオープンすると重心が思いっきり前にいって重い。
このまま走行はできなくはないだろうけどまずやらないかな。
まぁ安全面からもナシだと思う。



■ベンチレーションはいまひとつ
走り出してすぐ感じたことは、ベンチレーションがあまり効いてないw
頭部のベンチレーションは一応ぎりぎり風が入っているとわかる程度。
口元はシールドの曇りを取る方向にしか風が入らないので当然か。



■巻き込み風はかなり少ないけど・・・
巻き込み風は非常に少なく、正面を向いている限りはほとんどない。
チンガードが結構効いているようだが、これが口元ベンチレーションがシールド方面にしか風が流れないために、口元の空気が滞留しやすくなっている。
50km/h以上で走っていれば換気されて気にならないが、50km/h以下では息苦しさを感じてしまう。
巻き込み風の制御をしっかりしたのに、機構的には難しくないであろう口元へ抜ける通路を導入しなかったのは少し残念だ。
ただこれは真夏の昼間に限っての話なので、涼しくなれば影響は少ないだろう。

特に問題は無いが、横を向くと顎の端から結構巻き込み風が発生する。




■インナーバイザーは良好!
インナーバイザーは非常に良好で、適度な透過率でまぶしさを軽減してくれる。
アライのスモークと同じくらいかな。

DSC00825.jpg

同社のインナーバイザー付ジェットのASAGIで少し不満となる、インナーバイザーの中央部分がえぐれている件も、顎の部分があってどうせそのあたりは見えなくてナビ等は下を向いて両目ともバイザーを通して見ることになるため、消極的な理由ではあるがインナーバイザーの形状に不満は少ない。

ASAGIでの不満とは、インナーバイザーの中央下がえぐれているせいで、下を見たときに左右の目がバイザーにかかったりかからなかったりするため、非常に見えづらいということ。
ナビを見ようとした時に片目はサングラス、もう片方の目はサングラス無しで見ているような状態になるのだ。
えぐる必要はなくてまっすぐにしてくれれば良いのになぁ。



■風切り音はかなり大きい
60km/hを越えたあたりから大きな風切り音がして、速度を上げれば上げるほどそのまま大きくなる。
音質は高くも無く低くも無く、ヒューーーーー!という感じ。
まぁシステムヘルメットなので仕方ないかな。
高速を連続して走り続けるにはちょっと煩いと感じる。





■ツーリングより近場利用におすすめ!
初のシステムヘルメットなので比較ができないが、値段の割りによくできている。
通常なら4万円を超えそうな豪華な装備にもかかわらず28000円という値段はかなり挑戦的。
シールドは今ひとつだったが全体的な品質は値段の割りに良い。
安全性はおそらくジェットに近いレベルだけどこれは致し方なし。
重くて風切り音が大きいため長時間被り続けたり高速は苦手だけど、ラチェット式で着け外しが楽だったりインナーバイザーやチンオープンがあらゆるシーンに対応できるため使い勝手は良い。


メットをかぶったままタバコやコーヒーを飲みたい。
それでいて少しでも防御面で優れていることとバイザーも欲しい、さらに安価なこと!
という欲張りな人にはうってつけのヘルメットだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加