最近ちょこちょこKLX125に乗っている。
といっても今年に入って3回、走行距離30kmくらいw
2014年9月に購入してまだ750kmと慣らしすら終わってないのに、改造だけはチマチマとし続けている。
まぁ昨年4回しか乗ってないVFRと比べたらよく乗ってるほうだよ!


そんなKLX125で最近ちょっと気になるのが、純正がロースロットルで大きく開けるには握りなおさないといけない点だ。
125ccだから当然だけどパワーの無さ故にスロットルを大きく開ける事が多くてねぇ・・・・。

あ・・・気になっちゃった。これは由々しき事態だ!僕は気になりだすと止まらないのだ!なんとかせねば!

ってことで、 【KLX125 ハイスロ】で検索してみると、Dトラ125で06年式以降のYZF-R6の純正スロットルパイプ(40パイ)が無加工でいけるとか?
お値段も1400円と安い。
KLX125 2014年式の純正は37パイなので約8%ハイスロになる。
多分、初年度の2010年から現行の2015年式までその辺かわってないと思うけど、各自でパーツリストを確認してね。

他の選択肢はZETAのKLX125用アルミスロットルパイプ 40パイがある。
R6と同じ径で8%ハイスロ化できるんだけど、5000円くらいするのでパス!

でも、2chにR6スロットルパイプは無加工ムリ!しこしこ削ってなんとかついた。って書き込みもある。
どっちが本当か?疑問に思ったらレッツ検証!


んで、行き着けの日吉ホンダモーターで注文。
ホンダだけどももちろん他社のも取り寄せOK!
いつも安いものばっかりでゴメンよ!


到着したのがコレ。
品番 2C0-26240-00
YZF-R6 06年式以降のスロットルパイプ 1400円くらい。
グリップもついていて、これがなかなか触った感触が良い。
グリップが左右違うようになってしまうけどこのままいくかなw

P1070045.jpg


プラスドライバーでネジを2つとれば簡単にスイッチボックスが外れる。

P1070059.jpg

P1070060.jpg


こんな感じでワイヤーのタイコがスロットルパイプにはまっているので、タイコを横から引き抜けば簡単に外れる。

P1070061.jpg


純正(黒)37パイとR6(白)40パイを比べてみた。
こんだけ違うと厳しいような気もするけど・・・・

P1070070.jpg

さぁいけるかな?レッツ取り付け!
・・・・・・・・・ガーーーン!
無加工じゃムリ!
一応スイッチボックスはしまるが、ワイヤーとパイプがスイッチボックスにあたって抵抗となってスロットルが戻らないのだ。
どこが干渉してるか見て見ると、

P1070072.jpg


多分このへんがあたっている。
金ヤスリでちょっと削ってみたけど、奥の二箇所は角度が悪くて全く削れない。

P1070075.jpg


純正のスロットルパイプにはワイヤーが落ち着くようにわずかに中央に溝がある。
じゃあ同じことしようとR6のスロットルパイプの中央にワイヤーが埋まるように0.5mmくらい溝を作ってみたが全然だめ。
多分2mmは削らないといけないけど、それだとハイスロにならないじゃないかwww

P1070084.jpg


スイッチボックスの加工をがんばるしかない・・・・・。
金ヤスリとスイッチボックスを見つめること3秒。
手抜き作業、ハンダゴテで溶かしてしまえ作戦でいくことを決意!
もうこのハンダゴテはプラ溶かし専用であるwきたねぇえええw
このあと金ヤスリでバリをとったのでワイヤーへのダメージはないはず!

P1070087.jpg


試行錯誤を繰り返して落ち着いたのがこんな感じ。
赤ラインに沿うように削っている。
手前の○の部分はスロットルの戻し終わった時に当たる場所。
ちょっと角を削りすぎたか?戻し終わりでカチっと止まらずぐにゃっと止まるw
純正スロットルパイプ入れたら、そのまままわってしまいそうだw
まぁ戻す操作を意図的にそこまでやらないし、気にならないからいいや。

P1070090.jpg


下のケーブルチューブ?も少し削らないといけなかった。
スイッチボックスをつけるとチューブとスロットルパイプが干渉してすべりが悪いので、ケーブルが露出しない程度に削る。

P1070092.jpg


最後に組み付けて、遊びがなくなっているので調整して完成~~~!
バーエンド開いてるけど、後日考えるとして放置!
無加工なら5分で終わるところなのに1時間もかかったw
数値上は8%でこんな感じになった。
指標としてバイク用オートクルーズ?のグランツアー アクセレーターロックシステム(大げさな名前w)をつけて位置計測。
結構効果ありそうよ?

アクセレーターロックシステムの記事はこちら
ラフ&ロード 初売りセールでバイク用クルーズコントロール?グラン・・・・・・

P1070053.jpg


■実際に走って見た感想
なかなかいいね!
慣らし中なんでまだそろっと走っているけど、ちょっと深めに握っておけばフルスロットルまで握りなおさなくても良くなり、加速、減速の多い街中では楽になった。
ツーリングもオフロードも断然こっちのがいいと思う。
もう少しハイスロ寄りでもいいけど、純正スイッチボックスのサイズもギリギリそうだし安く仕上げるならここいらが限界かな。

そんなわけで、ちょっとハイスロ化するのはアリだな!!
オススメするよ!




ZETAのハイスロパイプを!!!wwwwwwwwwwwwww

ZETA:アルミスロットルチューブ(ハイスロットル)
by カエレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ
 タグ
None