ある日曜の朝。


ピンポーン
宅配でーす。



はいはーい。
えっと、ここにサインすればいいんですね。



じゃ、これ置いていきます。



っていう夢を見て目が覚めたんだ。
そしたら本当に庭にバイクが一台増えているではないか・・・
そう、超レアな重慶ヤマハのXTZ125が!

P1070267-2.jpg


というわけで、以前から欲しくて欲しくてたまらなかったXTZ125がやってきた。
いったい何台買うんだ・・・って言われまくっているが今回で最後。
昨年は長期出張と深夜残業と徹夜残業と休日出勤ばかりで何もやる気が起きなかったが、先週ようやく4つのうちの長期出張が短期出張に切り替わることが決定し、テンションが上がっている。ので、勢いで買ってしまったんだ!
と、言い訳にもならない事を言っておこう。



では、XTZ125なんてしらねーよ!って人がほとんどだと思うので簡単にXTZ125の歴史を紹介。
XTZまとめwiki、2chのXTZスレを参考に自分なりの解釈で書くので、間違っている点もあると思う。
プレスト時代はあったものの、今は並行輸入のみで情報が非常に少なく謎が多いのだ。


■■■2016年3月18日 追記 ご注意ください!■■■
以下の情報は販売店を通して輸入代理店から得た情報ですが、大幅に間違っている可能性があります。
2013年のフルモデルチェンジ以降のモデルに12.5馬力仕様は無く全て9.8馬力。という情報が2sh XTZスレでは主流のようです。
当ブログで不確実な情報を拡散させてしまい大変申し訳ございませんでした。
不確実な記事を掲載してしまった経緯につきましては、本記事のコメント欄をご参照ください。
XTZの情報が必要な方は他サイトで情報収集していただければ幸いです。




■2003年 ブラジルで生産し販売開始

排気量125cc、馬力12.5ps、トルク11.6Nm、F21インチ/R18インチ、空冷単気筒のフルサイズオフ車。
リアブレーキがドラムだったり、開放式バッテリーだったり、灯火類が交流だったり、キャブ(VM20SS)だったり、とにかくコストダウンされているけど、派手にジャンプするようなコースでもなければ、普通に林道くらいは走れるよ。っていう感じの、お手軽オフロード車。
でも、このクラスとしては珍しくバランサーを搭載しており振動が非常に少なく、燃費が良く、タンク容量も大きいため長距離走行に向いている。
エンジンは2000年からブラジルで生産し、好評を得たことで世界戦略車となったYBR125がベースとなっている。
環境規制のゆるい当時としては、平均的な性能だったようだ。

XTZ125.jpg


■2004年 ヤマハの逆輸入車を扱うプレストが取り扱い開始

車体価格25万~30万、乗り出し30万~35万程度で、安価な125ccフルサイズオフ車として、ひそかに人気となる。
2008年まではカラーリングの変更のみ。


■2009年 ブラジル国内環境規制に対応

VMキャブ(VM20SS)からCVキャブ(BS25)に変更となり、馬力10.9psに低下する。
プレストが取り扱いを停止したため、2014年で次モデルが入るまでは2008年モデルがしばらく輸入される。


■2013年 フルモデルチェンジをし中国の重慶ヤマハで生産開始
主な違いは、ヘッドライトなどスタイリッシュなデザインへの変更、灯火類が全て直流へ変更、キャリア標準装備の3点だが、仕向地によって性能が大きく違う。

大きく分けてブラジル向け、メキシコ/コロンビア向け(フィリピン向けも同じ?)の2つの仕様があり、ブラジル向けはさらにパワーダウンするが、メキシコ向けは2008年以前のモデル同等の性能を発揮。
2014年からメキシコ向け(コロンビア向け?)モデルが国内に入ってきたので、国内では2014年からという認識になる。
輸入代理店ははっきりしてないがプレストではない。


ブラジル向け 馬力9.9ps トルク9.8Nm キャブ:BS25
ブラジル ヤマハのサイト

メキシコ向け 馬力12.5ps トルク11.5Nm キャブ:VM20SS 又は MV28
※メキシコのサイトではVM20SSと記載。コロンビア向けがMV28?
※2chではマニュアルにMV28と記載があると多数報告有り。
※販売店を通して代理店へ確認すると、MV28と記載のある車体は12.5馬力仕様と回答有り。
メキシコ ヤマハのサイト


■2015年 新環境規制EU3対応で馬力/トルクが低下
輸入代理店のアトラスが取り扱いを開始。
BS25キャブとキャタライザーでEU3に対応、キャブヒーターで冷却状態の安定性が向上。
仕向地はなくなり全て統一される。
南米向け、中国国内向けがあることが確認されており、エンジンやサス、フレームといった重要部品の違いは無いとのこと。
(販売店から代理店へ確認済み)


馬力9.6ps トルク9.9Nm キャブ:BS25
アトラスのサイト




昨年8月にKLX125を購入した時に悩んだけど、まぁ欲しくなったらそのうち買えばいいや。
って思ってたら、2015年になってまさかのスペックダウン。
キャブヒーター装備というプラス要素はあるものの、この車重でこの馬力、トルクダウンは影響が大きそうだと思い、新車は既にないので中古で探し回ったところ、遠距離で実際見に行くことができなかったけど、写真を大量に送ってもらって思い切って購入に踏み切った。
数百キロの新古車で傷も曲がりもなく、総額で新車の3割引で購入できたのはラッキーだった。


■本当に新型の12.5馬力仕様?
まず、12.5馬力仕様であることの条件は、キャブがミクニのVM20SSかテイケイ(TK)のMV28であること。
国内に入っている12.5馬力仕様はどうやらMV28のみのよう。
マニュアルにキャブ型番が記載されているという報告もいくつかある。
次にヒントとなるのが、メキシコやコロンビアなどのスペイン語圏向けであることだ。


僕のは2014年登録でマニュアルはスペイン語。
メキシコ/コロンビアはスペイン語圏、ブラジルはポルトガル語圏なので、この時点で可能性は高い。

ただし、2chでマニュアルに記載があると書かれていたキャブ型番(MV28)の記載は無い。
キャブを見る限り、キャブヒーターもついてないし形状も全く違うので、2015年のMIKUNI BS25ではないのは間違いないが、MV28はテイケイという非常にレアなメーカーで、さらにXTZがレアで、さらにさらに2014年の1年間だけ販売されたモデルなので、外観でMV28とわかるような画像がない。
TKという刻印はあるのでテイケイなのは間違いなが、テイケイのサイトを見るとMV28の情報が無いのでやはり確証がもてない。
MV28はTW200の後期モデル?に搭載されていたので多少の情報はあるが、あまり参考になるものがなかった。
確率的には極めて高いけど、決定的な証拠は無い。
という感じだ。

さっさと乗って自分が満足するか否かが大事なんだけど、気になるものは気になるのであるw


マニュアルの後半 8-1にMV28と記載があったので確定!ひゃっほ~い!

後日、この辺の情報を整理してみようと思う。


まぁそんな経緯あってやってきたXTZ125!
KLX125とXTZ125の二台あれば嫁と林道に行けるね!Dio110で行った時はめっちゃしんどかったんだよ・・・・愛鷹林道の記事
ってことで今年は林道探索をせっせこ積み重ねていきたいと思う。

■KLX125との簡単比較レビュー
XTZ125 KLX125 簡単に良い点、悪い点の比較!

P1070276-2.jpg このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ
 タグ
None