遠出のカテゴリ記事一覧

バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

カテゴリ:遠出

遠出のカテゴリ記事一覧。バイク用品(インカム、ヘルメット等)、ウェアラブルカメラ、キャンプ道具を買いまくって、レビューのためにツーリングをする様子を公開するブログ。

2015-09-10 遠出
3日目 8月25日(火)この日はこの旅一番の快晴!よっしゃ走って観光して満喫するぞおおおおお!午前6時。まだみんな寝静まっている中、こっそりとライダーハウス インディアンサマーカンパニーを出発!納沙布岬まで30km、30分くらいで到着。根室市の公園はとにかく整備が行き届いていて、芝生もすごいしモニュメントも多い。税収が多いとは思えないから国からの補助で作られているのかな?N君は鳥をおっかけて飛ばして遊んでいる...

記事を読む

2015-09-10 遠出
2日目 8月24日(月)朝5時頃起床。寝袋は真夏用とインナーフリースで二重にして、温度調整できるようにしておいたが、ちょっと寒かくて明け方に一度目が覚めてしまった。まぁそれでもそこそこには眠れたのでOKだ。天気は・・・曇り!湿原を観光しながら根室に向かうことにする。距離は短くて250kmくらい。これくらいのんびりなのも良いんだな。セブンで軽く朝食。こういう時のから揚げは肉汁と油がじゅわーっと口に広がって胃を...

記事を読む

2015-09-06 遠出
北海道1日目 2015年8月23日(日)小樽上陸だ!!!!!がっ!!毎年のように上陸したらさすがに感動はねえぞおおお!!早朝4時30分に小樽入港。ちょっと荷造りに時間がかかったのもあるし、バイクの順番は後ろのほうなので上陸したのは5時20分だった。T先輩は5年ぶりくらい、N君は10年ぶりくらいらしくwktkが止まらない様子w天気はうーん、まぁ悪くは無い!火曜までは道東も道北もそこそこの天気らしい。とりあえず道東の天気が...

記事を読む

2015-09-04 遠出
いくぞおおお!!4年連続9回目の北海道!!(甲子園みたいに)今回は初めて、会社のメンバーと3人でキャンプツーリング!2015年一番の大イベントだ!0日目 8月22日(土)午前2時、横浜の自宅を出発し、10時30分出航の新日本海フェリーに乗るため新潟港へ向かうため環八を北上。この時間でも交通量は多いが、流れているので昼間とは比べ物にならないほど早い。3時に関越自動車道の三芳PAに到着し他の2名を待って全員集合。直行すれ...

記事を読む

2015-08-22 遠出
いま、三芳pa!めっちゃ早いw新潟からの新日本海フェリーのるんで、見かけたらこえかけてください。前後にカメラ3つつけてるんで、すぐわかるはすw...

記事を読む

2015-07-30 遠出
うぇwwwwwなにこれwwwwすれ違った第二次世界大戦時のドイツ車。こりゃあ血が騒ぐぜ!ってことで声をかけたところから何かが始まった林道ツーリング。その何かの出来事がこの日の大半をしめることになろうとは思いもしなかったw7月26日 日曜日嫁と初めてオフ車二台で林道ツーリングへ行くことにしたが、この日は猛暑日で本気で暑かった。125ccなので当然高速には乗れず、下道で秩父を目指す。行き先はこのへん。廃墟で有...

記事を読む

2015-07-13 遠出
だいぶ遅くなったけど最終日の4日目を書く。3日目の記事朝食を食べてちょっと遅めの8時出発となった。鳥海温泉 遊楽里は朝食もなかなか良くて、部屋も広いし良い所だった。僕の基準からすると朝夕ついて一泊9000円は高級ホテルの部類だw今日のメインは笹川流れと只見川沿いの国道252号だが、帰宅までの距離は結構あって、どうしようか悩みながらのスタートとなった。酒田市外は高速で迂回してパスする。無料高速も使ってあつみ温...

記事を読む

2015-06-26 遠出
遅くなったけど東北ツーリングの続き。1日目、2日目の記事全体のルートはこんな感じ。仙台の手前から秋田南部の酒田市までを走る。■3日目 6/1(月)朝6時に起きて7時に宮城県蔵王町の宿、すみかわを出発。快適な部屋でよく眠れたので体の調子が良く、天気も良いし、行き先はメインとなる栗駒、鳥海山だ。栗駒までの移動は国道457号を北上する。ここを選んだ理由はツーリングマップルにオススメロードとなっていたからだが、大失敗...

記事を読む

No Image

2015-06-15 遠出
ツーリング記事にしただけでは一部の道しか記録できないし、記憶力に自信はあるけど昔のことはやはり記憶が薄れてしまうので、できる限り全行程を記録する。まだ情報が少ないけど、ツーリングルートの検討に役立てればと思う。■マイマップの見かた・道ポインターの色はオススメ度に応じて、緑→黄緑→黄色→グレー→黒 とする。緑が最高、黒が最低という位置づけ。茶色はオフロード。道の線の色分けに意味は無い。走行区間がここから...

記事を読む

2015-06-07 遠出
先週の土曜夕方から火曜夜まで、嫁と嫁友Tと僕の3人で3泊4日のロングツーリングに行ってきた。ルートはざっくりこんな感じ。本当は飛騨高山を抜けて能登半島を考えていたけど、天気が微妙だったので東北に変更。去年からやたらと東北ばかり行っているが、今回はちょっと足を伸ばして岩手、秋田の南部まで行く。久しぶりの東北中部。栗駒と鳥海山が楽しみだ。■1日目 5/30(土)嫁友Tの仕事が終わるのを待って18時頃に横浜を出発。...

記事を読む

2015-05-25 遠出
先週日曜、後輩N子の納車記念に近場ツーリングに行ってきた。コースは神奈川東部、東京西部にお住まいの方必見の、ショートツーリングの超定番。宮ヶ瀬から裏道志、都留、道志で帰るルート。一部狭かったり急勾配もあったりするが、近場では最も混まない、快適な道だ。メンバーはT先輩(VFR1200)、N君(W650)、N子(ゼルビス)、嫁友T子(CB400SS)、L子(会社の後輩?シンガポール人でタンデムで来る)と僕(XTZ125)の6人に、...

記事を読む

2015-05-07 遠出
GWに日帰りで会社のツーリング仲間で走ってきた。予報ではかなり天気が崩れるとなっていたけど、ほとんど雨にうたれることはなく、雲も少なくて良いツーリングに。ルートは上記の通り。ゴールが変なところにあるのは多分GPSロガーのバッテリーが切れたせいと思われる。写真をあまりとってないので、タンクにマウントしたSJ4000の画像ばかりになってしまった。反省。朝6時20分に嫁と二人で自宅を出発。集合は8時に関越高坂SAだが、...

記事を読む

2015-04-26 遠出
ラーツーしてぇ・・・・本当は昨日(土曜)、南関東では有名な埼玉の大名栗林道へ行くつもりだったが、金曜夜に仕事が全然終わらなかったので土曜は朝から夜まで仕事。今日はフリーなんだけど明日からまた忙しいのに、休日に疲れては仕事が終わらない=次の休みが無くなるという最悪なループから脱出しようということで、かるーく走ることにした。XTZも納車されて2週間たつのに、まだ5kmくらいしか走ってなくて、調子の良し悪しす...

記事を読む

2015-04-05 遠出
実家の愛媛に帰宅していたので、15年ぶりくらいに実家から徒歩10分の頓田川(とんだがわ)へ夜桜を見に行ってきた。関東には桜の名所として有名な場所がたくさんあるが、ぶっちゃけ頓田川のほうがすごいと思う。でも、頓田川は今治内ではさすがに有名だけど、今治以外ではほとんど知られてない。うーん、全国でも有数のレベルなんだけど、知名度は抜群に低いんだよね。見よ!この桜並木を!ここ何がすごいって、川沿いに約2km、200...

記事を読む

2015-01-01 遠出
あけましておめでとうございます。今年も一年、よろしくお願いします。早速だけど、嫁と嫁友達との3人で榛名山へ初日の出を見に行ってきた。※走行写真はSJ4000wifiで撮影しています。 SJ4000wifiレビュー記事※その他の写真はCanon PowerShot S120。素人でもフルオートでそれっぽく撮れる優れもの。午前3時に横浜の自宅を車で出発し、第三京浜→環八→練馬インター→関越→駒寄PAのスマートICで降りて、県道15号→県道33号でのぼる。午...

記事を読む

快晴の知床!2015年北海道キャンプツーリング!【3日目】

  •  投稿日:2015-09-10
  •  カテゴリ:遠出
3日目 8月25日(火)


この日はこの旅一番の快晴!
よっしゃ走って観光して満喫するぞおおおおお!




IMG_2527.jpg


午前6時。
まだみんな寝静まっている中、こっそりとライダーハウス インディアンサマーカンパニーを出発!

納沙布岬まで30km、30分くらいで到着。
根室市の公園はとにかく整備が行き届いていて、芝生もすごいしモニュメントも多い。
税収が多いとは思えないから国からの補助で作られているのかな?





IMG_2524.jpg


N君は鳥をおっかけて飛ばして遊んでいるw

なんてことをw





vlcsnap-2015-09-10-14h59m04s636.jpg

根室半島は他の地域とはまた違う様相を呈している。
半島そのものが小高い丘になっており、市街地と郊外の境目が曖昧な感じで、市街地を抜けてもまばらに住宅がある。
最果てにきたなぁという感じがすごくするので、街の作りも楽しみながら走ると良いだろう。





vlcsnap-2015-09-10-15h02m11s893.jpg

国道44号で開陽台へ向かうが、やっぱり交通量が多く楽しくない。






vlcsnap-2015-09-10-15h03m07s320.jpg

ってことでちょっと遠回りだけど道道やらなんやらで迂回。




vlcsnap-2016-01-23-22h43m11s997.jpg


丘陵地帯を気持ちよく走り抜ける。




IMG_2559.jpg

走っている最中に何か発見!
新酪農村展望台っていうらしい。
この辺になんかあるのは知っていたけどたまたま通りかかったわけだ。





YDXJ0273.jpg

自撮り棒を初めて使って撮影!
なんか、これで撮っている姿が好きじゃないんだけど、せっかくだからw






IMG_2547.jpg

IMG_2551.jpg

N君は草むらを走りまわる。
その姿はまさしくであるw






vlcsnap-2015-09-10-15h04m31s255.jpg

開陽台へ行くため道道831や道道362を使って国道272まで出る。
別海町付近を迂回したわけだが、それほど面白い道でもないので最短で道道8号で中標津まで出たほうが良かったかもしれない。
30分くらいで到着!!




IMG_2561.jpg

素晴らしい快晴!!
この旅一番の青空だ。
過去5回くらい来ていて毎回快晴だが、この日の空が一番透き通っているかもしれない。

景色を眺めながら昼ごはんを考えたいところだが、B+comの調子がちょっと悪い。
接続されているのにN君の声だけ届かないのだ。
というわけで僕は全B+comのペアリングをしなおす。
今回はB+comSB4Xが3台とメディアサーバー、Stationがあるわけなんだけど、SB4Xの一つをメディアサーバーに接続してメディアサーバーに、もう一つはメディアサーバーがダメになった場合に備えてStationとペアリングしている。
ペアリングやり直しでなんとか正常に接続できるようになったので出発!





IMG_2571.jpg

開陽台を出て左折してすぐの場所、有名な北19号。
もういくらでもネットで見れば出てくるメジャーな場所だ。





IMG_2580.jpg

昼ごはんは特に有名とかそういうのではないが、中標津町内にある食事どころ「やまや」へ行くことにした。
裏手に駐車場があるので回りこむ。





IMG_2574.jpg

中標津名物?ハンバーグどんぶりと蕎麦セットで確か850円。
量が多くて食べきるのが精一杯だったww
ハンバーグどんぶりはオーソドックスだけどしっかりした味付け、これを美味しくないという人はいないだろう。
蕎麦は鴨蕎麦のような感じで、鶏肉の甘みがある。
美味しいのだが、ちょっと甘ったるい感じがするのでたくさんは食べられない。
これくらいでちょうど良い。
というか全体として量が多いwww





IMG_2577.jpg

N君は根室名物で食べたがっていたエスカロップ!
バターライスにメンチカツをのっけたもの。
名前はよく聞くけど実は僕も一度も食べたことが無かった。
ちょいと一口もらって・・・・うん、バターライスにメンチカツがのっかってるね!!って具合だw




IMG_2578.jpg

T先輩はやまやスペシャル?1100円くらいだっけかな。
なんかもういろんなものがスペシャルに乗っている。
そして量が・・・・やばいw
2人前くらいあるんじゃねw
最近、小食にして運動してダイエットに励んでいるT先輩も、注文したからには食いきる覚悟で、今までの努力など忘れ去って食べきっていた。





vlcsnap-2015-09-10-15h12m14s766.jpg

この先からはちょっとだけ道道走ってあとは国道しかないので、仕方なく国道244号で羅臼へ向かう。






IMG_2585.jpg

ちょっととまって防寒着を追加。
中標津あたりはぽかぽか陽気というか25度まであがって暑かったが、徐々に気温を下げて知床半島に入る頃には20度を切っていた。






vlcsnap-2016-01-23-22h44m36s773.jpg

v(・∀・)yaeh!





vlcsnap-2015-09-10-15h13m40s384.jpg


真正面に太平洋が見える。






vlcsnap-2015-09-10-15h14m50s657.jpg


ずっとシーサイドを走り続けるが、海が見える場所は多くない。





vlcsnap-2015-09-10-15h15m08s048.jpg

羅臼道の駅で休憩。
ここはいつもタラバガニの試食が出ているので、昼飯を死ぬほど食ったあとだけど試食だけちょっとさせてもらったw






vlcsnap-2015-09-10-15h16m19s040.jpg

知床横断道路へ入ると左側に今は無きライダーハウス しらかばの廃屋があった。
初めて北海道に来た時だからもう13年も前の話だ。
宿泊者みんなで食べる鮭と野菜を鉄板で焼く、チャンチャン焼きが有名だったが、確か3000円だったかな?
ちょっと高すぎてコンビニ弁当ですませたなぁ。
前日の日勝峠で風邪引いて食欲も気分も落ち込んでいたから、食べる気にまったくならなかったんだけどもw





vlcsnap-2015-09-10-15h17m10s303.jpg

ちょっと上には熊の湯という有名な露天温泉がある。
今回はパスしたが、2001年に入った時は確か・・・・。
無料で地元の人によって管理されているんだけども、洗い場もなく湯につかるだけしかできない。
その上、湯が緑っぽかったりめっちゃ熱かったり、服を脱いだはいいけど入らず出てくる人も大勢。
地元のおっちゃん達が豪快に利用しており、ちょっと入りづらい場所だったが、今はいろいろ整備されて入りやすくなったとか?






vlcsnap-2015-09-10-15h17m31s845.jpg

この先は北海道では珍しい中速コーナーの連続で楽しい峠道。






vlcsnap-2016-01-23-22h45m40s731.jpg

自転車にもv(・∀・)yaeh!
登り大変だろうなぁ。





vlcsnap-2015-09-10-15h18m01s392.jpg

でも楽しい時間はすぐ終わる。
15分くらいで登りきってしまうのだ。
頂上はやっぱり曇り!!
気温は10度くらいまで下がって寒いのってなんのってw
駐車場では斜里のライダーハウス クリオネで今日ライブイベントがあるから来てね!って宣伝をしていた。
時間的にはいけないことはない。
ただ、3年前にクリオネに泊まった時、みんなで食べ物持ち寄ってわいわいして楽しかったが、大学時代ほどわいわいした時の楽しさがなかった。
今回は3人なので、3人でわいわいする分には気楽で楽しいんだけど、昔ほど新しい出会いに心躍らせることが少なくなってきているんだなぁ。
やっぱり年とったなぁと感じる。





IMG_2589.jpg

正面に見えるのは国後島。
そこは明らかに日本領だ!はやく返せ!!!
って願いをこめておく。
返還されたら僕は島にわたるかなぁ?
うーん、ツーリングするにはちょっと狭いし、道の整備にも時間はかかるだろうし、しばらくは行かないような気がするけどw

もし万が一、樺太(サハリン)が日本へ返還されたならツーリングしてみたいと思う。
といっても南半分だけになるだろうし、他国と陸続きになるのはゴメンだし、そんな可能性はないんだけどね。
でも樺太の広さを見れば、領土が広いっていいなぁって思う。








羅臼側へ行くと絶好の撮影ポイントがあったので僕が撮影係になって走ってもらった。

IMG_2594.jpg

IMG_2598.jpg

IMG_2600.jpg

IMG_2603.jpg

IMG_2604.jpg

ズームでとっときゃ良かったな!
この距離でもぎりぎりB+comの会話ができるから、
今から走るよー、撮影準備オッケー、その辺でとまっててー。
なんてやりとりしながら撮影していた。






vlcsnap-2015-09-10-15h18m55s605.jpg

走ること30分。
知床の北側、ウトロに到着。
ここは大規模に温泉がわいているし、知床観光の基点になっており結構栄えている。






vlcsnap-2015-09-10-15h19m36s296.jpg

15時すぎに本日の宿泊地、国設知床野営場に到着。
すぐ隣はお墓。
僕は全く気にしないけど、ちょくちょくキャンプ場に出没するという熊のほうが怖いw






vlcsnap-2015-09-10-18h57m25s664.jpg

設営設営の様子を動画におさめてみた。
必殺!ワンタッチテント!!






vlcsnap-2015-09-10-18h54m43s353.jpg

弓を






vlcsnap-2015-09-10-18h54m51s695.jpg

パシューーーーン!!
なんで俺あっち向いた?w


トイレは自然保護のためバイオトイレなんだけど、全然臭わないし綺麗に整備されているが、ちょっと使いづらい。
キャンプ場は広くて、この日も夕方にはかなりの人がテントを張っていた。
隣り合うようなことはないが繁忙期には結構混むかも。

歩いて5分くらいの場所に日帰り入浴温泉があるが、ここもやっぱり時間を考えないと混みそうな感じ。

時間はいっぱいあるのでふもとのスーパーで食材を調達して調理することにしたが、ネットで調べてもスーパーの情報が出てこないのでとりあえず道の駅に行ってみる。






IMG_20150825_174457.jpg

聞いてみると、キャンプ場の坂を下ってすぐ左にスーパー「みたに」があると情報得たので、行ってみるとあるじゃないか。






IMG_20150825_174503.jpg

がっつり調達して戻る!
明日発覚することだが、ここで実はトラブルが・・・・。



キャンプ場に戻ると付近のホテルから人がわんさか集まっていた。
どうやら夕日が見れる時間のようだ。







IMG_2621.jpg

夕飯の買出し前、16時40分頃に撮影。






IMG_2628.jpg

買出しから戻って17時50分。








IMG_2686.jpg

IMG_2731.jpg

完全な日没は18時10分。
かなり人が集まって場所取りが難しいので、良い場所を確保したいなら17時15分についておいたほうがいいだろう。
僕は看板?の後ろからカメラだけ出して撮影していた。







IMG_2734.jpg

戻って夕飯!!
ベロンベロンに酔っているww







IMG_2735.jpg

僕が作ったのは豚バラと白菜とポン酢を入れて火にかけただけで簡単にできる、母親直伝の白菜豚バラポン酢だ。
簡単にそれっぽいものができるという点で、この料理ほど万能なものはないw
しかし、肉だらけである。
そして量多すぎww







IMG_2740.jpg

お風呂は徒歩5分の場所にある夕日台の湯という温泉へ。
入浴料は500円くらいで20時まで。
手前にもホテルの日帰り入浴施設があってそこはもっと遅くまでやっていたようだ。






IMG_2738.jpg

時間ぎりぎりだったせいか他のお客さんはほとんどおらず快適に利用できた。
お湯は少しぬめりのある弱アルカリ性。
お風呂は少し狭いので、キャンプ場の人がいっせいにくるとすぐ混みそう。
帰るとき、受付のおじいちゃんが上半身裸になっていたのが印象的だwwww
何故脱ぐwww







IMG_2745.jpg

テントに戻ったら軽く散歩。
綺麗な星空だが木が多いため撮影は難しい。






IMG_2759.jpg

キャンプらしさをみせるためテントを入れて角度を探ってとってみたが、また電線がww
やっぱりもっと場所を考えないと、絵になるような写真はとれないね。



そして22時に就寝。



■3日目の走行
距離:277km
最高標高点:665m
最低気温:10度くらい
最高気温:25度くらい
燃費:リッター 21km

天気に恵まれた一日だった。
時間に余裕があったので知床五湖にもよってみても良かったが、あまり時間ぎりぎりになるとキャンプの楽しみが減ってしまうので今回はパスした。
去年もきたところだしね。
旅も中盤。
この頃からはやくも帰りのことが気になり始めてしまう。
北海道にいる期間は6日あればいいんだけど、帰ったら仕事っていうのがいやだなぁ~。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

花崎ガニうまあぁぁ!!2015年北海道キャンプツーリング!【2日目】

  •  投稿日:2015-09-10
  •  カテゴリ:遠出
2日目 8月24日(月)




IMG_2469.jpg

朝5時頃起床。
寝袋は真夏用とインナーフリースで二重にして、温度調整できるようにしておいたが、ちょっと寒かくて明け方に一度目が覚めてしまった。
まぁそれでもそこそこには眠れたのでOKだ。

天気は・・・曇り!
湿原を観光しながら根室に向かうことにする。
距離は短くて250kmくらい。
これくらいのんびりなのも良いんだな。





IMG_2471.jpg

セブンで軽く朝食。
こういう時のから揚げは肉汁と油がじゅわーっと口に広がって胃を満たしてくれる。





IMG_2473.jpg

さあ行くぞ!!!ってところでやっぱり雨w
カッパを着るか悩むくらいだけど念のため着ておく。





vlcsnap-2015-09-07-00h06m08s250.jpg

やっぱり湿原と言えば釧路湿原!!
なんだけどここは玄人?らしくコッタロ湿原へ突撃だ!

このコッタロ湿原。
釧路湿原の北側に位置し、南北に道道1060号が縦断するマイナーな場所だ。
8年くらい前に来た時になんとなくふらっと入ってみて、とっても良かった記憶がある。






vlcsnap-2015-09-07-00h06m15s161.jpg

だんだん道が北海道らしくなくなってきて・・・





vlcsnap-2015-09-07-00h06m30s226.jpg

フラットダート5kmがお出迎え。
この日はあまりすれ違わなかったが、前にきたときは結構車が走っていた。
一部砂利が深いところもあるが、VFR800でも難なく走りぬけられるくらいだ。





vlcsnap-2016-01-23-22h33m32s186.jpg

VFR1200 DCTでもなんとか走れるので、多少慣れていればどのバイクでも大丈夫だろう。




IMG_2484.jpg

なんといっても釧路湿原では感じられない身近さがポイント!
見晴らしはあまりよくないが、ちらちらとすぐ横に流れる川が湿原のど真ん中にいることを感じさせてくれる。




IMG_2486.jpg

カヌー?とかで川くだりを楽しむ人もいるようだ。





vlcsnap-2015-09-07-00h07m08s037.jpg

だいたい20km/hくらいで走っていたが、N君のW600はすいすいと走っていく。
やっぱりFタイヤが大きいと走破性が全然違うねぇ。





IMG_2488.jpg

すごく味のある橋に断層?絶壁の崖。
メジャーな場所に行き飽きた人は是非どうぞ!





vlcsnap-2015-09-07-00h10m45s413.jpg

舗装路に出たらすぐ国道391号に入って南下し、誰もが思い浮かべる釧路湿原の細岡展望台に向かう。
国道を間がってからの道はコーナー中に大きくうねっている部分があって、飛ばしすぎるとコーナー中にジャンプしそうになるので要注意!!




vlcsnap-2015-09-07-00h11m35s210.jpg

細岡駅を過ぎてからは半ダートの道で2kmくらい走ると、右側に展望台への入り口が見える。
手前にビジターセンターがあるがちょっと距離があるし、展望台入り口付近にバイクをとめることもできるので、混雑しない時期なら入り口まで行っても良いだろう。





IMG_2496.jpg

これぞ釧路湿原!




ライオン

まさきち:
湿原に不用意に足を踏み込むと落とし穴にはまって危ないから、絶対に整備された道を外れないようにね!

N君:
まじで!?

まさきち:
日本にライオンがいないのは、白亜紀(適当)に日本にいたライオンがシマウマを追ってるときに、落とし穴にはまって絶滅したという説があるんやって!

N君:
まじでええ!


そんなくだらない会話をしながら釧路湿原を堪能した。




vlcsnap-2015-09-07-00h12m51s514.jpg

次は厚岸まで行って昼食にする。
もちろん国道は走らず道道1128で厚岸へ。
40kmくらいかな?




vlcsnap-2015-09-07-00h13m32s031.jpg

シカ注意
動物注意じゃなくてシカと特定するあたり、そんなにシカが通るのかw




IMG_0565.jpg

厚岸グルメパークの2Fにはレストランと炭火焼のお店がある。
今回はせっかくだし炙屋で食べることにした。





IMG_0566.jpg

IMG_0568.jpg

入り口に食材が販売されていて、購入したら店内で自分で焼いて食べるのだ。
お値段はそれなりにするので観光地価格的なところがあるが、ちょっとした思い出になる。

新物サンマが350円、干物の魚が100円~300円、野菜が250円、カキが4つで800円?、ご飯と味噌汁で500円、場所代が300円だったような。




IMG_0571.jpg

まぁ僕はカキは全く食べられないのでサンマ、ほっけ半身、よくわからない魚とご飯で1500円くらい。




IMG_20150824_113324.jpg

N君曰く、カキはとても美味しかったそうで追加してたw





vlcsnap-2015-09-07-00h14m40s275.jpg

次は霧多布岬を目指す。
国道44号から道道808 霧多布湿原を抜けるMGロードを走る。
水流を妨げないように道の下を水が流れるように設計されており、湿原を保護しているらしいんだけど、走っている分にはその良さはよくわからないw




vlcsnap-2015-09-07-00h15m32s286.jpg

岬の手前は市街地になっていて、海抜3mとかそんな感じですごく低地になっている。



vlcsnap-2015-09-07-00h15m48s926.jpg

市街地を抜けるとて岬へいくと小高い丘になっており、このギャップがすごく不思議な感じ。




IMG_0580.jpg

駐車場にとめてここから歩いて15分くらいで先端までいける。
歩いて2分くらいのところに灯台があり、過去来た時はここで引き返してしまったが、今回は時間に余裕があるので先端まで歩いてみる。





IMG_0594.jpg

10分くらいのところで一休み。





IMG_0613.jpg

いやあすっげー波だなぁ。




IMG_0605.jpg

先端に近づくほど高度を下げて海面が近くなってくる。
といってもそれでもだいぶ高いところにあるんだけど、波がめちゃくちゃすごいw
昨日の釧路付近もすごかったがここは圧倒的スケールだ。
遠浅なのか、数キロにわたって波しぶきがあがっている。



いやぁ北海道すげーや。
ってか台風すげーwww




vlcsnap-2015-09-07-00h15m48s926.jpg

時間も良い感じになってきたので、ここから根室まではさくっと移動!
道道123から道道142に入って根室を目指す。




vlcsnap-2015-09-07-00h17m21s324.jpg

道道142、とってもおすすめ。
なんといっても交通量がめちゃくちゃ少ない、森に丘に海に、変化に富んで飽きない素晴らしい道だ。




vlcsnap-2016-01-23-22h35m19s531.jpg

海岸沿いでも酪農っぽいことやっていたり、漁師の家だったり、いろんなものが混在していて不思議な感じ。




vlcsnap-2015-09-07-00h17m09s634.jpg

道端にふいに馬がいたりw




vlcsnap-2015-09-07-00h19m01s211.jpg

適度なコーナーがあったりして眠くならない。
国道よりはるかに楽しいこと間違いなし!


1時間くらいで根室に到着。
根室には残念ながらキャンプ場がない。
市街地にある明治公園でキャンプする人がいるらしく行ってみたが、おもいっきり住宅街でなんか気が引けてしまう。
ということで、大学4年の時にとまったことのあるライダーハウス、インディアンサマーカンパニーに行くことに。



vlcsnap-2015-09-07-00h26m59s096.jpg
おー懐かしい!


ここは水産店の2Fを開放していて、1300円以上の海産物を買うと無料で宿泊させてくれる。
メインは花咲ガニで1300円から。
僕は花咲ガニは大好物なのでちょっと上の1500円を注文。
18時くらいになったらトレイに入ったカニが用意されて、各自ご飯持込で食べるのだ。
1Fは海産の匂いがするが、2Fはにおわないので安心できる。

その前にお風呂!
残念ながら徒歩でいけるお風呂は定休日だそうで、面倒だけどバイクで出ることにした。




IMG_0618.jpg

市内には4箇所くらいの銭湯があり、そのうちの越の湯というところに行ってきた。




IMG_0616.jpg

入浴料は440円。
古きよき昭和時代を感じさせる雰囲気。
今は無き ケロリン もあったww
ロシア語の案内があったので、やっぱり船員の人達がたくさん来るんだろうなぁ。




IMG_0620.jpg

ライダーハウスに戻って、隣のセイコマで夕飯を調達して、よっし!花咲ガニくうど!





IMG_0625.jpg

カニといえばタラバ、毛ガニ、ズワイを思い浮かべるだろうが、ここ根室は違う。
カニと言えば花咲ガニだ!!
味はタラバガニをさらに甘くした感じ。
というのも、タラバガニも花咲ガニもヤドカリの一種で、そのへんも味に関係あるとか?

毛ガニやズワイより癖のあるタラバよりもさらに癖が強い。
口に入れた瞬間に鼻に抜ける独特の甘みと磯の香り。
食べ過ぎると胸焼けしそうになるがその一歩手前まではとっても美味。
このラインを超えてしまわないことが、花咲ガニを幸せに食べる方法だ。(経験談)

ミソは解けやすいためあまり楽しめる部分はない。
好き嫌いのわかれそうなところだが、是非一度食べてみて欲しい。

1500円の花咲ガニ一杯でちょうどいいおかずになるくらいの量かな。
旬は9月上旬らしく一番美味しい時期に食べられて満足。
がっつり食べたい人は2000円くらいのを注文すると良いだろう。




IMG_2500.jpg

早朝に撮影したものだが、こんな感じで雑魚寝する。



IMG_2501.jpg

ドアはないけど少し離れたお隣にベッドが3台あって、安眠室になっている。
が、声は筒抜けなので早く寝たい人は耳栓とアイマスクを準備しておこう。

20時くらいにオーナーのおばちゃんがきて、みんなで記念撮影。
リピーターにはてるてるボウズを作ってくれたw



IMG_2502.jpg

そして、2003年に来た時の写真を発見!!
ど真ん中の首のながーいモヤシ野郎が僕だ。
懐かしいなぁ。


そうこうしているうちに
10時になっておやすみ。
盛り上がってる人達には申し訳ないけど、ちょっと静かにしてもらって早めに就寝した。







■2日目の走行
距離:240km
最高標高点:200m
最低気温:10度くらい
最高気温:20度くらい
燃費:リッター 20km



釧路あたりにとまると次は根室。
距離は200km前後で、いつものんびり観光しながらまわっている。
釧路~根室間は見所が多いので一日使うことをおすすめ。
もし時間があまれば納沙布岬までまわって宿に入ってもいいと思う。
今回はライダーハウスでカニを食べたが、花咲港にある大八食堂で食べるのもいいだろう。
今はだいぶ食堂の体裁を整えているが、8年くらい前にきたときはまだ水産店が主だった。
その時はカニを食べると、水揚げがはじまってたくさん捕れたからと、サンマの刺身、サンマの塩焼き、鉄砲汁、ご飯までサービスしてくれるという太っ腹ぷりがすごかった。
そしてカニは安くてウマイ。
今は定食屋になっているから、こんなサービスはないだろうけど。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

今年も来たぜ!2015年北海道キャンプツーリング!【1日目】

  •  投稿日:2015-09-06
  •  カテゴリ:遠出
北海道1日目 2015年8月23日(日)



vlcsnap-2015-09-06-18h25m04s089.jpg

小樽上陸だ!!!!!がっ!!
毎年のように上陸したらさすがに感動はねえぞおおお!!




早朝4時30分に小樽入港。
ちょっと荷造りに時間がかかったのもあるし、バイクの順番は後ろのほうなので上陸したのは5時20分だった。
T先輩は5年ぶりくらい、N君は10年ぶりくらいらしくwktkが止まらない様子w



天気はうーん、まぁ悪くは無い!
火曜までは道東も道北もそこそこの天気らしい。
とりあえず道東の天気が悪くないなら、今のうちに道東いっとけ!
道東の天気が悪くなったら道北と道央に行く。ということで、道東へ向かうことにする。
先に今日のルートを記載しておく。




早速、朝食にはやっぱりセイコマ!!
北海道きたらセイコマいかんとね~~~


vlcsnap-2015-09-06-18h26m10s872.jpg
6時開店wwwww

忘れてたww
24時間じゃないところもあるんだったw
残念!!ってことでセブンイレブンで軽く食べて出発!




vlcsnap-2015-09-06-18h29m00s375.jpg

3年前は嫁と二人で、嫁は北海道ツーリングはじめてだったので、早朝の札幌によって時計台を見て道東へ行き、2年前は道北目指して国道231号を北上、昨年は親と車でまわったので千歳スタートだった。
今回は札幌をパスするため高速で札幌南ICまで走る。
わかってはいたけど寒い・・・気温15度くらいだったかな。




vlcsnap-2015-09-06-18h29m13s328.jpg

札幌南ICをおりて早速セイコマ休憩!!


ご存知無い方に簡単に説明すると、セイコマとは北海道を主とした24時間だったり6時~22時営業だったりするコンビニで、ライダーの強い味方!
コンビニだけど野菜が売られていたり、ジュースもスーパーと同じくらい割引されているし、店内の調理場で惣菜が作られていたりする。
そしてこの惣菜がすばらしいの一言。
今後何度も登場するが、小分けにされた惣菜が、美味しい、安い、種類豊富!
普通なら300円の焼きソバが100円になったら量が1/5になりそうだが、しっかり1/3の量で小パックが売られていて、ちょっと惣菜が欲しい。の声にこたえてくれるのだ。

このセイコマ、実は埼玉、群馬、茨城などの関東北部にも少数ながら展開しており、見かけたら必ず寄ってしまうほどだw




IMG_2409.jpg

国道274号を東へ向かうところでちょっとしたハプニング。
N君のB+comから凄まじいノイズが・・・・。

切り分けしてみると、どうやらマイクが断線しかかってショートしているようだ。
予備のパーツ(というか本体ごと予備を持ってきている)に付け替えて改善したので改めて出発!





そしてここだけは必ず止まらなければならないと決めている場所がある。

そう。

樹海ロードがはじまる直前。

思い出の川端駅である。

IMG_2417.jpg



それは初めて北海道に来た2001年、大学2年の夏。
早朝に苫小牧に降り立ち、北海道の広大な大自然に感動しながら釧路を目指していた僕と友達は、


あーやっべー冷えてきてめっちゃトイレいきてぇ。
けどこの道、ずっと森の中走っててコンビニどころか民家すらねぇ。
トイレいきてぇ。
やべぇ。
立ちションとかまじエキノコックスこえぇ(違)



と、苦悩しながら走ること30分。

あれ?おややや?
おお!!

駅があるじゃないか!
なんかファンタジーの世界によくある、延々と森をさまよい、いきなり目の前に現れた人工物に救われた時の気持ち。
そう!そんなファンタジーの世界にしかないと思っていたシーンがここ北海道にはあった!
そしてそれが川端駅だったのだ!!


それ以来、ここを通るときは必ず立ち寄って、あの時を思い出す。


残念ながらHDがぶっ壊れて昔の写真が残ってないが・・・・

2011年2月 札幌の友達の家に遊びに来た時
P1020330.jpg



2014年7月 親の車で走りまわった時
IMG_0576-2.jpg





IMG_2420.jpg
そして今日という日を迎えられたことを感謝し、謎のテンションで撮影するのだ。



IMG_2416.jpg

T先輩もN君もテンションが高い。
全く意味がわからないポーズも川端駅に感動しているからに違いない。
二人の心にはきっと川端駅が刻まれたことであろう。
この旅の目的の半分は達成できたと満足するのであった。



vlcsnap-2015-09-06-18h41m09s230.jpg

樹海ロードに入ってからはそこそこのペースで走る。
正直なところ、ここはあまり面白くないw




vlcsnap-2015-09-06-18h41m37s596.jpg

深い山々を突っ切る爽快ルートだけど、交通量が多く、追い越し禁止区間も多い。
初日だからまだ楽しめるが、二日目以降だとダルイと思う。
交通量の増える前、もっと早朝に走りぬけたほうが楽しいだろう。




IMG_20150823_085329.jpg

樹海ロード日高で一休み。
N君は早速バイクが故障してないかチェックをする。
チェーンがダルンダルンだったり、クラッチケーブルがダルンダルンだったりするため、毎日チェックして引っ張らないといけないらしい。
さっさと交換しようずwww




vlcsnap-2015-09-06-18h43m38s196.jpg

天気はよさげ!!



vlcsnap-2015-09-06-18h43m44s393.jpg

だったのが、怪しくなってきて。




vlcsnap-2015-09-06-18h43m55s179.jpg

トンネル内が明らかに霧ってて・・・・。



vlcsnap-2015-09-06-18h44m01s405.jpg

今年もやっぱり日勝峠付近は雲の中。
気温は10度くらいだったかな。
電熱ウェアをオンにしてあったか快適!
電熱ウェアは冬だけじゃない。
こういう温度変化に対応できることが最大の利点なのだ。
興味のある方は電熱ウェアのレビュー参照!

ちなみに、2001年はじめて北海道に来た時は気温8度で防寒着も不十分で、風邪引いたという苦い経験があるw
そう、川端駅に感動した1時間後の出来事だ。




vlcsnap-2015-09-06-18h44m46s496.jpg

一つ目の目的地、清水ドライブインに到着。
ドライブインなんてまた古い・・・と思うことなかれ。
ここの食堂はとてもがんばっている。
牛肉のミンチ?を半解凍でご飯にかけて食べる、牛トロ丼がうまいのだ。




IMG_2421.jpg

ででーん!
ソバとのセットで1100円だったかな。
単品だと900円くらいだったはず。
決して安くは無いが唯一無二の牛トロ丼を食せるなら安いもんだ。




IMG_2422.jpg

お味は、なんかとっても不思議!としか言いようが無いw
肉汁が出てくるわけではないが、赤身と脂身を混ぜてフレークにしているので口の温かさで旨みが溶け出してくる。
成型肉と同じような仕組みだとは思うが、口に入れた瞬間解けて消えるようなふわっとした食感。
マグロのネギトロとなんとなく似ているがやっぱり違う。でも他に例えられるものがない。そんな感じだ。

もし食べてみたい人がいたら、東京でも食べられるので是非行ってみるといい。
大井町にある濱田という居酒屋で、平日のランチで提供している。(夜も出しているのかな?)



IMG_2423.jpg

よしよし。
十勝平野は雨は降ってなさそうだな。




vlcsnap-2015-09-06-18h46m17s892.jpg

ここからは帯広の市街地を抜けるが、キャンプに必要なものを購入しに、しまむらとホーマックに寄る。
しまむらとホームセンターは本当に楽しい。
普通にショッピングを楽しんでしまったではないか。
1時間くらいww

今日の寝床は初キャンプとなる、阿寒丹頂の里 自然休養村野営場。
釧路市西部の国道340号線沿い。
時間には余裕があるが、天気はいまひとつなので軽く観光してさくっと向かうことにした。



IMG_2427.jpg

途中、浦幌道の駅のすぐ近くにある「乳神神社」へ立ち寄った。
男3人。
立ち寄らないわけには行かない。
ご利益は子授け祈願・安産祈願で、決して邪な場所ではない。
が、T先輩はひたすら邪な発言が続いたが、僕はしっかり子授け祈願をしておいた。



IMG_2425.jpg

あるのはこれだけなんだけどね。



アームストロング砲

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲ほど完成度は高くないとか、こんなことを言ってるとバチが当たるのでやめようw





vlcsnap-2015-09-06-18h53m55s171.jpg

太平洋に出るとやっぱ釧路だし霧が出てるか?と思ったら違っていた。



IMG_2431.jpg

釧路は霧の町というがこれは霧ではなく波しぶきが立ち上がっているのだ。
数日前から季節はずれの台風やらなんやらの影響ですごいことになっているらしいが、太平洋のフェリーだったらめちゃくちゃ揺れただろうなぁ。





vlcsnap-2015-09-06-18h54m54s123.jpg

16時30分に阿寒丹頂の里のキャンプ場に到着。
受付で1張700円くらいを払っていざ設営!!



IMG_2441.jpg

僕のテントはドッペルギャンガーのワンタッチテントT2-66ってやつ。
パッキングが大きいという難点はあるが、設営の早さはピカイチ!
初めてだったのでちょっと時間がかかったが、慣れればペグ打ちまで5分で終わる。
興味のある方はこちらのレビューを参照してください。

バイクはすぐ近くまで乗り入れOKでとっても便利。
トイレははそんなに綺麗ではないが、水場は十分な広さがある。
この日は自分達3人以外に2名だけで広々と使えた。




IMG_2449.jpg

設営を終えたら歩いて5分とのころにある温泉、赤いベレー に向かう。
入浴料410円で源泉掛け流し。
施設はそこそこ綺麗でお湯はちょっとぬめりのある弱アルカリ性。



IMG_2444.jpg

座敷でくつろげるしレストランも併設されていて、とても便利だった。
夕飯はレストランでも良かったが、あるのを知らなかったのでセイコマで購入済み。




IMG_2453.jpg

N君ご機嫌であるw




IMG_2457.jpg

テントに戻ったらご飯の準備。
3人がそれぞれちょっとずつ違うものを持ってきている。
僕が湯沸し最速のジェットボイル、T先輩が標準的なコンロ、N君が大火力のコンロ。
使い分けながら適当にご飯を作る。

僕はセイコマの100円塩焼きそばと惣菜。
この価格にしてこの量と、謎のエビとキクラゲが入っている。
これは至高の一品だ。



IMG_2458.jpg

お湯を沸かして味噌汁と、コンロを借りてモヤシ炒めを作って適当にみんなでつまむ。


夕食後は軽く散歩しながら高機能コンデジCanon S120の夜空モードで適当にとってみた。



IMG_2459.jpg

電線がちょっと残念だけどw



IMG_2460.jpg

IMG_2466.jpg


素人でもそれなりに撮影できるというのがコンデジの良い所だ。



そうこうしているうちに22時になり、テントに潜ってぐっすり眠ったのだった。





■1日目の走行
距離:379km
最高標高点:1019m 日勝峠
最低気温:10度くらい
最高気温:20度くらい
燃費:リッター21km

天気まずまずだったし初日だったし、道東への移動日ということでかなりの距離を走った。
昔はただただ走る事が多かったが、3人だしそんな歳でもないし、連日走るなら300km前後になる。
走行6万キロを迎えようとしている老体だけど燃費は落ちてない。
本州だと行き先によってバラツキが大きいけど、北海道では毎年どの道でも概ね同じペースで走るので、燃費計測にはもってこいだ。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

行くぜ!2015年北海道キャンプツーリング!【0日目】

  •  投稿日:2015-09-04
  •  カテゴリ:遠出
いくぞおおお!!
4年連続9回目の北海道!!
(甲子園みたいに)

今回は初めて、会社のメンバーと3人でキャンプツーリング!
2015年一番の大イベントだ!




0日目 8月22日(土)


vlcsnap-2015-09-04-00h09m31s857-1.jpg

午前2時、横浜の自宅を出発し、10時30分出航の新日本海フェリーに乗るため新潟港へ向かうため環八を北上。
この時間でも交通量は多いが、流れているので昼間とは比べ物にならないほど早い。



IMG_2311.jpg

3時に関越自動車道の三芳PAに到着し他の2名を待って全員集合。
直行すれば3時横浜出発で余裕なんだけど、N君のW600がいつ何が故障してとまるかわからないので、早めの集合だ。



vlcsnap-2015-09-04-00h19m52s656-1.jpg

気温は20度くらいで心地良いが雨が降りそうだなぁ。と思っていたら案の定小雨が降り始めたので、寄居PAでカッパをきる。



IMG_2314.jpg

さらに赤城高原SAで休憩。
前に進んでないw
すっげー霧。
二年前も同じくらいの濃霧の中の走行だったな。
この辺は日の出前は本当にすごい。



vlcsnap-2015-09-04-00h20m47s741-1.jpg

関越最長のトンネルを抜けて・・・・


vlcsnap-2015-09-04-00h21m06s432-1.jpg

新潟に入るとここからが勝負だ!
景色に変化がなくて、めっちゃ眠いw



vlcsnap-2015-09-04-00h21m22s764-1.jpg

そして結構な本降りである。



vlcsnap-2015-09-04-00h21m41s023.jpg

新潟亀田ICを降りて新潟港まで一般道を20分ほど走り、いつも港の2kmくらい手前のガソリンスタンドで給油をする。
ここで給油しておかないと、明日は早朝4時30分に小樽に上陸するので、すぐに給油できない可能性があるためだ。



IMG_20150822_090145.jpg

さらに数百メートル走ると今度はセブンイレブンがあるので、フェリー内での食料を調達する。




vlcsnap-2015-09-04-00h22m18s423.jpg

フェリー乗り場は左。



IMG_20150822_092151.jpg

このへんに集まっているので適当に停車しよう。



9時にフェリー乗り場に到着した時には既にバイクの乗船が開始されていた。
早すぎても暇だし、もう少し遅くても乗船は可能だが、9時到着くらいを目安にしておくと良いだろう。

新日本海フェリーの受付方法は、
①E乗船券を印刷する
②受付で乗船券をもらう

の二つ。
乗船券は乗船後にも必要なのでスマホでE乗船券を表示させるのではNG。
仕方なく受付に行くがちょっと時期がずれていたせいか、時間が遅かったせいかすぐに受付できた。
新日本海フェリーは車検証不要でらくらく!
ここでの受付はあくまで乗船まで。
部屋割りは中に入ってロビーで決まるので、友達と一緒なら乗船後に一緒に受付をすれば同じ部屋になる。






vlcsnap-2016-01-24-00h19m01s785.jpg

雨のなかしばらく待つ・・・・。
インカムで通話できているから気がまぎれていいんだけどね。
インカム最高!





vlcsnap-2015-09-04-00h23m18s066.jpg

待つこと10分くらい。
9時30分に乗船。
ガタガタ・・・・ってこの感覚はフェリーに乗るんだなぁ!って気持ちになるね。



vlcsnap-2015-09-04-00h23m27s393.jpg

vlcsnap-2015-09-04-00h23m39s727.jpg

船員の指示に従って壁際にとめる。
荷物を降ろして客室エリアに入って受付。



IMG_2315.jpg

今回は・・・というか毎回なんだけど、下から二番のツーリストB。
ここと左右の2区画で8つのベッドを3人で貸切。
お盆の最盛期でもない限りはだいたいこんな感じだ。



IMG_2317.jpg

ベッドは幅80cmくらいで余裕はないが狭くもない。
残念ながらコンセントはない。
大洗~苫小牧の商船三井だとこのクラスでもコンセントがついていたような。
でも、新潟航路のほうが時間も良いし大幅に安いからやっぱりこっちだ。

荷物をおいて軽く朝食たべて・・・・・
当然爆睡!!!

といっても寝すぎると夜が眠れなくなるので3時間くらいの昼寝にして起床。
さてさて船内をうろうろしてみよう。



IMG_2403.jpg

一番安いツーリンストJ。
一部屋20人くらいだが、概ね5人程度の割り当てとなっていた。
コンセント、ちょっとうらやましい!



IMG_2329.jpg

自販機。
酒、タバコ、ジュース、アイス、軽食。
値段はコンビニの2割り増しくらい。
すごく高いわけではないので、冷たいものなんかは船内で買ってもいいだろう。



IMG_2393.jpg

給湯コーナー。
熱湯が出るのでカップラーメンが食べられる。



IMG_2322.jpg

コインランドリー。



IMG_2321.jpg

IMG_2325.jpg

トイレ。
船体が少し古いのでちょっと古さを感じるが、一応ウォシュレット付き。



IMG_2344.jpg

ツーリスト部屋が下、上位の部屋や食事コーナーは上。



IMG_2348.jpg

IMG_2346.jpg

フードコーナー。
値段はラーメン500円、たこ焼き400円、焼きおにぎり150円くらい。
いずれも冷凍食品のようだが値段はそれほど高くはないので、コンビニで買いそびれてもまぁいいかという感じ。
営業時間は長くなく、開店時には船内放送がるので、食事をしたい人は早めに行こう。
椅子やテーブルは十分な数があるので、座れないことはない。



IMG_2349.jpg

窓際の席はすぐ埋まってしまう。



IMG_2367.jpg

マッサージ機もある。
100円とは書かれているが何分なんだろうかw



IMG_2347.jpg

売店はちょっとしたお菓子とおみやげ、酔い止めの薬なんかが売られている。
ここもフードコーナーと同じく、営業時間が短いので注意。



IMG_2351.jpg

エアホッケーの場所がペーパークラフト作成のイベント会場になっていた。



IMG_2352.jpg

IMG_2354.jpg

ゲームセンター。
一通り揃ってるような?



IMG_2356.jpg

IMG_2366.jpg

レストランはちょっとお高め。
むかーし1回だけレストランで食べたことあるなぁ。



IMG_2372.jpg

風呂。
返却式のコインロッカーもあるしドライヤーもついている。
お風呂は結構広くて綺麗だし、景色もすばらしい。
接岸するほうが男風呂になっており、出航するまではカーテンをあけないよう注意書きがあったw



IMG_2375.jpg

シアタールーム。
上映するときは船内放送が流れる。



IMG_2387.jpg

ビデオルーム4つ。
ロビーで受け付けるのかな?



IMG_2383.jpg

チルドレンコーナー。



IMG_2385.jpg

公衆電話。
ドコモならそこそこ携帯の電波が入るのでメールくらいならできるが、ソフトバンクはほぼ全滅だったw



IMG_2371.jpg

エレベーター。



IMG_2388.jpg

ビジネスコーナー。
100vの一般コンセントが使えるが長時間の利用は難しそう。



IMG_2389.jpg

喫煙所。



IMG_2396.jpg

もう一つ、船首という絶好の場所も喫煙所。



IMG_2357.jpg

船外エリア。
この日は風が強いため、船尾以外は出られなくなっていた。
船尾は風が少なく快適。
このときはしてなかったが、鉄板ジンギスカンを2000円くらいで食べられるらしい。



IMG_2359.jpg

ヘリの発着場。



IMG_2405.jpg

一通り見終わったら風呂に入って夕飯を食べる。
四国民にとってはデファクトスタンダードの金ちゃんヌードル!(徳島製粉)
中学生になるまでは、日清カップヌードル?明星チャルメラ?サッポロ一番?
金ちゃんラーメンだろwwww
って思っていた。かなり本気で。
この具と粉末スープが個別になっているのが、カップヌードルより高級感があって好きだったw



IMG_2407.jpg

船内の給湯使用記念にと撮影していたら入れすぎたwww
すんごーく味が薄いが、この麺のパサパサ感はまさしく金ちゃんヌードルである。
ぶっちゃけ、安物感というか手作り感というか、カップヌードルより明らかにランクが落ちる感じが良いのだ。
夕飯を食べながら明日の天気を見てルートを相談。
とりあえず道東の天気は悪くなさそうなので道東へ向かうことにした。




タブレットで映画を見ながら眠気がくるのを待って9時くらいに寝る。
明日は早朝4時30分に小樽上陸。
4時には起床するし、これからの1週間は早寝早起きになるので、ここで体内時計をコントロールしておくといいだろう。
上陸初日からフルに走れる、これが新日本海フェリー 新潟~小樽航路の良いところだ。

さあ明日からの北海道!
楽しみにしながら、爆睡するのだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

北海道いきます。

  •  投稿日:2015-08-22
  •  カテゴリ:遠出
いま、三芳pa!
めっちゃ早いw

新潟からの新日本海フェリーのるんで、見かけたらこえかけてください。前後にカメラ3つつけてるんで、すぐわかるはすw このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

危機一髪!!KLX125とXTZ125で中津川林道、川上牧丘林道ツーリング

  •  投稿日:2015-07-30
  •  カテゴリ:遠出
IMG_2266.jpg

うぇwwwwwなにこれwwww
すれ違った第二次世界大戦時のドイツ車。
こりゃあ血が騒ぐぜ!ってことで声をかけたところから何かが始まった林道ツーリング。
その何かの出来事がこの日の大半をしめることになろうとは思いもしなかったw



7月26日 日曜日
嫁と初めてオフ車二台で林道ツーリングへ行くことにしたが、この日は猛暑日で本気で暑かった。
125ccなので当然高速には乗れず、下道で秩父を目指す。


中津川林道周辺

行き先はこのへん。
廃墟で有名なニッチツ鉱山跡がある中津川から長野県川上へ抜ける中津川林道は比較的フラットで走りやすい、14kmに及ぶ関東屈指の人気オフロード
川上牧丘林道は川上村から大弛峠、甲府盆地へ抜けるエキサイティングな約7kmのオフロード
セットで走れば秩父からぐるっと甲府盆地まで雁坂トンネルを迂回するオフロードを楽しめるし、物足りなければ秩父には大名栗林道もあるので、思う存分オフロードを楽しめる地域だ。
ただ、中津川林道と川上牧丘林道の2つだけでお腹いっぱいらしいし、下道オンリーなもので時間的にも厳しいとうことで大名栗林道はパスすることにした。



朝6時20分
横浜の自宅を出発。
国道16号で相原までいき、県道47号とか県道53号やらなんやらで秩父の芦ヶ久保まで移動するが、3時間もかかってしまった。
素直に国道を走り続けたほうが早かったな。

芦ヶ久保から国道140号で滝沢ダムのループ橋を抜けて県道210号まで、車が多くてトロトロ運転だし猛暑でフラフラになりながら走り続ける。
雁坂トンネルまでいけば標高も上がって少しは涼しくなるのだろうけど。
3つの短いトンネルを抜けたらすぐに県道210号を右折する。

vlcsnap-2015-07-27-23h00m33s107.jpg

vlcsnap-2015-07-27-23h00m44s74.jpg


しばらくは二車線だが中津川林道との分岐からは1車線になり、トンネルは素掘りで雰囲気満点の道になる。
まっすぐが中津川林道、右がニッチツ鉱山跡へ向かう道だ。

vlcsnap-2015-07-27-23h01m19s148.jpg



まずはニッチツ鉱山跡の廃墟を見に行くが・・・・!?
旧ドイツ軍のバイクとサイドカー!?

vlcsnap-2015-07-27-22h52m30s188.jpg


とりあえず素通りしてしまったが、内心声をかけてみたかった。
分岐から走ること約10分。
ニッチツの簡易郵便局がありその上2分くらいのところに廃墟となったニッチツ社宅に到着。
ただ、今もニッチツの私有地なので立ち入り禁止となっている。
まだ廃墟として有名になる前、2000年頃に山道探索で来た時はどことなく生活感の残るいい感じの廃墟だったが、今はもうほとんどつぶれてしまって廃墟としての魅力はあまり無い

IMG_2257.jpg


ちなみにまだニッチツ鉱山は一部稼動中で、簡易郵便局も稼動しているようだ。

IMG_2264.jpg


廃墟を見て戻る途中、まだ旧ドイツ軍のバイクの人がいたので声をかける。
話を聞いてみるとSS中佐というHNでニコニコ超会議にも出展したらしい。
バイクはロシアのウラル レトロ。
戦時中にソ連領地内に建てられたBMWの工場を接収し、技術をもろパクリしていることを公言しているメーカーw
でも、BMW側はブランドに傷つく事を恐れて「そんなの知りません」と流しているらしいw
戦前の見た目をしているが2002年製で、中身はインジェクション化されるなどしている。
側車付きで登録しているため軽自動車扱いで、法律上はヘルメット不用なんだって。

IMG_2266.jpg



そして兵器と美少女の組み合わせの走りとなったストパンのアメリカ人巨乳キャラ、シャーリー推しとのことwww
ストパン痛車offにも参加しているとかw

IMG_2272.jpg

IMG_2271.jpg

IMG_2269.jpg

1438265985104.jpg



さて、少し戻って分岐を直進する。
キャンプ場などがあってトイレ休憩している間にSS中佐に追い抜かれて中津川林道へ入っていったが、オフロードではこっちの方が早いだろうからもしかしたら追いつくかな?

IMG_2275.jpg




ここから中津川林道がスタートする。
入ったのは12時20分。
走りやすい心地よい道が続くが、秩父と川上を結ぶ最短路のため交通量は多い。
調子こいて走っていると対向車にぶつかりそうにいなるので注意が必要だ。

vlcsnap-2015-07-29-21h11m33s27.jpg


まずは素掘りのトンネルを二つ抜ける。

vlcsnap-2015-07-29-21h11m55s2.jpg

vlcsnap-2015-07-29-21h12m44s239.jpg



ここ数日雨が降ってなかったので路面はかわいておりとても走りやすい。

vlcsnap-2015-07-29-21h13m12s6.jpg



でも、すぐ横は崖になって沢まで10mくらいあるので気をつけなければならない。

vlcsnap-2015-07-29-21h13m54s159.jpg



で、中津川林道に入って数分のところで事件は起きる
いや、既に起きていたというべきか。


あ、SS中佐がいるじゃん。
あれ???なんかやたら左によってるぞ?

vlcsnap-2015-07-27-22h09m50s203.jpg


おいぃぃぃwwwww
落ちかけてるぅぅ!!


vlcsnap-2015-07-27-22h11m57s191.jpg


ウラル レトロはバックギアがついていて、なんとか引っ張り上げようとするが空転して引っ張り上げられない。
というかぼろっと崩れたら真っ逆さまww

vlcsnap-2015-07-27-22h13m18s162.jpg


持つ場所をかえて思いっきり引っ張り上げて何とか事なきを得た。

vlcsnap-2015-07-27-22h15m35s161.jpg



気力体力を使い果たしてしゃがみこむSS中佐

vlcsnap-2015-07-27-22h16m24s165.jpg


タイヤは多分このへんまで落ちていた。
沢まで10mくらいありそうで、バイクは確実に廃車、当たり所が悪ければ死んでたかもね・・・・。

vlcsnap-2015-07-27-22h18m01s156-2.jpg


スピード出しすぎてスリップして左に突っ込んだらしい。
落ちそうになってから30秒後くらいに僕が到着したらしく、それまで何とか持ちこたえていたとのこと。
九死に一生スペシャル並の現場に遭遇して、その後はずっとこの出来事が頭の中を駆け巡り続けたw




ちょっと休憩して再出発。
14kmのうち、半分の7kmくらいは中津川沿いを走るなだらかな快走路。
途中から中津川を離れて峠に向かって標高を上げていくが勾配はそれほどきつくないので、なんちゃってオフロードのXTZ125とKLX125でも簡単に走れた。
大型だとちょっと厳しいかもしれないが、400ccくらいならオンロード車でも走れないことはなさそう。
楽しいかどうかは別だけども。

vlcsnap-2015-07-29-21h25m19s112.jpg

vlcsnap-2015-07-29-21h26m39s89.jpg


林道と林道が立体交差する珍しい光景。
ここで休憩していると、SS中佐と三度合流。
空冷のウラルが根を上げてエンジンがまわらないらしいw
でもあとちょっとだからもう大丈夫かな?

IMG_2278.jpg


上のほうにくると大きな岩が路肩にごろごろとある。
中津川林道は交通量が多く、落石があれば車の人が路肩によけていくので、一つも避けなければならないような落石はなかった。

vlcsnap-2015-07-29-21h29m09s80.jpg

vlcsnap-2015-07-29-21h29m38s121.jpg


ゲートを越えたら頂上は目前。

vlcsnap-2015-07-29-21h31m21s132.jpg



頂上の三国峠は大きな切り通しとなっており、向こう側は長野県だ。

IMG_2283.jpg



途中、休憩が20分くらいで、抜けたのは13時10分。
走行時間はだいたい40分くらいで抜けたことになる。

IMG_2287.jpg

IMG_2286.jpg



長野県側は1車線の舗装路で、一気に標高を下げてかなり暑かった。
路面はやや荒れている。

vlcsnap-2015-07-29-22h42m22s6.jpg



降りると高原野菜の畑が広がる。
ここ川上町は農業の効率がいいのか、農家の収入がものすごいとニュースになっていたので、玉の輿を狙っている人は是非どうぞw

vlcsnap-2015-07-29-22h42m37s142.jpg



三国峠から5kmくらい走ると、ヤマザキ\ショップと、農協のスーパーにエネオスが併設されている。
ここで軽く人とバイクの腹ごしらえをして、林道後半戦、川上牧丘林道に突入だ。
車両通行可能な日本最高所 標高2360mの大弛峠まで、オフロードの距離は約7kmで駆け上がるが、ガレ気味で結構きついらしい。
どうなることやら・・・。

県道68号から分岐して南下開始。

vlcsnap-2015-07-29-21h47m12s139.jpg



最初はとても景色も路面もよく、ふれあいの森キャンプ場まですいすいと走れる。
右に見える山は妙義山のような形をしていて印象に残った。

vlcsnap-2015-07-29-21h47m52s61.jpg



ここが分岐路。
道なりではなくのほうに行かなければならない。

vlcsnap-2015-07-29-21h48m39s16.jpg




ちょっと走るとオフロードスタート!!
あれ?しょっぱなからパネぇwwww
砂利が大きく、深く、地面にはでっかい岩も埋まっているし、そしてなんといっても勾配がきつい。
登れないことはないが林道初心者の二人にとってはなかなか厳しい。
オフロードなんて非力でも軽ければなんとかなるでしょ!って思っていたけど、やっぱりパワーが欲しい!
1速でふかしまくって岩を超えていく。
後ろからきた250ccのオフ車はベテランさんなのもあるだろうし、パワーもあるし走破性が全然違っていてスイスイと登っていく。

vlcsnap-2015-07-29-21h50m54s227.jpg



スタートしてわずか100mで嫁のKLX125は見事に転倒w

vlcsnap-2015-07-29-22h06m38s66.jpg



半泣きでもう無理だと訴えるが、このまま戻っても長野へ抜けても帰宅時間がかなりまずいことになるので、このまま行くようハッパをかけるw
ちょうど逆から大型のアドベンチャーがタンデムで下ってきた!
下りとはいえ、オンロードタイヤで無茶するなぁww
「あのバイクでも走れるんだからこの先は大丈夫!」と、適当な事を言って突撃することに決定。

vlcsnap-2015-07-29-21h52m32s253.jpg



最初の100mを過ぎると少し走りやすくなる。

vlcsnap-2015-07-29-21h53m42s228.jpg

vlcsnap-2015-07-29-21h54m11s230.jpg



交通量が少ないため落石もいっぱい放置されており、避けながらなんとか前に進む。
中津川林道に比べるとかなり走りづらい。
どんどん標高を上げて、少しずつ高所らしい景色にかわってくる。

vlcsnap-2015-07-29-21h56m52s43.jpg



空も綺麗に澄み渡ってきた。

vlcsnap-2015-07-29-21h57m40s53.jpg



中盤は特に難しい箇所はなく、大きな変化も無い。
途中、1台のハイエースと、1台の軽トラとすれ違った。
走ること約30分。
だいぶ頂上に近づいてきたが、ここでまたガレてきた。
最初ほどではないが今度は距離が長く、最後の気力を振り絞ってのぼる。

vlcsnap-2015-07-29-21h58m17s159.jpg



登山客の路駐の車が見え始めたら大弛峠は目前だ。

vlcsnap-2015-07-29-21h58m31s37.jpg



やっと到着!
7kmを休憩無し30分でのぼりきったが、もうヘトヘト。
初心者にはしんどかったw
大弛峠には歩いて数分のところから夢の庭園という絶景が見えるらしいんだけど、もう気力無しw

vlcsnap-2015-07-29-21h59m26s93.jpg



峠から南へは舗装されておりとても走りやすい道が続く。
もうご飯食べて帰ろう。。。っていうくらいの気力しか残ってないので、寄り道は一切せず走ったw

vlcsnap-2015-07-29-22h41m53s203.jpg



昼食は軽めだったのでの、温泉花かげの湯に併設されているお食事処「はくさい」で天丼を食べが、これがすごい!

IMG_2309.jpg



900円でこのボリューム!
天ぷらうどん定食もすごい。

IMG_2298.jpg



なんといってもこの肉厚っぷり。
普通の天丼の2倍近い素材の量にびっくり。
そしてウマイ!!

IMG_2299.jpg



帰り際にはお店にいた常連さんと思われる方から桃をいただきデザートに食べる。
お店の人もナイフ貸してくれたり、アットホームな雰囲気で気に入った。
この日はもう時間が遅かったので温泉には入らなかったが、食事と休憩をあわせてとるのも良さそうだなぁ。
近くに来た人は是非立ち寄ってみて欲しい。

IMG_2306.jpg

お食事処 はくさいのサイト


この後下道で帰宅すると22時になってしまった。
やっぱりオフロードを走ると、対したこと無い距離でも時間がかかるものだなぁ。
というか125ccの下道しばりがきつかったな。

帰りは嫁とバイクを交代してKLX125に乗ったが、振動がすごくて振動の余韻でほとんど眠れず、翌日は出張で早朝から新幹線に乗ったら広島まで爆睡していたw このエントリーをはてなブックマークに追加

3泊4日で東北ツーリング 【4日目】 笹川流れと只見川沿いを走って帰宅

  •  投稿日:2015-07-13
  •  カテゴリ:遠出
だいぶ遅くなったけど最終日の4日目を書く。
3日目の記事

朝食を食べてちょっと遅めの8時出発となった。
鳥海温泉 遊楽里は朝食もなかなか良くて、部屋も広いし良い所だった。
僕の基準からすると朝夕ついて一泊9000円は高級ホテルの部類だw

IMG_1992.jpg



今日のメインは笹川流れ只見川沿いの国道252号だが、帰宅までの距離は結構あって、どうしようか悩みながらのスタートとなった。
酒田市外は高速で迂回してパスする。

無料高速も使ってあつみ温泉まで進むが、結構時間がかかって9時30分にようやく笹川流れの本番、国道345号勝木に入った。
距離にすると100kmだから1.5時間かかるのは仕方ないんだけど、一つの市を抜けるだけといっても生まれ育った四国とは平野の広さが全然違う。
ここ酒田市のある庄内平野は端から端まで50km!
実家のある愛媛県今治平野なんて端から端まで10kmしかなく、庄内平野だけで愛媛県今治市の高縄半島がはいってしまうくらい広い。
新潟の越後平野はもっと広くて、愛媛の1/3が入ってしまう。
そりゃあそんなところで米を作れば、大量に生産できるよなぁ。
水も綺麗で豊富だし。


そんなことを考えながら笹川流れに入る。
ここは国の名勝となっており、険しい岩肌と穏やかな漁村の海岸線を抜けていく。
JR羽越本線が50kmにわたって並走しており、運が良ければ一緒に走ることができる。
昔走った時は、貨物列車と5分くらい併走し続けられたが、今回は貨物列車は逆方面だった。
並走といっても道のほうが若干迂回をして、線路はトンネルで突き抜けていくので、電車より速く走らないといけない。
特急は80km/h前後なので一回抜けれるとまず追いつけないが、貨物列車は遅いし普通列車は駅に止まるから何度も追いつくことが出来る。
もし時間をあわせて走るなら、特急以外がオススメだ。

IMG_1997.jpg


駐車場にとまって時刻表を見ると数分後に上りの特急が来るらしいので3分ほど待機すると、特急と並走することができた。
車載カメラを左に向けて良い感じに並走するが、この後すぐに差をあけられて追いつけなくなった。

vlcsnap-2015-07-12-20h41m15s149.jpg


嫁のバイクから見るとこんな感じ。

vlcsnap-2015-07-12-21h14m17s690.jpg


笹川流れは淡々としたペースで突出した岩を潜るトンネルや、のどかな漁村を走りぬける。
この日は工事が多く、3回くらい工事信号に停められたが、全体を通して快適に流せる。
ただ、ちょっと飽きてくる感じは否めないので、勝木~村上間だけでお腹いっぱいになるため、北部の鶴岡~勝木間は高速か、山側の国道345号で抜ければいいだろう。

vlcsnap-2015-07-12-20h41m59s806.jpg



しばらく走ると道の駅笹川流れに到着。
ここはJR桑川駅と建物が同じになっている。
このタイプの道の駅は全国に結構たくさんあって特に新鮮味は無いが、目の前が日本海で展望のよさは抜群。

vlcsnap-2015-07-12-20h42m20s885.jpg


IMG_2025.jpg



ホームの反対側の斜面にはサルが3匹ほどいて、何かの実を食べていた。

IMG_2009.jpg



出発準備をしていると逆方向の特急が停車。
たしか3タイプの違う車両が連結されていたようなw
つぎはぎ感がいい感じw

IMG_2037.jpg


そういや前に来たときも何故かこの隙間が気になったなぁと思い出す。
駐車場の目の前の国道を挟んで民家(お店)が数件並んでいて、この微妙な隙間から見える日本海が気になるのだ。
最近、台湾旅行客がたくさん来てスラムダンクの聖地巡礼をしているという記事を見たが、なんかそんなスラムダンクのワンシーンみたいな?

IMG_2043.jpg



いやだいぶ狭かったけどwwww
まぁいい。
ここをスラムダンクの隙間と名づけよう。

AS20141114004449_comm.jpg


道の駅を出てからは無料高速も使って荒川胎内ICで降りて、県道53号で山間を突き抜ける国道290号へ出る。
途中、道の駅胎内で軽くルートチェック。
お寺や動物園、公園等が一緒になっていて、時間があればぐるっと見回っても良かったが今回はパス。

IMG_2055.jpg



国道290号はのどかな農村を結ぶ山間の快走路。
起伏はないが一定のペースで適度なコーナーを楽しみながら走れるけど、笹川流れとセットでずっとこんな感じなので少し飽きた。

vlcsnap-2015-07-12-20h43m48s431.jpg



県道202号~県道14号へ入る手前の市道で綺麗な花が咲いていた。
花の種類はわからないが、土手沿いにかなり咲いていてどこも遅めの春を感じさせる景色が広がる。

IMG_2064.jpg



県道14号を抜けて三川ICから高速に入り、西会津ICから国道400号で南下して目的の国道252号へ行く。
県道14号はまずまずの2車線路、国道400号はほぼ1車線だが対向車が皆無なので、それほど時間はかからなかった。
時間は既に14時。
まだ昼食を食べてないが、会津宮下でなんとなく焼肉屋に入る。
昼の営業は終わっていたが、店員さんが「良いよ!」といって店を開けてくれた。
なんとやさしい。

IMG_2087.jpg



メニューを見て考えていると、店員さんが
「もうすぐメニューを全品入れ替えて、福島県三春町でやっているジンギスカン専門店と同じにする。その準備でジンギスカンを今日持ってきているからどう?」
と勧められる。
ジンギスカンの店といってもオーストラリアからの輸入肉を出しているとおろが多いが、国内で育てた羊を使っていて味には自信があるとのこと。
本来なら1100円くらいなのだが、今ある定食と同じ金額、ご飯と味噌汁がついて900円でOKとなった!
是非是非とジンギスカン定食をいただくことにした。
店の窓から瀬戸内海地方ではまず見れない、水量豊富な只見川お眺めながら料理を待つ。

IMG_2075.jpg



そしてやってきたジンギスカン。
わざわざ炭を起こして七輪で焼いてくれるという大サービス!
たしかラム肉といっていたので子羊の肉。
臭みは無くやわらかくとても美味しかった。
嫁は肉臭さが苦手でジンギスカンは良い物じゃないと絶対食べないのだが、とても美味しそうに平らげていた。

IMG_2085.jpg



本店は三春町としか聞いてなかったけど、調べたところ多分、「ファームさくら」と思われる。
ファームさくら 公式サイト
三春町は郡山市の東20kmくらいの場所で三春滝桜が有名なんだけど、実はこの時店員さんから聞くまで知らなかった。
画像を見ると確かに見覚えのある、巨大な枝垂桜だ。
今度、あぶくま洞とセットで観光してみよう。


さて、最後の最後になった只見超え。
国道252号で集落とスノーシェッドを抜けて田子倉ダムまで30kmを30分で駆け抜ける。
路面は補修跡が多いが全線2車線で、信号も交通量も少なく快適に走る。

vlcsnap-2015-07-12-20h45m56s322.jpg

vlcsnap-2015-07-12-20h46m23s294.jpg



3つくらいの集落を抜けて田子倉ダムに到着。
ダムの麓から急激に登り始め、いくつかのカーブを抜けるとダムの上の駐車場に到着する。
写真をとり忘れたが、ダムの上から迫力のある景色が見れる。
乗った事は無いが遊覧船もあるらしい。

IMG_2089.jpg



木の下には大量の虫がwww
嫁はこれを見て発狂していたww
かわいいのにね。さわりたくはないけど。

IMG_2093.jpg



ここからは徐々に登っていく。
スノーシェッドがたくさんあって、先のほうまでずっとスノーシェッドが見える。
温暖な瀬戸内海育ちなのでこういう景色はすごく新鮮味があって好きだ。
路面はそこそこ綺麗だし中速コーナーの連続でとても楽しいけど、たまに洗い流しや工事の信号があるので要注意。

vlcsnap-2015-07-12-20h48m13s710.jpg



田子倉ダムから頂上までは15分くらいで走りぬけてしまう。
険しい山道ではあるけど、それほど標高はあがらず760メートル。
15年くらい前、初めて通ったときはものすごい高いところに来た記憶があるが、箱根よりも標高が低いということを知ってびっくり。
険しい山の斜面を削って道を作っており、どこまでも続くような山深さがそう感じさせているのだろう。
雪が残っているのも標高が高くて気温が低いのではなく、豪雪地帯で積雪量が多くなかなか溶けないためだ。

vlcsnap-2015-07-12-23h29m06s365.jpg


山頂はスノーシェッドからのトンネルというコンボ。
ここを抜けたらあとちょっと下りのワイディングを楽しんで終わりだ。

vlcsnap-2015-07-12-23h28m27s363.jpg



新潟側(西)のほうがやや広くて路面が綺麗で安定している。
ヘアピンの連続で急勾配なので、楽しい時間は東に比べると短くあっという間に過ぎ去ってしまう。

vlcsnap-2015-07-12-21h09m10s170.jpg



麓に降りて小出ICから関越道に乗る。
いつも塩沢石打あたりの、夏場は閑散としているスキーリゾートホテルを見ながら都内に向かうと、ツーリングももう終わりかぁ。とさびしい気持ちになる。
なんかこの場違いな高い建物が夢の終わりのような気がして、これから待ち受ける都内の渋滞と暑さ、そして明日から始まる仕事が脳裏を掠めるのだ。

vlcsnap-2015-07-12-21h11m13s440.jpg



今回は4日間のツーリングなのでそれほどでもないが、新潟航路を使った北海道からの帰りの時は、この気持ちが数倍になって襲ってくるわけだ。
今年の夏は北海道へ行くつもりなので、はやくも北海道の帰りの気分を味わいつつ、長くなった東北ツーリングの記事を書き終えた。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

3泊4日で東北ツーリング 【3日目】 栗駒と鳥海山を走る

  •  投稿日:2015-06-26
  •  カテゴリ:遠出

遅くなったけど東北ツーリングの続き。
1日目、2日目の記事

全体のルートはこんな感じ。
仙台の手前から秋田南部の酒田市までを走る。



■3日目 6/1(月)
朝6時に起きて7時に宮城県蔵王町の宿、すみかわを出発。
快適な部屋でよく眠れたので体の調子が良く、天気も良いし、行き先はメインとなる栗駒、鳥海山だ。

栗駒までの移動は国道457号を北上する。
ここを選んだ理由はツーリングマップルにオススメロードとなっていたからだが、大失敗だった。
通勤時間にあたったということもあるが、交通量が多く信号もあって非常に時間がかかった。
さっさと高速で抜けてしまえばよかったなぁ。

vlcsnap-2015-06-25-00h02m03s875.jpg


2時間30分くらいかかってようやく栗駒のふもと、国道47号に入る。
少し北上して国道457号に入ると最初は踏切があったり道が細かったりする。

vlcsnap-2015-06-26-00h21m09s200-2.jpg

vlcsnap-2015-06-26-00h21m39s154-2.jpg


でもすぐに森を抜ける快走路にかわる。

vlcsnap-2015-06-26-00h23m08s088-2.jpg


国道398号に合流して花山湖を抜けてからが本番!
ここから県道282号、須川温泉への道まで32kmの快走路がはじまる。
最初の5kmはなだらかな快走路、途中5kmが森の中を走るヘアピンカーブ。
残り20kmが山腹を突き抜ける中速コーナーの連続と、変化に富んだ素晴らしい道だ。

vlcsnap-2015-06-26-00h32m01s159.jpg


徐々に視界が開けてきて栗駒山を眺められる。

vlcsnap-2015-06-25-00h09m54s687.jpg


何箇所かスノーシェッドもあるが全体的に路面は乾いていて、湧き水がほとんどないため安心して走れる。

vlcsnap-2015-06-25-00h12m06s037.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎて、県道282号の分岐点まできたがなにやら様子がおかしい。
車田何台もとまっている。
話しを聞くと、先週開通したと秋田の事務所に確認したのにゲートが閉まっている。
で、秋田の事務所に電話してみると、なんと開通は6月2日からになったとか・・・。
なんということだ。

IMG_1840.jpg


仕方ないので、須川温泉は諦めて北西の国道13号、道の駅おがちへ移動することにした。
国道398号の北側は急勾配の高速コーナーで一気に標高を下げる。
どっちも素晴らしいが楽しい時間は南のほうが圧倒的に長いので、国道342号とあわせて走るなら、国道398号の南側を走ることを前提にルートを組み立てると良いと思う。
ちょっとわかりにくいが左下にはこれから走る道が見えており、北海道の三国峠のような景色だ。

vlcsnap-2015-06-25-00h37m26s723.jpg


小安峡温泉を抜けてから県道51号に入る。
道の駅おがちまでの近道で、集落を抜けるがここもなかなかの快走路。
栗駒周辺はハズレの道がないなぁ。

vlcsnap-2015-06-26-00h50m38s532.jpg


昼は道の駅おがちで食べて、国道108号で北西へ移動。
県道291号を左折して鳥海山グリーンラインへ入るが、なにやら不穏な看板が・・・。
矢島へ通り抜け不可。と書かれているが、矢島がどこだかわからない。
まぁ行ってみるか!ってことで進んでみる。
鳥海山グリーンラインは概ね1.5車線だが正面に鳥海山を望みながら走れる気持ちが良い。

vlcsnap-2015-06-26-01h01m25s859.jpg


が、やっぱり通り抜け不可だった・・・・。

vlcsnap-2015-06-26-01h01m02s010.jpg


仕方なく緑の線のようにぐるっとまわっていくことに。

鳥海グリーンライン


迂回しはじめてすぐの場所で鳥海山が綺麗にみえるポイントがあったので停車。
車どおりがほとんどないので自由にのんびりと撮影。
いや、本当に素晴らしい景色。

IMG_1843.jpg


迂回して県道32号で西へ向かう途中、花立牧場に立ち寄ってチーズケーキを食べる。
普通のと濃厚があり、チーズ好きな二人はもちろん濃厚をチョイス。
とっても濃厚!!うまかった。
値段は300円くらいだったかな?

IMG_1866-2.jpg


牛、すんげーガン見ww
この状態で3分くらいにらみ合ってやったぜ。
負けたけどな。

IMG_1859.jpg


時間は15時過ぎ。
まだちょっと時間があるので、仁賀保高原の土田牧場へ行く。
風力発電と鳥海山が一緒に見られる素晴らしい場所だが、電線がちょっと邪魔だった。

vlcsnap-2015-06-26-22h33m35s981.jpg


土田牧場は既にお店はしまっていた。
で、嫁は相変わらずアホなことをして楽しんでいた。

IMG_1898.jpg

まぁ3人でもやったけどね。
ひざすり


この日のラストを締めくくるのは鳥海山ブルーライン。
北から入って南の酒田へ抜ける。
路面は非常に良く、最初から最後まで走りやすい低速コーナーの連続。
平日のためか全然車がいなくて快適だった。

vlcsnap-2015-06-26-22h49m52s668.jpg

vlcsnap-2015-06-26-22h54m08s233.jpg


後ろを見れば日本海を一望できる。

vlcsnap-2015-06-26-22h56m06s914.jpg


頂上は鉾立展望台 標高1150メートル。
天気がよかったせいか寒くはなく、清清しい。
駐車場から徒歩3分のところから見える鳥海山は相変わらず素晴らしい景色だ。

IMG_1919.jpg

結構急勾配で一気に登ってきたのに、頂上付近はだだっ広い駐車場。
そして駐車場の先に障害物はなく、日本海が広がるという不思議な光景。

前にここに来たのは12年前、大学4年の夏。
就職も決まって学生最後の思い出として、東北を5日くらいかけて北上し、北海道で友達と合流して2週間走った。
この展望台から見る鳥海山の景色は鮮明に記憶にあるけど、駐車場から見える日本海は覚えていない。
印象深い景色だけ今は思うけど、全く記憶にないということは当時はおそらくこの景色の素晴らしさ、不思議さを感じなかったのだろう。
昔、感動したものに感動できなくなったけど、今はまた違うことに感動をできる。
だからまた、同じ場所でも月日が経てば楽しめるんだろうなぁ。
なんかそんな事が実感できた。

IMG_1907.jpg


さて、この日は酒田市北部、鳥海山をおりて10くらいの場所にある、鳥海温泉 遊楽里に宿泊した。
普段は安宿ばかりだが、今回は嫁の好きな観光ホテル。
夕食、朝食がついて一泊9000円!
親との旅行を除けば過去最高額だったりするww
夕食は大食いの僕と嫁でも満足する量。
海鮮中心のコースでなかなか美味しい。

IMG_1934.jpg

IMG_1928.jpg


日没が近づくと従業員の方がカーテンをあけてくれて、食事をしながら日本海に沈む夕日が見える。
日本海に沈む夕日をこんなに綺麗に見えたのははじめてかもしれない。

IMG_1948.jpg

IMG_1964.jpg


隣接する日帰り温泉も利用可能だが、ホテルの大浴場も源泉かけ流しなので、ホテルのほうに入浴した。
温泉は海水がまじっていて塩分があり、強い刺激はないけど後からポカポカとしてくる。
風呂上りには定番?の温泉卓球。
ホテルの外は砂浜しかないけど、ホテル内で一通り遊べるのがいいねぇ。

鳥海温泉卓球


明日のルートを考えながら11時前に就寝。
そこそこ広くて、清潔で、源泉かけ流しの温泉と、一般的なホテルの域は出ないが接客サービスも安定して丁寧。
ご飯も美味しく、部屋も広くて、夕日も見れて、卓球もできる。
評判が良い理由がよくわかった。




最終日の記事はこちらをクリック このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

走りに行こう!バイクおすすめロードマップ!

  •  投稿日:2015-06-15
  •  カテゴリ:遠出


ツーリング記事にしただけでは一部の道しか記録できないし、記憶力に自信はあるけど昔のことはやはり記憶が薄れてしまうので、できる限り全行程を記録する。
まだ情報が少ないけど、ツーリングルートの検討に役立てればと思う。

■マイマップの見かた
・道
ポインターの色はオススメ度に応じて、緑→黄緑→黄色→グレー→黒 とする。
緑が最高、黒が最低という位置づけ。
茶色はオフロード。

道の線の色分けに意味は無い。
走行区間がここからここまで、というためのラインだが、隣接する道と区別するため。



・宿泊/食事/観光等の施設関連

ポインターの色を赤で統一する。


・景観の良いポイント
ポインターの色を水色で統一する。


■評価について
★マークは多ければ多い程良い。
☆は少ないほうが良い。(交通量のみ)

バイク乗りの視点であるためワインディングを重視。
一般的な車だとちょっと走りにくいような道もバイクでは高評価になっている。

宿や食事はコストパフォーマンスを重視。
所謂ボロ宿、安宿が好きで評価が高くなる傾向にあり、逆に一般的と言われる観光ホテルは滅多にとまらないし評価が低くなりやすい。

観光ポイントはバイクを降りてからあまり時間のかからない所にしか行っていない。
1時間以上かかるような場所はほとんどスルーしている。

全て個人の感想に過ぎないということを念頭に置いてお読みください。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

3泊4日で東北ツーリング 【1日目と2日目】 那須高原道路、磐梯吾妻スカイラインを走る

  •  投稿日:2015-06-07
  •  カテゴリ:遠出
先週の土曜夕方から火曜夜まで、嫁と嫁友Tと僕の3人で3泊4日のロングツーリングに行ってきた。

ルートはざっくりこんな感じ。
本当は飛騨高山を抜けて能登半島を考えていたけど、天気が微妙だったので東北に変更。
去年からやたらと東北ばかり行っているが、今回はちょっと足を伸ばして岩手、秋田の南部まで行く。
久しぶりの東北中部。
栗駒鳥海山が楽しみだ。




■1日目 5/30(土)
嫁友Tの仕事が終わるのを待って18時頃に横浜を出発。
この日はいつも通り嫁の親戚宅、栃木県川俣まで首都高と東北道を使って移動するのみ。
カメラはSJ4000をVFR800のタンクマウント、SJ4000wifiをVFR800のリア、XJ6のハンドルに SOOCOO S60(SJ4000wifi同等)を使っている。
タンクマウントはかなり工夫をしたので振動が非常に少なくて動画も見やすいが、他の二つはまだまだ改善の余地がありそうだ。

これはVFR800にSJ4000のタンクマウント。
音声外部入力端子を増設してメディアサーバーの会話を録音している。

vlcsnap-2015-06-06-18h11m15s801.jpg


こっちはVFR800のリアにつけたSJ4000wifi。
ヘッドライトの光が入って絞られるため、夜はリアのカメラはほとんど役に立たない。
SJ4000とSJ4000wifiの比較は以下の記事を参照。
SJ5000Plus、SJ5000wifiが到着したので、SJ4000と比較!

vlcsnap-2015-06-06-18h12m23s190.jpg


SOOCOO S60は今回のツーリングが初めての利用。
中身はほぼSJ4000wifiだけど本体が防水であること、防水給電ケーブルが純正オプションにあること、リモコン(多分静止画専用)があることの3点の特徴があり、値段はSJ4000wifiとほぼ同じ。
ドラレコモードはもちろん搭載しており、信頼性はわからないがバイク用ドラレコなら今一番のオススメ。
もちろん普通のアクションカメラとしても十分使えるが、若干設定項目が少なくて不便なところがある。
後日、比較記事をアップする予定なのでしばしお待ちを。

そうこうしている間に、日光道に入ってから雨がふりはじめる。
鬼怒川の2本の有料道路はこの時期は10時頃から無人になって無料化されるのだが、手前のほうはムリそうだったので迂回し、2本目は時間ぎりぎりだったけど無料で通ることができた。
寒い時期だと9時頃にいなくなるらしい。

vlcsnap-2015-06-06-18h13m54s196.jpg


予定よりちょっと遅くなって10時30分に親戚宅へ到着。
夕飯はちょっとでいいと伝えていたけどこの量。
刺身はサクラマスとそう滅多に食べられない目の前のダムで釣れたイワナ
蕎麦はおじさんの手打ち。
クレソンの天ぷらは春菊のようなえぐ味がほのかにあって美味しい。
他にもフキの煮物とワサビの葉の漬物をいただいた。

何回目だろうw
いつも本当にありがとうございます。

14068.jpg


食後、僕はせっせこと明日の準備。
インカム3台にメディアサーバーの充電、カメラ3台の動画データをHDDにコピーしたり、天気を見ながら明日のルートを考えたり、宿を予約したり、休まる時間など無いw
その間、嫁と嫁友は温泉に入って猫と遊んで自由気ままである。
5年くらい前からインカムとカメラ一台で撮影をはじめて、その頃から充電とかデータコピーとか手間かかるようになったなぁ。と思ってたけど、今はさらに数が増えてこの状態だ。
慣れなのかこれくらい気にしなくなって当たり前になってきたのが恐ろしい。
本当はもっと宿を満喫する時間があるといいんだけどね。
てか、インカムの充電管理くらい各自でやれwww

結局寝付いたのは午前1時頃だった。

●この日の走行距離 約250km




■2日目 5月31日(日)

今日からがツーリング本番だ。
といっても去年2回走った場所なので、できるだけ被らないようなルートで行く。
本当はまだ行ったことのない、かやぶき屋根の集落のある大内宿へ行きたかったが、会津方面の天気が思わしくなく国道121号を走っている時に対向のバイクがみんなカッパをきていたため、急遽東へ抜けて那須方面に行くことにした。
前回とも那須へ抜けたためルートが被らないよう少し寄り道をして、那須高原道と白河西部広域農道を走ることにする。

20150531ルート


朝8時40分に出発し国道121号を北上する。
前日が遅かったためのんびりスタート。
道は2車線で悪くないがいかんせん日光と会津を結ぶ幹線道なので車は多い。

vlcsnap-2015-06-06-18h16m18s180.jpg


那須との分岐、国道400号との交差点あたりから小雨が降りはじめ、対向のバイクがみんなカッパをきているのでルート変更して那須へ抜けることにする。
もう5年以上前のことだが、正面のお店で無料でキノコ汁が飲めたはず。
最近はやってないのかな?

そういやキノコ汁を飲めたのはVFRを購入したてのころで、当時爆発的に売れた今は亡きオモチャナビ 迷WAN BZN350をつけてこの辺を走ったけど、この時ほどナビのありがたみを感じたことはなかった。
というのもここから北へ、会津高原は複数の国道が網の目のように交差しているし、どの道も素晴らしく快走路なのだが風景が似ているためとにかくわかりにくい。
それまではナビなんて無くても、紙地図があれば十分だぜ!って思ってたけど、やっぱりナビあると良いよね!という考えに変わったしまったw
もちろん紙地図は今でも必須だけど、ルートを考えるときに使うくらいで走行中はナビが中心になっている。

vlcsnap-2015-06-06-18h16m38s204.jpg


国道400号の頂上のトンネルを抜けるとあら不思議。
2000m級の三本槍岳がさえぎって西側に雨を降らせていたのか東側は快晴だ。

vlcsnap-2015-06-06-18h17m02s101.jpg


道の駅かと思って入った場所が温泉の駅ってなってて、間違ったねー出るかー。と出ようとしたところ事件発生。
立ちゴケであるw
ばっちりカメラに映っているのがわかっていて大爆笑w

クラッチとギアのレバーが曲がったがクラッチはそのままで平気。
ギアはクランクカバーに当たるため両手でおもいっきり引っ張って直す。
本日1回目の転倒だ。
1回目?

vlcsnap-2015-06-06-20h12m28s367.jpg


県道30号との交差点にある道の駅しおばらで休憩。
ここ来ると毎回お祭りとかイベントやってるなぁ。
物産展は炊き込みご飯とか漬物とかその場で食べられるような手作りのものがたくさん売っていて、小腹を満たすには調度いい。
今回は朝食もがっつりいただいたので食べなかったけど、オススメの道の駅だ。

IMG_1771.jpg


県道30号を北上し、県道17号で那須へ行く。
この道は観光地とあって交通量は多いし道もそれほど良くないので楽しくは無く、メインは国道289号へ抜ける県道290号。
那須の温泉街の一番奥に温泉神社があるが、寄った事の無い場所なので寄ってみることに。

vlcsnap-2015-06-06-18h18m08s335.jpg


温泉の匂いが結構する場所で、噴出しているところまで遊歩道ができている。
赤いのはなんだ?と近づいて見ると

IMG_1774.jpg


地蔵がたくさん。
みんな多分東のほうを向いているので何か意味があるのだろう。

IMG_1776.jpg


奥まで歩いて5分くらい、神社へ抜ける道を歩いて5分、駐車場に戻るのに5分と二つの観光をまとめて15分でまわれるこのお得感w
バイクはやっぱり走ってナンボだけど、走るだけだとつまらないから観光もしたし、でも走りたいし。
そんなワガママをかなえてくれる神社だw

IMG_1785.jpg



新緑の中、ものすごい数の虫?の鳴き声がしていたがいったい何だったんだろうか?
クマゼミが大量発生したような感じだがさすがに時期が違う。
うーん、謎は深まるばかりだが嫁と嫁友は何の虫かなんてどうでもよさげ。
やっぱり都会っ子は違うね。
僕みたいな田舎人ならみんなきっと気になる、はず。

IMG_1786.jpg


ここからは走りをメインとしたルートだ。
まずは定番の県道290号で北上する。
15kmほどの距離だが全線2車線で路面もまずまず。
日曜でも交通量はそれほど多くないので、遅い車にあたっても1台抜けばしばらく快走できる。

vlcsnap-2015-06-06-20h41m13s002.jpg


ちょっと失敗したなと思ったのは、南から行くとこの楽しいルートの大半が下りになることだ。
急な下りではないので快適ではあるけど、どうせならやっぱり上りのコーナーのほうが楽しい。
どっちでも良いなら北から入ったほうが楽しいだろう。

vlcsnap-2015-06-06-18h20m13s541.jpg


国道289号にあたったらまた東へ降りる。
12時くらいになったので昼ごはんを考えるが、すぐに入りたい店がなかったのでとりあえず白河西部広域農道を走ることにした。
白河西部広域農道は国道289号と国道49号を結び、国道4号との西を並走する、約50kmの農道だ。
おそらく南のほうだけが白河西部広域農道で、北は県道と別の農道と思われるがセットで走りきることになる。
途中いくつもの国道と県道をまたぐように走るが、細かな右左折が多いのでナビがないと迷いやすいかもしれない。

南側(県道67号まで)は非常に快適で最高の道だ。

vlcsnap-2015-06-06-18h20m55s885.jpg

vlcsnap-2015-06-06-20h57m08s025.jpg


途中コンビニで軽く昼食を食べる。
のどかな風景でとても良い感じだ。

IMG_1790-2.jpg


北側(県道67号以降)は田んぼの中を走るが交通量も信号も多くそれほど楽しい道ではないが、そこそこのペースで走れるので国道4号を走るくらいならこっちのほうが良いという感じ。
南側の楽しさに比べると物足りないけど。

vlcsnap-2015-06-06-20h57m20s687.jpg


次は国道459号と国道115号で登って磐梯吾妻スカイラインを目指す。
登坂車線も用意されているて快適に走れるが、バイパスというだけあってかなりの高速コーナー。
こんなところではさすがに遊べないw
まぁぶっ飛ばしている人は結構いたけど。
今、地図みて思ったけど旧道らしき道があるのでこっちのほうが楽しかったかも?
途中、道の駅つちゆにはものすごい数のバイクが駐車していたが今回はパス。
景色も良さそうだったので寄り道すれば良かったな。

vlcsnap-2015-06-06-18h22m11s174.jpg


今日のメインルート、磐梯吾妻スカイラインへ突入。
夜間通行止めらしく、17時までしか入れないようになっていた。
15時くらいに入ったので余裕はあったが、時間が遅いせいか車どおりが少なく快走できた。
さすが元有料道路とあって全線2車線で路面もそこそこ綺麗。
南側はヘアピンは少なめで3箇所程度。
ただやっぱりここも、半分くらい登ったところからスカイラインに入るので登りは少ない。
バイクは北から入ったほうが楽しめそうだ。

vlcsnap-2015-06-06-18h24m13s129.jpg


リアカメラで見ると

vlcsnap-2015-06-06-20h12m04s438.jpg


嫁のカメラで見ると

vlcsnap-2015-06-06-18h27m59s326.jpg

時間がずれているのはカメラの設定なので気にしてはいけないw


頂上から見る景色は素晴らしい。
でも最近の地震とか火山の活動が活発化した影響か噴火警戒レベル2になっていた。
この先の白い場所はガスが噴出している。

IMG_1792.jpg


歩いて10分くらいで近いところの山頂にいけるが、嫁は登り坂が嫌で行きたくないため諦める。
行くなら僕がおぶるか、引っ張っていかないといけないのだ。
やってられるかw

IMG_1794.jpg


ここからは北東へ向かい下るだけ。
なんだけど、出発してすぐのところでガス噴出中的な看板がww
まぁ普通に走り抜けて終わりなんだけどw

vlcsnap-2015-06-06-21h26m55s401.jpg


途中、橋を見れる場所がある。
誰も居なかったのでちょっと駐車させてもらって写真を一枚。
ただ虫が多くて虫嫌いの嫁は「ここにはもう二度と停まらない!」と嫌がるのですぐに出発。
確かに虫は多かったけど、もう少しのんびりしたいところだ。

IMG_1804.jpg


宿は蔵王の東側、「岩盤浴すみかわ」という個別の?ペンション。
そこまでは面倒なので高速を使って移動し17時30分頃に到着。

vlcsnap-2015-06-06-18h25m30s329.jpg


この宿、なかなか特徴的。
見ての通りひとつひとつが離れになっていて、受付と食堂と岩盤浴、ラジウム温泉が一番奥の建物にある。
車やバイクはすぐ目の前に駐車できるため荷物の積み下ろしも楽ちん。
料金は素泊まりで一人当たり3500円~4000円。
一棟ごとに広さと施設が若干ことなりそれが金額差になっている。

全室:     温水トイレ 冷蔵庫 電子レンジ 電気ポット テレビ 冷暖房
一部の部屋: 川沿いバルコニー 風呂


20畳くらいの広さで最大5人だが快適なのは4人まで。
バルコニー側は裏手が川になっており、7月になればホタルが見れることもあるらしい。
バルコニーのない部屋は道路沿い。
交通量はあまり多くは無いが静かなのが良い人は川沿いを選ぼう。



IMG_1836.jpg


僕は趣のある古い建物が好きだが、嫁は大嫌いで綺麗で広くて虫のいない場所を好む。
裏が川だけど部屋に虫が侵入することもなく、部屋は少し古さがあるがとても綺麗に掃除されているためお気に召したようだ。
今回宿泊したのは、川沿いバルコニー付きの「つつじ」という部屋。
自宅っぽくてすごく快適だったけど、ボイラー?の音なのか寝る時に横を向くと地下から「ゴォ~~」とい音が聞こえてしまう。
場所によって聞こえるところと聞こえないところの差が大きかったので、ちょっと移動すれば気にならなかったので、すぐに寝付けることができた。

IMG_1832.jpg

夕飯は食堂で食べても良かったが、5kmほど先にある遠刈田でピッツァ(ピザじゃない!ってお店でアピールしていたのでw)を食べることにした。
が、嫁友を後ろに乗せて2台で移動したのだが、ここで第二の事件発生。

降りる時に足を引っ掛けてタンデムシートから落ちる嫁友www
見事にケツから落ちて痛がっていたw
この日から帰るまでシップをケツに貼り続けたという・・・・。

助ける前に写真をとる。
これぞブロガー魂!!
一応このあと大丈夫?って声かけたよ、笑いながらw
動画にはちゃんと映りこんでなかったのが心残りだ。

IMG_1806.jpg


ピッツァハウス 富夢想野 へ到着。
行く前に電話で確認すると、釜の火を落としていたけど火を入れて準備しておきますね!
と、なんとサービス精神。

vlcsnap-2015-06-06-18h28m38s714.jpg


どうやらイタリアから輸入した釜を使っているそうで写真をとってきてくれた。
本当に直火で焼かれていてびっくり。

IMG_1818.jpg


一般的なピザ屋のMサイズより一回り小さいサイズで、900円~1700円。
僕は滅多にピザを食べないので詳しくはわからないが、ピザ好きな嫁曰く、チェーン店とは比べ物にならないくらい旨いとのこと。
のせているものもほとんど自家製らしく、特に鶏肉の燻製は抜群にうまかった。
とにかく手間ひまかかっており、趣味じゃないとやれないなぁという感じだ。

IMG_1828.jpg


帰りにコンビニでシップを買おうとしたけど無くて、とりあえずヒエピタを購入w
まぁシップなんて冷却+鎮痛剤なわけで、ヒエピタで冷却して飲み薬のロキソニン飲んでおけばだいたい同じ効力だろうとw

宿に戻って風呂に入る。
温泉は天然ではなく、秋田のラジウム鉱石を持ってきているそうだ。
岩盤浴に入るのは初めて。
フロントで岩盤浴用の浴衣を借りて、脱衣場で浴衣に着替えて岩盤浴場でバスタオルを敷いてねっころがる。
一般的なサウナより少し温度は低めで30秒と我慢できない僕でも15分くらい入れた。
といっても20分~40分が目安なのでもう少し長居したほうが良かったんだけどもw

ラジウム温泉はラジウム鉱石がある以外は普通のお風呂。
それほど広くはないが手入れが行き届いていて気持ちよかった。

明日のルートやらなんやら決めてこの日は11時に就寝した。

長くなったので3日目以降は別記事にアップする。

●この日の走行距離 約350km

3泊4日で東北ツーリング 【3日目】 栗駒と鳥海山を走る
このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

神奈川、山梨の定番ルート 裏道志ツーリング

  •  投稿日:2015-05-25
  •  カテゴリ:遠出
先週日曜、後輩N子の納車記念に近場ツーリングに行ってきた。
コースは神奈川東部、東京西部にお住まいの方必見の、ショートツーリングの超定番。
宮ヶ瀬から裏道志、都留、道志で帰るルート。
一部狭かったり急勾配もあったりするが、近場では最も混まない、快適な道だ。


メンバーはT先輩(VFR1200)、N君(W650)、N子(ゼルビス)、嫁友T子(CB400SS)、L子(会社の後輩?シンガポール人でタンデムで来る)と僕(XTZ125)の6人に、途中からY先輩(今回はCB750ではなくTW225)とY奥様(カブ110)が合流する。


朝9時、T先輩、N子、嫁友T子、僕の4人が横浜市内の国道246号のコンビニに集合。
ゼルビスを眺めながらわいわいと。
2日前に店に取りに行って、出発50mで立ちゴケしたらしいw
ちょっとタイヤが硬化しているのが気になるくらいで、あとは年式(20年落ちくらい)の割りには状態は良さそう。
ペアリングをすませて出発!

01-コンビニ出発



国号246号で厚木まで行き、県道60号に入る。

03-県道60号-山道へ



県道64号からはもっと良い感じの山道になるが、交通量が多いので快適かって言われるとそうでもないw
あと宮ヶ瀬に近づくとドリフト対策の滑り止めがあって走りにくい。
それでも信号はほとんど無いし厚木から10分でこの快適さなら十分だ。

04-県道64号-デコボコ急カーブ



宮ヶ瀬の北側にある、ふれあいの館でN君とL子と合流。
L子は会社のシンガポール支社の現地社員。
公用語は英語で、親が台湾人なので中国語(北京語)もわかるし、日本語もそれなりに話せる。
すげーーw

そんなこんな、のんびりして11時に出発。
Y先輩夫妻は用事が終わってこれから裏道志の蕎麦屋へ向かうので、ちょうど合流できるかな?

07-宮ヶ瀬出発



県道64号で国道413号に出てすぐ右折し、県道518号で北上する。
概ね2車線で快適だけど牧馬峠は何故かえらく狭いw

08-県道518号-めっちゃ狭い



県道517号→76号→また517号としばらく広くなったり狭くなったりを繰り返す。
もう少しこのあたり広くなるいいんだけどね。
県道35号に出てしばらく走ると秋山カントリークラブのすぐ近く、蕎麦どころ「あき山」に到着。
宮ヶ瀬を出てからほぼ1時間。
12時に到着するとしばらくしてすぐにY夫妻も到着して一緒に昼食。

11-県道35号-蕎麦処あき山


初めて入るところだけど、お値段が結構安い。
もり蕎麦が450円、天丼セットで1000円という良心価格。
座敷でのんびりできるし、清清しい風が入り込んで雰囲気も抜群。
関東近県では、神田駅東口の立ち食い蕎麦「かめや」、秩父の「本家 原
」に次ぐ美味さだ。

あ、言っておくけど立ち食い蕎麦とは言え「かめや」の美味さは別格。
前職が神田勤務だったため、毎日のように通いつめたくらいの店だ。
L子は温かい蕎麦を食べてみたが、どうやら口にはあわなかったらしいw
しょうゆの味でしょっぱいと言うかと思ったらら、甘い。。。とのこと。
確かに甘いけど、日本人ならしょうゆの味がまず最初に思い浮かんでしょっぱいと思うような気がするけど、やっぱりこのへんは文化の違いだなぁと実感。

IMG_20150517_122103.jpg


T子のお見合い写真もとったが逆光でイマイチだったw

IMG_1766.jpg


13時頃に出発。
ここから先は都留まで17km、信号はなくほぼ2車線で交通量も少ない快適ルート。
勾配もコーナーもきつくなくて流すのにはちょうど良い。

12-県道35号-山口夫妻合流し出発


v(・∀・)yaeh!

13-県道35号-v(・∀・)yaeh!


この間、L子とインカムでいろんな話しをした。
シンガポールは東京都と同じくらいの面積の都市国家であり日本と同じくらいか、見る面によっては日本以上の先進国。
バイクの免許は持ってないが友達の後ろに乗って走ったことがあるが、海に面した小さな国なので山道らしい道はほとんどなく、こんなに長距離(という程でもないけどもw)のワインディングは初めてだと喜んでいた。
隣国のマレーシアに行けばいくらでもあるだろうが、バイクが盗難にあったり治安面が不安らしく、マレーシアに走りに行かないらしい。
そう考えると、日本は狭いとは言っても1週間くらいは思う存分に走れる場所はあるし、治安は良いし、道路も整備されてるし、とても恵まれている環境だと思う。

新雛鶴トンネルを越えるとリニアの実験レールがある。
運が良ければリニアが見れるのかな?

14-県道35号-リニア実験レール


コンビニで休憩して次は県道24号で道志道へ向かう。
路面はあまり綺麗じゃないけど、ヘアピンと急勾配がなかなか楽しい。
交通量はかなり少ないのでとっても快適。
慣らし中のXTZ125にL子を乗せて走ったらエンジンがひぃひぃ言っていたけどw
頂上付近には走り屋が結構たくさんいたりする。

17-県道24号-良いコーナー


どうし道の駅で休憩して、嫁へのお土産におからドーナツを購入。
ここでY先輩夫妻は一足先に帰宅。
この日の夕方、Y奥様のバイクが納車されるらしい。
Ninja250(2気筒のほう)の販売店カスタムバージョンで、最初からバックステップやリアインナーフェンダー、アルマイトパーツが多数ついているとのことw
緊張してずっと「どうしようどうしよう」と弱音を吐いてたけど、無事にこけずに帰宅できたとのことで安心した。

帰りは道志道から宮ヶ瀬ふれあいの館へ向かい、行きと同じルートで帰宅する。
途中、N子のライディングチェック!
割りと走りはしっかりしていて言うことはそれほど無い。
コーナーで顔が水平になるように、それくらいかな。

うん、これは逆に傾いてるぞw

19-国道413号-特訓中ちょっと首の角度おかしい


そうそう良い感じ。


20-国道413号-特訓中-角度、目線良いね


L子のピース!!
って、ピースって日本独特らしいけどシンガポールだとどうなんだろう?
日本にきてから覚えたのかな?

22-国道413号-ピース!

23-国道413号-タンデム


宮ヶ瀬ふれあいの館でパシャリと一枚。
会社のメンバーではオフ車は初めてかもしれない。

album宮ヶ瀬1


帰りに超元気なv(・∀・)yaeh!をする人www
思わず一言、あほっぽ~い。と出たがほんわかできた。

25-県道64号-めっちゃv(・∀・)yaeh!



のんびり走った結果、距離は大したことないど7時に横浜市内に戻って解散。
全員無事、こけず壊れず帰宅。
次はもう少し遠くへ行ってみよう!

28-コンビニ到着



このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

GW日帰り赤城ツーリング 会社のツーリングメンバー7人

  •  投稿日:2015-05-07
  •  カテゴリ:遠出


GWに日帰りで会社のツーリング仲間で走ってきた。
予報ではかなり天気が崩れるとなっていたけど、ほとんど雨にうたれることはなく、雲も少なくて良いツーリングに。
ルートは上記の通り。
ゴールが変なところにあるのは多分GPSロガーのバッテリーが切れたせいと思われる。
写真をあまりとってないので、タンクにマウントしたSJ4000の画像ばかりになってしまった。反省。

朝6時20分に嫁と二人で自宅を出発。
集合は8時に関越高坂SAだが、その前にN子(後輩)を用賀駅でピックアップ。
逆方面なら自宅まで迎えに行くけど、関越方面だと遠回りになるので環八まで出てきてもらった。
用賀って首都高のインターで良く聞くけどそれ以外では全く知らない。
今回初めて駅前まできて、あーこれが用賀かー。って思った。
うん、思っただけなんだけどw

vlcsnap-2015-05-06-20h02m12s238.jpg


厚木~八王子の圏央道が開通して以来、2回目の環八北上で関越練馬インターまで行ったけど、今回も結構すいていて以前に比べると大幅に時間短縮できるようになった。
以前だと第三京浜出口から練馬インターまで10kmを1.5時間コースだったのが、今回も30分で到着。
まだ少し渋滞もあるけど、良くなったなぁ。
外環状道路ができるともっといいんだけどね。

vlcsnap-2015-05-06-20h03m48s193.jpg


ところが関越に入るといきなり高坂まで30kmの渋滞w
まぁ当然と言えば当然。
神奈川県民が東名、第三京浜で環八に出て関越に入っていた人が、神奈川西部の人達が圏央道で関越に入るようになったのだから、圏央道と関越のジャンクションで渋滞になる。
それでもトータルでは大幅に改善されているし、GWでこの程度ならかなり良くなっていると思う。

道中、N子の購入するバイクについて盛り上がる。
先月中型免許をとって、バイクを購入して先週とりにいった帰りに、ギアが抜けて動かなくなって返品したらしいww
ギア抜けだけじゃなくて、その他部品がぼろぼろ落ちたとかw
購入したバイクはなんと22年落ち、質実剛健な旧車の代表格、ゼルビス!
そして既に次のゼルビスを購入済みで来週納車予定。
たった1ヶ月で早くもバイク2台目であるww
そんな事を話しながら高坂SAに到着。

vlcsnap-2015-05-06-20h04m50s8.jpg


僕が最後だったようで全員集合完了。
あれ?本当はもう一人いるんだけど・・・・で、T先輩が電話をかけてみると、電話で起きたらしいwww
何回目かな?N口君!!ww

メンバーは以下の通り。
俺氏、嫁太郎、T先輩、N先輩、Y先輩、Y嫁様(タンデマー)、N子後輩(タンデマー)の7人。
B+comは僕と嫁とT先輩以外は持ってないけど、僕とT先輩の旧モデルをかき集めて全員分が揃う。
Stationに接続するメンバー4人と、メディアサーバーに接続する3人の2グループに分けて、休憩ごとにB+com本体を入れ替えながらメンバーをシャッフルした。

運用方法については以下の記事参照。
サインハウス B+comを使って7人でツーリングしたらこうなった


行き先は天気を見ながらだけど、とりあえず赤城山へレッツゴー!
高坂から先は渋滞もなく快適に走って赤城インターで降りる。
そこから県道70号→国道353号で赤城山のふもとを南東に走る。
走りやすくていいんだけど、いかんせん養豚場とかが多くて強烈な臭いがするwww
そういやこの道走るのはじめてかもしれない。
セーブオンから北へ広域農道を走って裏赤城から登ることが多いからなぁ。

vlcsnap-2015-05-06-20h05m42s63.jpg


道の駅ふじみをパスして赤城のメインルート、県道4号 上毛三山パノラマ街道をのぼる。
まぁGWだし覚悟はしてたけど、30km/h以下でのろのろ走る普通車につかまって超大渋滞にはまってしまう。
いくらヘアピンカーブとは言え、15km/hくらいにまで速度をおとされると常に半クラ状態でしんどい。
全くよける気配もなく頂上まで・・・・迷惑であるw
画像の車ではなくこの5台くらい前の電気自動車(リーフ)だった。

vlcsnap-2015-05-06-20h05m50s143.jpg


頂上の大沼で一休み。
駐車場はどこもいっぱいだったけど、ボートとか飲食店はそこまで混んでいる気配は無い。
みんな神社のほうに行ってるのかな?
嫁太郎は湖に波があるのを見て、ここ海なの?ってあんたそりゃ無いだろうwww
波がある=海 という短絡的な思考をしている結果であるw

1430922639553.jpg


次は県道251号で裏赤城を下る。
ここは走り屋のメッカで、今日も数台が往復していた。
どえらい速度でぶっ飛ばしているのだが・・・・サーキットでやれww
超遅いの超速いの、両極端だよ!

vlcsnap-2015-05-06-20h11m21s61.jpg


国道120号を北上して片品近くでお昼休憩。
12時30分ころに、とりあえずツーリングマップルに載っていたお店、蕎麦処 みどりやに入る。
1時間くらいのんびりしていたんだけども、この間に結構な雨が降ってきてびびるw
んで、食っている間に雨がやんで晴れ間が出るというグッドタイミング!

vlcsnap-2015-05-06-20h11m55s192.jpg


注文はもり蕎麦大盛り(1000円くらい)とマイタケ天ぷら(100円くらい)。
ややパサパサとしているけど風味が強い田舎蕎麦。
僕はもう少しツルツルな方が好きだけど、ツユと蕎麦湯はかなり美味しかった。

マイタケ天ぷらは1つ150円だけど、4個で500円のセットがあったので全員で2セットを注文。
1つ余るのでジャンケンをすると、1回目でいきなり僕と嫁太郎の2人になり、2回目で嫁太郎の勝利。
遠慮なんて言葉はなく2つゲット出来たことがめっちゃ嬉しそうであるが、そんな食い意地の張った無邪気なところが嫁太郎の良いところ。
ちなみに嫁太郎は大食いなので、もり蕎麦の大盛りとマイタケ天ぷら2つを軽々と食べて、次はソフトクリームをどこで食べようかと悩んでいるくらいだ。

IMG_20150504_130456.jpg


食べ終わって1時30分くらいに出発。
ちょっと戻って国道401号で北上し県道63号で水上に抜けるルートで出発したが、なんか電光掲示板に通行止めっぽい文字がちらっと見えたけど、先導のT先輩は気づいてない様子。
この時、僕はメディアサーバーグループ(3人)に、T先輩はStationグループ(4人)に接続していたが、僕のB+comはStationとペアリングをしてないのでStationグループに入れない。
なので、Y先輩に伝令をお願いした。
そのときの様子がこちら。
※音割れは録音のボリューム設定ミスなのでインカム通話に影響はありません。



って具合で、とりあえず行ってみようってことで行くと。


雪がまだ残っている。
うーん、まだまだ登るから冬季閉鎖の可能性もありそう・・・。

vlcsnap-2015-05-06-20h14m18s101.jpg


あ、やっぱりw
開通は5月末らしい。
なんか雪解け水がすげーことになってる。

vlcsnap-2015-05-06-20h14m54s178.jpg

IMG_1737.jpg


仕方ないので戻って赤城山の東を南北に走る県道62号で国道122号へ出ることにする。
途中、吹割の滝に立ち寄る。
何度も走っているけど一回も寄ったことの無い場所。
やたらと観光地化されていてどんなもんだろうなーと思っていたが、これがすごい場所だったw
駐車場はどこも無料っぽい。
(店で買ったら)駐車場無料!なんて商売は特にしてないようだ。

vlcsnap-2015-05-06-20h15m40s136.jpg


駐車場から歩いて5分くらい。
遊歩道には柵もないし、落ちたら多分死ぬってレベルの水量。
雪解け水が流れ込んでいるらしく、水量の多い時期のよう。
こりゃすげーやw

IMG_1740.jpg

1430922648374.jpg


30分くらいのんびりしてソフトクリームを食べて出発!
県道267号からお目当ての県道62号に入る。
この道、あまり知られてないけどほぼ2車線で交通量も少なく快適に走れるので、結構好きな道だったりする。
が、やっぱりマイペースな車につかまる。
黄色線が続くのでなかなか追い越すことも出来ず、譲ってくれることもなく、道の駅くろほね・やまびこまで来てしまった。
もう峠道はないので、ちょっと消化不良だけどGWだしね。

vlcsnap-2015-05-06-20h20m19s119.jpg


道の駅についたのは17時すぎ。
そろそろ帰る方法を考えていたが、関越は渋滞の真っ只中。
すぐ近くに温泉があって座敷もあるらしく、うーんこれは廃人になりそうな誘惑にかられてやばそうだが・・・。
水沼温泉センターでとりあえず休憩しようぜ!ってことで行ってみる。
駅舎がそのまま温泉施設になるという珍しい造り。

vlcsnap-2015-05-06-20h21m32s42.jpg


料金は600円でJAF会員1名で5名まで割引がきいて一人480円という破格!
入浴は20時まで、座敷の食堂は20時30分まで。
そこそこ混んではいたが窮屈なことはなかった。
循環式でニフティー温泉ではカルキ臭いと散々書かれているが、カルキ臭さはなくよくコントロールされていた。
何か変わったのかな?
泉質はややぬめりがあって匂いもほのかに香る程度で、ガツンとした強烈なものはなくてちょっと物足りなさがあったが、出てから発汗が止まらないのだ。
帰って調べて見ると、食塩泉なので体がよく温まるらしい。
温泉から出ると通路の目の前が駅のホームとなっており、ちょうど渡良瀬渓谷鉄道の列車が到着していた。
本当に目の前だw
これはなかなか斬新で良かった。

IMG_1757.jpg


写真は撮り忘れたが座敷は綺麗でそこそこ広くて空いていて、寝るには最高の場所だった。
時間が時間なので夕飯はここで済ませる。
とろろ定食で550円、わらじカツ丼定食で700円くらいだったかな?
ごくごく普通の温泉施設の定食屋で可もなく不可もなくといったところ。

IMG_20150504_200255.jpg


女性3人組みは、嫁太郎はN子とY先輩奥様とは初対面。
N子とY先輩奥様は2週間前のツーリング以来2回目。
どうやら温泉でぺちゃくちゃしゃべったらしく、仲良くなった様子。
N子は前にも書いた通りゼルビスの納車待ち。
Y先輩奥様はninja250(2気筒)購入のために貯金中とのこと。
嫁太郎のXJ6ディバF(ローシート入り)にも跨ってみると案外いけそうだなー。ってあれ?大型免許いっちゃいますか!?
まぁ最初は250ccにとりあえず乗ってみて、物足りなく感じたら大型免許とってミドルクラスっていうのが良いかな。


この後はさくっと高速にのって帰宅。
といってもやっぱり渋滞にはまって疲れてSAで休憩してを繰り返して、N子を家まで送って帰宅したら1時をすぎていた。

vlcsnap-2015-05-06-20h22m23s68.jpg


GWなのでもっと大渋滞にはまるかと思ったけど、GWの真ん中ということか、天気が崩れるとなっていたためか、それほどでもなく良いツーリングができた。
次はメディアサーバーとカメラの録音調整をしっかりして、動画を公開できるようにしたい。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ

XTZで林道ラーメンツーリング!神奈川県秦野市 戸川林道2回目!

  •  投稿日:2015-04-26
  •  カテゴリ:遠出
IMG_0352.jpg

ラーツーしてぇ・・・・



本当は昨日(土曜)、南関東では有名な埼玉の大名栗林道へ行くつもりだったが、金曜夜に仕事が全然終わらなかったので土曜は朝から夜まで仕事。
今日はフリーなんだけど明日からまた忙しいのに、休日に疲れては仕事が終わらない=次の休みが無くなるという最悪なループから脱出しようということで、かるーく走ることにした。

XTZも納車されて2週間たつのに、まだ5kmくらいしか走ってなくて、調子の良し悪しすらわかってない。
かわいそうだ・・・・
行き先はKLX125を購入して初めて行った林道と同じ戸川林道。
そのときの記事は 神奈川県 丹沢-道志 KLX125で林道ツーリング をクリック。

ルートはこんな感じだけど、戸川林道付近をいくつか散策している。

戸川林道2015



朝はゆっくり10時に出発。
GW直前だけど日曜の下りだからさほど混んではなく、そこそこのペースで国道246号を走る。

ちなみに写真はXiaomi Yi をチェストマウントして動画撮影したものを切り出している。
Xiaomi Yi のレビュー記事はこちらを参照。
小米(Xiaomi)シャオミ Yi アクションカメラレビュー 昼編

マウントは3点式を使用。
一般的な4点式より少しブレやすいが、着脱が楽なのでメインに使っている。


途中、座間2りんかんに寄ってみると、KOSO&KN規格のかっこいいグリップヒーターが安くなっていたので購入。
先日VFRのスポーツグリップヒーターをキジマのにかえたんだけど、スロットルパイプの根元を削らずえいっと適当に接着したら、5mmくらいはみ出してバーエンドがはまらなくなってしまったのだ。
アクセル側って外すの難しそうだし、グリップパターンがイマイチ気に入らないので、壊れるのを覚悟で外して、もし壊れたらKOSOに入れ替えてしまおう。という魂胆。
後日、時間ができたらチャレンジしてみようと思う。
vlcsnap-2015-04-26-20h05m52s234.jpg


とことこ進むこと1時間30分。
戸川公園脇を抜けて林道へ突入。
戸川林道は約5kmで2輪駆動の車でもスクーターでも走れるくらいのお手軽ピストン林道。
奥にはキャンプのできる場所にもなっていて、人はそれほど多くないのでのんびりできる場所だ。

vlcsnap-2015-04-26-20h07m58s237.jpg


10分ほど走ったところ、竜神の泉でラーメン用の水を水筒に入れる。
直接飲んでみたいけど要沸騰らしい。

vlcsnap-2015-04-26-20h11m25s8.jpg


鼻歌交じりで進む。
そういえば前にKLXできた時はハンドルをとられることが多かったけど、フロント21インチの威力は大きくほとんどハンドルをとられることはない。
タイヤはオン寄りなので砂利をつかみそこねる事があるが、フロント21インチはやっぱり安定感があっていいね。
ここはまだ走りやすいけどもう少しがれた場所に行くと違いをもっと感じられるかもしれない。

vlcsnap-2015-04-26-20h17m48s227.jpg


3日前に雨がふったせいか水溜りもあった。
せっかくのオフ車だ。豪快にびしゃーーーーっと。
やった後に洗うの面倒だな・・・・まぁ放置すっかw
ってことでとりあえず今日は洗ってなくあて泥だらけだw

vlcsnap-2015-04-26-21h19m56s156.jpg


20分くらいで終点に到着。
さっそくジェットボイルを使って湯を沸かそうとしたが、割り箸を忘れたことに今更気づく。
すぐ近くに作治小屋という山小屋があるので、何かおかずを購入して割り箸をいただこうかと思って聞くと、売り物は飲み物しかないけど、今昼食作ってるから持って行ってラーメンと一緒にお食べ。
と、炊き込みお握りと野菜炒めをいただいてしまった。

IMG_0366.jpg

IMG_0350.jpg


作治小屋からキャンプ場を見るとこんな感じ。
奥にはトイレもある。
車の大半はハイカーでキャンプしている人はほとんどいない。
戸川公園のキャンプ場はすごく混雑しているのに対し、GWでこれだけ空いているんだから、やるなら絶対こっちのほうが良いと思う。

IMG_0369.jpg



いただくだけでは心苦しいのでコーラを購入してキャンプ場に戻る途中、なんか音がする!って思ってみるとヘビ発見~!
威嚇してたのかシッポを高速でふるわせてカシャシャシャ・・・って鳴らしてた。こえぇっすwww
そういや、中学生のころ通学路脇の水路によくヘビがいて同級生が捕まえてたけど、どうもヘビは苦手で素手で掴んだことはないんだよなぁ。
まぁそれが普通だよね・・・。
うんw

IMG_0373.jpg


さっそくジェットボイルでさくっとお湯を沸かしてカップラーメンを作る。

IMG_0352.jpg


野菜炒めをカップラーメンに入れて完成~。
汁が少ないのはジェットボイルをあらったりしてたら水が少なくなったからw
何の用意もしてなかったけどちょっと贅沢な昼ごはんになって満足!
本当にありがとうございました。
今度来る時は何か持ってきます!

IMG_0361.jpg


ご飯を食べたら午後2時になっていたので、付近の林道を散策して帰ることにする。

戸川林道付近


戸川林道の途中に表丹沢林道というヤビツ峠付近に抜ける道があるが、ゲートがしまっているし他の人のブログを見ると全面舗装路でこれといって見所はなさそう。

vlcsnap-2015-04-26-21h31m02s175.jpg


次に戸川林道と並走する林道(茶色)に入ってみるが、ここも表丹沢林道につながっていてゲート(黄色)があって行き止まり。
すんげえ急坂で面白いけどそれだけなのが残念。
ゲート脇からいくらでも入れる感じだったので、ちょっと様子をのぞくとこんな感じ。
かなり標高の高いところまで行き、眺望は悪くないが舗装路だしそんなに楽しいわけでもなさそうだ。

IMG_0384.jpg


この後はおとなしく17時頃に帰宅。
今回はじめてXTZでまともに走ったけど、KLX125と比べると明確に異なる点が多く、長所と短所がはっきりとしている。
どっちもコストをかなりおさえているので潔く捨てている部分があるのはわかるが、足して2で割ったようなバイクがあるといいんだけどなぁと思った。

でも僕はXTZのほうが好みなのは間違いない。
この2台で迷っている人も多いと思うので後日比較レビューを書きたい。

さて、明日からの仕事をがんばればGWはちゃんと休めるかもしれない。
うん、がんばろう。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ
 タグ
None

愛媛県今治市 頓田川沿い 満開の桜の下で

  •  投稿日:2015-04-05
  •  カテゴリ:遠出
実家の愛媛に帰宅していたので、15年ぶりくらいに実家から徒歩10分の頓田川(とんだがわ)へ夜桜を見に行ってきた。
関東には桜の名所として有名な場所がたくさんあるが、ぶっちゃけ頓田川のほうがすごいと思う。
でも、頓田川は今治内ではさすがに有名だけど、今治以外ではほとんど知られてない。
うーん、全国でも有数のレベルなんだけど、知名度は抜群に低いんだよね。

見よ!この桜並木を!

IMG_0218.jpg



ここ何がすごいって、川沿いに約2km、2000本の桜、その樹木がめっちゃでかい。
聞いた話によると、近くの唐子台にある会社が40年くらい前から育てているらしい。
相当な費用をかけているようで、夏場は散水車まで出しているというから驚きだw
ここ数日雨が降ったり風が吹いたりして、ちょっと花が散ってしまっていたけど、まだまだ綺麗。
だけど、おそらく今日が最後かな?

IMG_0225.jpg


夕飯は露店でいただく。
19時ころに閉店と聞いていたが活況で帰る20時ころまで商売していた。

IMG_0233.jpg


外にもテーブルがたくさんあるけど、どこも満席だったのでテント内でいただく。
うどんは一杯300円、おでんはけっこうでかくて一つ100円。
こんなマイナー場所だからか?観光地価格なんてのは無縁で良心的な価格。
持ち込みも自由なんで、お茶、おにぎり、おかずも一緒に食べたけど、こういうの久しぶりでとても美味しかった。

IMG_0241.jpg


しばらくすると、ぼんぼりの電気がついて雰囲気が出てきた。

IMG_0245.jpg

IMG_0247.jpg


川面を照らす灯りもとってもきれい。
ご飯たべて軽く散歩して1時間くらいで帰宅。

IMG_4327-2.jpg





場所を書いておかないと、どこらへんかわからないよね。
露店とぼんぼりを出しているのは、国分2丁目の橋のあたりで、一応駐車場はあるけど狭い割りに人が大勢くるので路駐している人が多い。
パトカーがきても取り締まりはせず黙認しているようだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ
 タグ
None

榛名山で極寒の初日の出、榛名神社で初詣!

  •  投稿日:2015-01-01
  •  カテゴリ:遠出
あけましておめでとうございます。
今年も一年、よろしくお願いします。

早速だけど、嫁と嫁友達との3人で榛名山へ初日の出を見に行ってきた。
※走行写真はSJ4000wifiで撮影しています。
 SJ4000wifiレビュー記事
※その他の写真はCanon PowerShot S120。素人でもフルオートでそれっぽく撮れる優れもの。


午前3時に横浜の自宅を車で出発し、第三京浜→環八→練馬インター→関越→駒寄PAのスマートICで降りて、県道15号→県道33号でのぼる。

午前3時30分頃の環八は当然だけどとても空いていて20分くらいで練馬インターについた。
いつもこれくらいならいいのに。

2015_0101_034436_093.jpg


駒寄でおりて県道33号でぐんぐんのぼると、伊香保温泉を過ぎたあたりから雪が見え始め、頂上付近はほぼ凍結していた。
さすがにもう夏タイヤでは危険なレベルだが、スタッドレスをはいているのでスイスイと走れる。
スタッドレスは3年目のヨコハマタイヤ IG50で、8部山くらい。
IG50は経年劣化が少ないと評判で、よく洗って乾燥しないようにして室内で保管していたのでまだまだグリップ力を発揮しているので、あと2年はいけそうだ。

2015_0101_055049_469.jpg


途中2回軽く休憩して、午前6時にロープウェー駐車場に到着。
駒寄PAから一般道に下りて、安全運転で1時間程度だった。
駐車場は広くてかなり余裕がある。

IMG_1275.jpg


チケットを購入するのに10分くらい、乗るのに10分くらい待たないといけない。
日の出時間が6時55分くらいなので、6時10分くらいから並べば十分だろう。

IMG_1279.jpg


ロープウェーで登ると、既に100人くらい?の人が撮影ポイントをおさえていたけど2列目は確保できたのでよかった。
今回はロープウェー乗り場すぐの展望所からみたけど、歩いて5分くらい登った場所にある榛名富士山頂で見ることもできる。

夜明け前の夜景。
IMG_1284.jpg


マイナス8度くらいの極寒の中、待つこと20分。
雲が少しかかっていたけど綺麗に見えた。

IMG_1337.jpg


中央の奥に雪に覆われた富士山が見えて二度美味しい気分だ。

IMG_1342.jpg


なんとも美しい雪化粧の山々を見渡せる。

IMG_1343.jpg


日の出を見たあと、山頂の祠?をお参りして戻ると帰りのロープウェー乗車待ちがひどいことに・・・。
30分くらい待ってようやく乗ることが出来たんだけど、帰りのロープウェー待ちを考えれば山頂付近で初日の出を見てすぐにロープウェーに乗った方が良かったと思う。

IMG_1348.jpg


駐車場へ戻り、次の目的地の榛名神社へ向かう。
県道33号は全体的に凍ってはいるものの砂がまかれていて走りやすかった。

2015_0101_080104_036.jpg

ロープウェーからゆっくり運転で15分。
8時頃に榛名神社の駐車場に到着する。
33号近辺にも参拝者向け無料駐車場が複数あってまだ半分も埋まっていなかった。
一本道の坂の手前においてしまったが、スタッドレスをはいているなら坂の上の駐車場まで行ってもいいと思う。
帰りの9時でもまだ余裕があったので10時くらいまでなら余裕がありそうだ。
榛名神社は参拝者に対して駐車場が圧倒的に不足しているため、連休の昼間などは駐車場待ちの大渋滞になる。
ロープウェーで初日の出をみて、その足で参拝するとスムーズで良いだろう。

IMG_1350.jpg


榛名神社はとても雰囲気のある場所で、切り立った岩と川、雪化粧がまた良い雰囲気をかもし出している。
入り口から徒歩15分くらいで本殿に到着。
途中、長い階段もあるので歩きやすい靴でくるといいよ。

IMG_1353.jpg

IMG_1362.jpg

本殿で参拝したあとおみくじをひく。
途中にある御神水につけて見てね。っていうやつで、戻る途中の御神水につけると文字が浮かび上がると、なんと!すごく久しぶりに大吉を引いた。
昨年は大変なことばかりだったので、今年は良い事があるかもしれない。

IMG_1369.jpg


9時頃に車に戻り、県道33号を下る。
少し凍結があるものの、砂がまかれておりぎりぎりなんとか夏タイヤでも走れそうな感じだったけど、チェーンかスタッドレスのどちらかは無いと危険だと思う。

2015_0101_091616_260.jpg


次の目的地、榛名神社から40分くらいの場所にある世界遺産に登録された富岡製糸場へ到着。
正月なので生糸の生産実演はなかったが、資料は全て見ることができた。
僕は幕末~昭和初期の戦前戦中の歴史が好きで、いろいろな資料館や史跡を巡っている。
富岡製糸場ももちろん昔から知っていたし、いろんな資料を見たりネットで調べたりしていたけど、世界遺産に登録されるまでは素通りだった。
ミーハーと言われても仕方ないね・・・w

IMG_1385.jpg


模範工場となるべく奮闘した記録と、フランス式の繰糸器や職人の手によるレンガ造りの繰糸所、女工達が寝泊りした寄宿舎など、当時を思わせるものが綺麗な状態で保存されている。
ただ、見れる場所はとても少なく、歴史に思いをはせられる人でなければ退屈かもしれない。

IMG_1381.jpg

IMG_1383.jpg


この後、適当にご飯食べたり休憩したりして関越に乗って16時に帰宅。
嫁の実家へ挨拶に行って帰ってきたところだ。
榛名山からの見晴らしは素晴らしかったし、初日の出も拝めて今年は良い一年になりそうな気がする。 このエントリーをはてなブックマークに追加
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © バイク用品を試しにバイクでGO! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
プライバシーポリシー