• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Git2ファーム

 

 

Gitupは頻繁にファーム更新があって、細かな修正が多数入っている。

毎回レビュー記事を起こすのも大変なので、本記事で変更の履歴を記載していきたい。

 

ただ過去の情報は既にサイトから消えているものがあり、詳しい情報が残っているものだけ記載する。

 

Git2

 

 

■ファームアップ履歴

2015年12月 v1.2

2016年1月 v1.3

2016年3月24日 v1.4

 

 

 

■v1.4変更点

 

地味な変更が多いが使い勝手が向上しており結構嬉しい。

 

1 機能追加:1080×1440で60fpsの撮影をサポート

2 機能追加:特殊なHDMIケーブルを解してリモートシャッターをサポート

3 機能追加:Video recording pause and resume via Menu button うーん、わからん!動画録画のレジューム機能らしいが、試しても利用できない。というか何がどうなるの?w

4 機能追加:タイムラプスで0.5秒モードをサポート

5 機能追加:動画再生モードで再生中にメニューボタンを押すと再生速度を変更できる。1倍、2倍、4倍、8倍。

6 機能追加:動画撮影のビットレートを変更可能。

Low/Mid/Hiの3つ。

試しにFullHD 60fpsでビットレートがいくつになるかテストしてみた。

Low:18Mbps

Mid:27Mbps

Hi:36Mbps

V1.3の標準:27Mbjps

 

Midが以前と同じで、上下10Mbpsの設定ができるようになった。

当然ビットレートがかわれば比例してデータ量が大きく/小さくなる。

どれくらいの差があるかは後日比較してみたい。

 

7 機能追加:キャリブレーションをサポート。

Git2はホットピクセル問題が発生することがあるらしく、それをユーザー自身で調整ができるようになった。とのこと。

ちなみに僕のGit2はホットピクセルは発生してないような・・・?気づかないだけか?

 

8 機能追加:ビデオシャッタースピードの指定機能をサポート。1/30秒、1/60秒、1/120秒、1/240秒、Auto

基本はAutoで問題ないと思う。

特殊な使い方をするなら固定。

例えば僕みたいに動画にはせず、画像をキャプチャーしてアップするだけとか、ドラレコとしてナンバーを極力読み取りたいなら極力ブレのない1/240秒のほうが綺麗だろう。

ただシャッタースピードを高くすると動画ではカクカクしてしまうので、動画として楽しむならAutoでいいのではないだろうか。

 

9 機能追加:Lock Actual Recording via Menu button 録音をロックする?試したけど何が何やら?

10 機能追加:静止画のタイムラプスに0.5秒を追加。

11 機能追加:ポーランド語、オランダ語を追加。他言語で表示改善。

12 改善:ファームアップデート後、SDカードからファームファイルを自動削除。よく何周もするので地味にうれしいw

13 改善:動画のホワイトバランス調整値を0~9から0~19に拡張。

14 改善:シャープネスの設定で極端だった弱/強を標準に近づけた。

15 改善:静止画のセルフタイマーで最後の3秒のときに赤LEDを点滅させる。今までは正面から残り時間がわからなかった。

16 改善:No Wi-Fi info displayed while OSD off うーん、違いがわからん。wifi利用時のOSD表示変更らしいが・・・。

17 改善:ドラレコモード時、給電ではなく通常の起動をした時にも自動で録画開始していたのをやめて、USB給電で起動した時のみ自動録画開始をするようにした。地味に嬉しい!

 

18 改善:動画撮影によるファイル分割時に前後のフレームの重なりをなくした。

撮影テストしてみたが1フレームの欠損もなく完璧につながっていた。

つなぎ目を気にせず動画を連結させるだけでOKなので、動画編集者にとっては非常に有りがたい修正だろう。

 

19 改善:240fpsを正式サポートした。(今までの240fpsは擬似だったてことかな?)

20 改善:Update the web camera name to Git2 instead of DEMO1 ウェブカメラとして利用した時のカメラ名称を決められるらしい。

21 改善:Display shutter speed option on screen on photo mode 静止画モードでOSD画面にシャッタースピードオプションが表示されるようになった?

22 改善:LED blinking as normal recording and update the video mode icon on video time lapse mode 多分なにか表示がかわったんだろうけどわからん。

23 未改善:No audio while playback on TV via HDMI 実際試してないからわからない。

24 未改善:プレビューモードでは日付が正しく表示されない。

25 未改善:給電中はクイック撮影が動作しない。

26 未改善:Unmute Recording Audio issue by menu button メニューボタンでミュートが解除される?

27 未改善:720pで手振れ補正を使うと縦揺れをする。

28 未改善:Camera frozen while taking 16MP in 10 sequences burst mode 静止画16MPで10連写するとフリーズする?タイムラプス0.5秒でずっと撮影した分には大丈夫だった。

29 変更:ドラレコモード撮影時、正面と上部のLEDが点滅しなかったのを、点滅するように変更した。(地味に嬉しい)

 

 

劇的な変更点はないが、ずいぶんと細かな点で使い勝手が良くなっている。

キャリブレーション機能は試してみたけどなんか失敗してうまくいかず・・・。

後日また試してみたい。

 

 

 

 

Git2 ファーム更新方法 V1.4以降

 

V1.3までとV1.4以降のアップデート手順は若干異なっているが、これからはV1.4の方式になると思うのでV1.4の手順を記載する。

作業は簡単で、公式からファームをダウンロード、MicroSD直下に保存して起動するだけ。

慣れれば3分もあれば十分。

V1.3の時に入れるファイルを間違えて全く起動しなくなったことがあるけど、正しい手順でやりなおしたらきちんと動作してくれた。

単純にBootアップ時にMicroSDの直下のbinファイルを読み込むという動作をしているだけのようなので、万が一間違っても何とでもなりそうな感じはする。

 

 

 

■注意事項

Git2はSDXCに対応しているがファームアップデート時はFAT32でなければならないので、基本的にはSDHCまたはSDのどちらかを利用することになる。

逆に言うとSDXCでもFAT32でフォーマットすれば可能かもしれない。

フォーマットについてよくわからない方は、32GB以下のMicroSDカードをGit2本体の設定からフォーマットすればFAT32になる。

 

 

公式からファームをダウンロードする。

Gitup公式サイト

 

上のカテゴリーから「support」「Git2 Firmware」をクリック。

gitファームアップ1

 

 

 

 

 

「GIT2FW”日付”.zip」をクリックするとファイルのダウンロードが開始される。

このときはV1.4で公開日と思われる日付で「GIT2FW_20160324.zip」となっていた。

gitファームアップ2

 

 

 

 

ダウンロードされたzipファイルを解凍すると「GIT2FW.bin」があるので、こいつをコピーする。

gitファームアップ4

 

 

 

 

 

 

アップデート用のMicroSDカードの直下「GIT2FW.bin」を保存する。

※カメラ経由でもリーダー経由でもどちらでも問題なし。

gitファームアップ5

 

 

 

 

 

MicroSDカードを本体に入れて起動すると、正面の緑LEDが遅い点滅と高速点滅を繰り返し、1分程すると完了する。

V1.4からファームアップが完了するとMicroSDからファームファイルを自動で消してくれるので、ファーム上書きのループはしなくてすむようになった。

P1010982-resize.jpg

 

 

 

 

 

起動して設定からファームバージョンを確認する。

P1010985-resize.jpg

 

 

 

Git2 ファーム更新方法 V1.3以前へのダウングレードは可能か?

基本的にダウングレードもアップデートも操作は同じで、入れるファイルが異なるだけ。

2016年4月2日時点の最新ファームはV1.4で、以前の公開されているファームはV1.2・・・と記載があるけど、入れてみるとV1.3だった。

なんか間違ったかな?w

まぁいいや。

 

例えば今後出るであろうV1.5からV1.4へダウンする場合は、単純にV1.4の手順と同じになると思われる。

V1.3以前とV1.4では手順が異なるのでメモ代わりに記載しておく。

 

V1.4以降と異なるのはMicroSDにコピーするファイルが違うのと、アップデートが終わったらMicroSDを抜いておかないと何回もファームアップが走ってしまうことの2点。

他の条件は同じなので異なる点のみ記載する。

 

 

ダウンロードは公式サイトの最新ファームページの一番下に旧バージョンがアップされている。

gitファームアップ6

 

 

 

MicroSDに保存するファイルは以下の通り2つが必要。

「GIT2FW.bin」と「GIT2LD.bin」

片方だけだとファームが無い状態となって起動しなくなるが、正しい手順でやれば復活できた。

gitファームアップ7

 

 

 

無事V1.3にダウンできたので、アップデートして気に入らなければ戻すのもありだろう。

 

■おすすめ記事

失敗しない低価格ウェアラブルカメラの選び方

Gitup Git1/Git2 マイナーでも本命!SJ5000X Elite、XiaomiYiとの画質比較!

Gitup Git1/Git2 SJ5000X Elite、XiaomiYi、車載動画で画質比較!

Gitup Git1/Git2 詳細な設定紹介とインカムを使ったバイク車載動画を撮影しよう!

 

■Git2 プロパッケージに多数のオプション付きやオプション無しが選択可