※2015年11月現在
FW1.2.12あたりで2304*1296に対応しています。
スクリプトで設定する必要はありませんので、最新ファームへアップデートしてください。
なお、ノイズリダクション値についてはファームでの変更は不可なので、以下の記事をご参照ください。

劇的に高画質化!Xiaomi Yi スクリプトでピンボケした画像をシャープにする





xiaomi yi 2k-1

2kの高ビットレート化でけた。

というわけで、2k撮影の設定方法がわかったので記事にしておく。


前の記事ではファームでビットレートを任意に変更する方法だったが、今回はちょっと違う。
起動時にスクリプトを読み込ませて、希望の解像度とビットレートでの撮影を可能にした状態で起動させているだけなので、wifiアプリで他の解像度に変更すると2kに戻すことは出来ない。
再起動すればまたスクリプトを読み込むので、2kで撮影が可能になる。
ようは一回解像度を変更してまた2kで撮影したければ再起動しなさい。ということ。

スクリプトの書き方は簡単だけど、ファームごとに値が異なるので注意。
間違っても壊れるようなことはない。と書かれてるし、実際間違っても再起動を繰り返すか、通常設定で起動するかで、スクリプトファイルを削除してしまえばOKだった。
というわけで、今日時点の最新ファーム1.2.0で早速設定をしてみよう。

参考にしたのは以下の海外フォーラムでのやりとりだ。
海外フォーラムのページ
設定リストのページ

現時点の最新ファーム1.2.0のスクリプトはそのままは置いてなくて、自分で作らなければならない。
全く知識が無いためえらく時間がかかったが、なんとか利用できる状態にはできた。
1.0.9や1.0.12の場合は既に用意されているもので使えると思う。


■設定手順
①スクリプトファイルを作る

ファイル名:autoexec.ash
ashファイルを以下に保存したので参考にどうぞ。

autoexec.ashダウンロード

 ・ファームバージョン1.2.0 2304*1296 30fps 30Mbps
という設定にしてあるので、とりあえずこれをダウンロードして、必要な部分を書き換えてファイル名を【autoexec.ash】にして、microSD直下に保存する。
メモ帳では改行が消えてよくわからなくなるので、サクラエディタ等のテキストエディタで開くと良い。
※動かなかったり、万が一何かあっても自己責任でよろしく!

スクリプトのベースは上記サイトのもの。
起動時にスクリプトを読み込み開始すると、普通なら ピ・・・・ピピ!と鳴るところが、ピ・・・・ピーピ!と鳴り、スクリプトを読み込み終えるとピーーー!と鳴る。
が、最後のピーーーー!はいらないと思ったので、削っている。




●書き換えは2箇所

writew 【0xC05C1006 0x41F0】 ← ビットレートの指定。これは30Mbpsを表している。
writeb 【0xC06CE446 0x02】 ← 解像度とFPSを表している。


●書き換える値は?
さっきのURLに値が書かれているが、ファームによって指定する値が異なるためリストにあるファーム以外の人はまずはファームを最新にしよう。
今後新しいファームが出てきたら、誰かが調べてくれる・・・・はず!
俺はムリ!!

メモとして最新の1.2.0の設定を転記しておく。

2304x1296 30fps
0xC06CE446 0x02

ビットレート20Mb/s
0xC05C1006 0x41A0

ビットレート25Mb/s
0xC05C1006 0x41C8

ビットレート30Mb/s
0xC05C1006 0x41F0

ビットレート35Mb/s
0xC05C1006 0x420C


あまり高い値にすると熱暴走の危険があるので注意。
海外のフォーラムを見る限り、35Mb/sまでが無難なところのようだ、
ちなみにGoPro4 Blackなんかは60Mb/sくらいらしい。
もちろんデータ容量も凄まじいことになるので、ビットレートが高ければ良いというわけでもない。


②スクリプトを使って起動する
【autoexec.ash】ファイルをMicroSDの直下に保存して、本体を起動するだけ。
起動時に「ピ・・・・ピーピ!」と鳴ればスクリプトの起動に成功しているので撮影してみよう。
wifiアプリの設定では解像度しか表示されないので、MediaInfoでビットレートも見たほうが良いだろう。
構文が間違っているとどっちかしか反映していない。ということもある。


そんなわけで試行錯誤の結果、

xiaomi yi 2k-2



ででーーーん!!!!
2304*1296 30fps 31.1Mbpsの動画の出来上がり!!

多分2560*1440 30fpsも可能なんだけど、値がわからないのでパスした。
どこかに情報はありそうだけどなぁ。

比較は後日しようと思う。

■おすすめ記事
失敗しない低価格ウェアラブルカメラの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加