• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SENAハンドルバーリモコン

SENAのインカムと接続して手元でインカム操作を可能にするハンドルバーリモコン。

インカム操作のために手を離して耳元で操作することに不安な人や、少しでも便利さを追求する人に向けたオプションだ。

 

 

概要

特徴は以下の通り。

 

・10cのカメラ操作を除けば基本的にインカム本体の操作は全て可

・グリップに挟むだけの簡単設置

・防水

・内蔵バッテリーで3ヶ月程度使用可

・充電はMicroUSBで行う

・リモコンとインカム本体どちらでも操作可

・対応モデル 20S, 10C, 10U, 10S

・実売価格 1.6万円程度

 

バッテリーが想像以上に持ちがよく、こんな小型製品で数ヶ月持つ上にMicroUSBですぐ充電できるという点が素晴らしい。

実際に使ってどれくらい快適に動作するのかを見ていきたい。

 

 

外観

DSC02233-2.jpg

ボタンは全部で3つ。

まずは前面から。

ジョイスティックはボリューム上下や音楽の頭だし、スマホ接続等。

前面ボタンはインカム接続や切断。

背面ボタンはインカムとのペアリングに使われる。

 

 

 

DSC02188-2.jpg

上部のLEDは青と赤に点灯するようになっており、バッテリー残量や電源オン/オフ等を確認することができる。

側面の防水キャップを開けると充電用のMicroUSBポート。

2時間程度で満充電が可能だ。

 

 

 

DSC02224.jpg

リモコン自体がワニ口のように広がるようになっており、このバネがかなり強力なので、操作時に空転することは皆無だった。

リモコンそのものが防水なので雨でもつけっぱなしOK

ただ、簡単に取り付けが可能ということは盗むのも簡単。

安いものではないので盗難がとても怖い。

鍵とまでは言わないけど、見えにくい位置からネジ止めできるような構造になっていれば良いのにと思う。

 

 

 

DSC02211.jpg

リモコンの分少し手が外にずれるので、ウインカーのスイッチ等が遠くなってしまう。

僕はあまり気にならなかったが手が小さい人にはちょっと操作がしにくくなるかもしれない。

 

 

 

操作

一通りの操作を記述する。

 

 

■リモコンの電源オン

前面ボタンを押す

 

■リモコンの電源オフ

前面ボタンとジョイスティックを同時2秒長押し

 

■インカムとのペアリング

背面ボタンを5秒長押しでペアリングモード

インカムもリモコンペアリングモードにすればOK

 

■初期化

ジョイスティック、前面ボタン、背面ボタンを1秒同時長押し

 

■ボリューム上下

ジョイスティックを上下に倒す

 

■音楽の頭だし

ジョイスティックを左右に1秒倒す

 

■音楽の再生、停止

ジョイスティックを1秒長押し

※インカム本体のフォーンボタンを押す操作がジョイスティックを押す操作と同じです。

スマホとのペアリング等もジョイスティックの長押しでできます。

 

■インカム通話の開始/終了

前面ボタンを1回押す

※ジョグダイヤルのタップ操作が前面ボタンの操作と同じです。

設定なども前面ボタンの長押しで入れます。

 

 

操作感

DSC02193.jpg

今回はSENA 20Sと接続してテストした。

インカム本体を操作するのとタイムラグはほとんどなく、動作は快適そのもの。

長押し時間も短めでちょうど良く、テンポ良く操作できた。

 

ただし、ジョイスティックは上下左右の倒す操作と押す操作があるので、倒したつもりが押しているということが発生しやすい。

例えばボリュームを上げたい場合、ジョイスティックを抑えて上に倒すのではなく、ジョイスティックの下方から押し上げるようにしよう。

そうすることで誤操作を減らすことができる。

 

 

 

もう少し安くして欲しい

動作は素晴らしい。

ハンドルに取り付けることで、細かなボリューム操作や音楽の早送り、巻き戻し等も気軽にできるようになるので、今まではまぁいっかと思っていた事も操作する事が増えた。

特に活躍するのは渋滞にはまっている時。

半クラの連続で左手をなかなか離すことができない上に、暇で暇で仕方ないという時に気軽に操作が出来れば渋滞のつらさも幾分緩和される。

 

別に左手を離すなんて大したことないから、無くても良いんだけどあったら便利だよ。

という感じだ。

 

 

ただやはり値段が高い。

今後インカムを買い換えてもしばらくは使えると思うので、長期的に見ればコストパフォーマンスは悪くないのかもしれないが、どれくらい便利かわからない状態で16000円を出すのは躊躇してしまうだろう。

アメリカアマゾンでは90ドル(1.1万円程度)で売られており、日本よりレビュー数もかなり多いのでそれなりに売れている様子。

技適等で費用がかかるのはわかるが、もう少し価格差をつめてもらいたい。

 

それとこれだけ高価なものなので、盗難対策は施して欲しい。

見えにくい位置でネジ止めできるだけでも全然違うと思う。

僕はかれこれ8年くらいインカムをヘルメットに付けたままメットホルダーにかけて離れて、今まで一度も盗難にあったことがないので多分大丈夫だとは思う。

でも、外そうと思えば1秒なので不安だ。

 

以上、欠点もあるけど便利なものに間違いは無い。

少しでも楽に操作できることを望む人にはおすすめできる製品だ。