5年くらい前に購入したラフロのRR5232というコンパクトなカッパのシールが剥げはじめていたので、昨日のラフロ福袋(1万円で2万円分買える!)でRR7807(1.6万円)を購入してきた。

ラフロ公式サイト レインスーツ


P1010678.jpg

RR7807はラフロで一番高いやつで、何が違うかっていうと表地と防水素材と裏地が圧着されて一枚になっていること。
普通、表地と防水素材が圧着されて、最後にメッシュがあるか、もしくは何もなし、というものが多い。
メッシュがある理由は、縫い目のシームテープと服がこすれて剥がれにくくするためと、汗をかいた場合の肌触りをよくするためで、一般的なカッパの構造だ。
ただメッシュがあるとしまう時にコンパクトにならないという欠点がある。

そこで、コンパクトにするためにメッシュを廃したものがRR5232だったが、案の定3年目にシームテープがはがれはじめて、5年で限界を迎えた。
修復はできなくもないんだけど、とっても面倒そうだし撥水効果もとっくに切れているし、5年も持てばまぁいいか。ということで買い換えることにする。
P1010699.jpg

さて、何を買おうか・・・と悩んで、コンパクトなことはとても気に入っていたけど、同じものではつまらないから構造の異なる、表地、防水素材、裏地全てを圧着しているRR7807を購入してみた。

■サイズ感
身長172cm普通体型でMサイズを購入。
写真を撮影したときはモコモコの服を着ており秋装備レベルになっている。
RR5232よりちょっとゆったりした感じがするが、RR5232はプロテクターをつけたジャケットの上に着るには少し小さかったので、ちょうど良い感じだ。
丈はやや長めになっているので、前傾のきついバイクでもOKだろう。

脱いだり着たりした時、メッシュが無いのでとてもスムーズ!というのが第一印象だ。
メッシュ有りだとメッシュが裏返ったり引っかかったりすることが多く、しかも濡れているので余計に引っかかりやすくてカッパが嫌な原因の一つでもあった。
それが緩和されているのはちょっとうれしい。

P1010680.jpg


■材質
防水素材はデュアルテックスという透湿性のある素材だがデュアルテックス自体は下位製品にも使われているので、特別に高機能なものではなさそうだ。
裏地まで圧着しているという点でゴアと同じような構造になっている。
透湿性の指標がかかれてないが、まぁ一般的なレベルにはあるのかな?

上下とも同じ素材で、普通のカッパより少し厚手。
表地は普通のナイロンで、裏地はゴアっぽいさらっとした肌触りでなかなか良い。
もう少し表地がナイロンっぽくなくできたらいいんだけど、撥水効果を長持ちさせるためには仕方ないのかな?

P1010691.jpg


■機能
襟元のマジックテープの長さは十分で、首が細くても太くてもOK
僕は首が細いのでマジックテープが短いと全然しまらず、首がスースーすることが多くて嫌なんだなぁ。
襟まわりは起毛になっていて肌触りがいい。
背中はベンチレーションがついていて、閉じることは出来ず常に開きっぱなし。
基本は蒸れ防止で換気しているからいいんだけど、一応防寒着としても使うシーンはあると思うのでジッパーで閉じられるようになっていると良いと思う。
フロントにはジッパーが内側にもついていて、ラフロのインナーを取り付けて一体型にすることもできる。(まぁ別に一体型にならなくてもいいけど)

P1010690.jpg

P1010692.jpg


しぼりは必要な部分に必要なぶんだけついている。
腕、腰、ふとももの3箇所がマジックテープで、腰周りはゴムコードを引っ張ってしぼれば高速でもばたつきが抑えられて快適そう。
特に腰まわりがゴムコードというのは嬉しい。
以前、ホームセンターの安いものを使っていた時は腰周りが紐で、どんなにきつく縛っても高速を走るとずり上がって背中が寒いし濡れるしで困ったことがあった。
ゴムコードならがっつり引っ張っておけばずり上がることがなくて安心だ。

腕はゴムのシャーリングではなく、マジックテープのみで締めるようになっている。
好みの問題ではあるけど、ゴムのシャーリング+マジックテープが良かったなぁ。

P1010684.jpg

P1010686.jpg


■収納
付属の袋に入れると、そこそこコンパクトにおさまる。
左は普通のメッシュ有りタイプ、真ん中が今日買ったRR7807、右が最小サイズのRR5232、比較のスマホはソニーSO-03D 4.3インチ。
最小サイズのRR5232を100とすると、本製品が130、普通のメッシュ有りが150くらいかな。

P1010705.jpg


■長所
そこそこコンパクト
耐久性がある(まだわからないけど)
肌触りがいい
脱ぎ着がしやすい
ばたつきを抑える機能が十分


■短所

手首がゴムのシャーリングではない(好みによるけど)
やや素材が硬い


■総括
ゴアテックスのレインスーツは最低でも3万円くらいはすることを考えると、ゴアほどの透湿性はいらないけど脱ぎ着しやすい、肌触りがいいもの欲しい、という人にはちょうどいいと思う。

それと今回比べて改めてわかったのは、RR5232が圧倒的にコンパクトなこと。
今はサイドバッグや大型のリアボックスをつけているので、荷物の量はあまり気にしないのだけども、積載性が少ない場合はRR5232がおすすめだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 タグ
None